溶存物質総量(ガス性のものを除く)
  温泉の判定  1000r以上で温泉
  療養泉     1000r以上で療養泉
       こちらの溶存物質総量は1222r/sです。
                  成分総量は1233r/sです。
 
赤字のミリバルパーセント20l以上により「泉質名」にこの成分を入れてつけることができます。

硫化水素イオン、チオ硫酸イオン、遊離硫化水素の硫黄イオンに対応するもの合計 
1r以上で温泉法上の温泉  計2mgで療養泉です。

ミリモルは各成分のミリグラム値をその分子量で除するしたものです。
成分 r ミリモル
遊離二酸化炭素 250r(1000r以上) 11.1

 0.25

遊離硫化水素  
 
溶存ガス成分計 11.1
 
 0.25

 成分 r ミリモル
メタケイ酸 50r以上 46.5

 0.60

メタホウ酸 5r以上 7.7
0.18
 
メタ亜ヒ酸
 
非解離成分計 54.2

 
0.78
陽イオン 陰イオン
成分(温泉法上の量( )内の数値は療養泉です) r ミリバル ミリバルl 成分(温泉法上の量 ( ) 内の数値は療養泉です   r ミリバル ミリバルl
水素イオン 1r(1rで酸性泉) 0.1  0.01 0.06 フッ素イオン 2r 1.1
0.06

0.34

リチウムイオン 1r


ヨウ素イオン 1r 0.6

0.005
0.03

ストロンチウムイオン 10r 0.4  0.009 0.05 臭素イオン 5r 1.1 0.01 0.06
ナトリウムイオン 335 14.57 82.97 塩素イオン 365.3 10.3 58.86
カリウムイオン 14.3 0.37 2.11 硫化水素イオン


カルシウムイオン 24.9 1.24 7.06 硫酸イオン 100.6 2.09 11.94
マグネシウムイオン 14.9  1.23 7.00 りん酸水素イオン 0.2 0.004 0.02
アルミニウムイオン (100r) 0.8 0.09  0.05 炭酸水素イオン 重炭酸ソーダ340r以上 306.9 5.03 28.75
鉄(U)イオン U+Vで10r(30rで鉄泉) 0.9 0.03 0.17 炭酸イオン


鉄(V)イオン


硝酸イオン


銅(U)イオン (1r)で銅泉  
 

ヒドロヒ酸イオン 1.3以上


バリウムイオン 5r 0.5 0.007  0.04 水酸イオン


マンガン(U)イオン 10r 0.1 0.004 0.02



アンモニウム 0.04 0.002 0.01



合計 391.9  17.56 100 合計 775.8 17.5 100

住所:山梨県韮崎市旭町上条中割391
電話:0551-23-6911
時間:10:00-21:00
日帰り:
源泉名:あさひ温泉
泉質:ナトリウムー塩化物・炭酸水素塩温泉
     [低張性 弱アルカリ 温泉]
pH:7.7 (試験室 7.73)
泉温:40.5℃
湧出量:393g/分 1200メートル地下
色:微黄濁微塩味美鉄味

効能:
飲用:慢性消化器病 慢性便秘によい。腎臓・高血圧のかたは控えること

アメニテ:シャンプーなどあります。
調査浴槽データー
 pH:7.6  2007.3.10(土) 午後3時ごろ
 
 鉱泉分析法指針によるとpH7.5以上8.5未満は弱アルカリ性です。
コメント:
 韮崎旭温泉の泡付きはすごいですね。源泉がかけながしで床にながれてます。
 あわわと源泉かけながしです。

 浴槽は源泉そのままの内湯がひろくあり15人ぐらいでもいいですね。風呂に皆さん思い思いにつかり、温泉水を自由に飲み・・ナンと贅沢な気分になれることでしょう。
久しぶりに体にビロードのようにアワ粒がつき、それをスーと取るときの感触・・山梨にいい温泉があるんですね。泉質的には炭酸水素イオンがすごくおおいというわけではありませんが、気泡は細かいです。
 ここは隣に病院があり、そちらの方が掘削されたようですね。温泉施設の前にここに温泉とひらめかれた経緯が書いてますね。
 休憩室もあり食料の持込はできますね。
 
 
アクセス:
 JR中央線韮崎駅よりバスですね。わたしはレンタカー利用です。増富温泉行きの山梨交通バスで1時間です。バス停から奥に歩きます。
脱衣場です 入り口は
 
この奥がお風呂場です・・木のぬくもり 休憩場には掲示物が・・
韮崎旭温泉

HP

温泉成分表  施設より

2007.3.21更新