溶存物質総量(ガス性のものを除く)
  温泉の判定  1000r以上で温泉
  療養泉     1000r以上で療養泉  
     こちらの溶存物質総量は1412.r/sです。
               成分総量は1435r/sです。
 
赤字のミリバルパーセント20l以上により「泉質名」にこの成分を入れてつけることができます。溶存物質1412r/sあり、温度が25℃以上ありますので、泉質名がつきます。ナトリウム・塩素・炭酸水素イオンが20l以上あり泉質名のもととなります。ナトリウムー炭酸水素塩ー塩化物泉

硫化水素、チオ硫酸イオン、遊離硫酸合計で1r以上で温泉法上の温泉です。  計2mgで療養泉です。

ミリモルは各成分のミリグラム値をその分子量で除するしたものです。
成分 r ミリモル
遊離二酸化炭素 250r(1000r以上) 23.8  
遊離硫化水素  
 
溶存ガス成分計 23.8  
 成分 r ミリモル
メタケイ酸 50r以上 138.3
 1.77
メタホウ酸 5r以上 1.9
 0.04
メタ亜ヒ酸
 
非解離成分計 140.2
1.81 
陽イオン 陰イオン
成分(温泉法上の量( )内の数値は療養泉です) r ミリバル ミリバルl 成分(温泉法上の量 ( ) 内の数値は療養泉です   r ミリバル ミリバルl
水素イオン 1r(1rで酸性泉)
 
 

フッ素イオン 2r


リチウムイオン 1r


ヨウ素イオン 1r


ストロンチウムイオン 10r


臭素イオン 5r


ナトリウムイオン 258.7 11.25 74.11 塩素イオン 139 3.92 23.1
カリウムイオン 24.1 0.62 4.08 リン酸-水酸イオン


カルシウムイオン 32.5 1.62 10.67 硫酸イオン


マグネシウムイオン 20.3  1.67 11.00 硫酸水素イオン


アルミニウムイオン (100r)


炭酸水素イオン 重炭酸ソーダ340r以上 796.1 13.05 76.9
鉄(U)イオン U+Vで10r(30rで鉄泉) 0.4 0.01 0.07 炭酸イオン


鉄(V)イオン


硝酸イオン


銅(U)イオン (1r)で銅泉  
 

ヒドロヒ酸イオン 1.3以上


バリウムイオン 5r  
 

水酸イオン


マンガン(U)イオン 10r 0.3 0.01 0.07 メタケイ酸イオン


アンモニウム


メタホウ酸イオン


合計 336.3 15.18 100 合計 935.1 16.97 100
住所:山梨県中巨摩郡昭和町西条1961-1
пF055-275-5361
時間:9:00-22:00    
料金:420円
-----------------------
源泉名:
泉質名:ナトリウムー炭酸水素塩・塩化物泉
      [低張性 中性 高温泉]
pH:7.3 (試験室7.5)
泉温:45.9℃
湧出量:200g 
色:微黄色透明 微苦味 微硫化水素臭 
効能:神経痛 筋肉痛 五十肩 運動麻痺
飲用:便秘
検査:平成17年8月11日
調査浴槽データー:
  2007.4.8(日)午前9時ごろ
    pH:6.9
  
 
こちらも源泉かけ流しです。
 
 
コメント:
 こちらもかけ流しのウーロン茶色の温泉です。それも人吉の鶴亀温泉の色と似ています。
成分的にも陰イオンが塩素イオンと炭酸水素イオンのみというのも・・めずらしいです。それにしても甲府盆地にほんと肌スベスベのいろんな色の温泉・・ウーロン茶・黄色系・うす緑系などとおおいですね。

 さて、受付で420円という料金にも驚きました。「源泉かけ流しのため暖める費用がいらない」という女将さんおのお話を聞き、さすがと・・うれしいですね。
私が入湯のときは2人常連さんがいました。まずは写真撮影ということでおことわりをして・・しかしうつってないようです。

 内湯が二つ、露天風呂ひとつとこじんまりしていますが、きれいですね。スベスベはかわりません。
温泉成分表もおみせいただきたすかりました。



アクセス:
 JR身延線の国母駅から徒歩25分ぐらいとか。わたしはレンタカーでした。

 玄関前は駐車場があります    この左奥が浴場です 。
 前の信号を右折・・駅です。  浴場からロビーへ

フカサワ温泉

戻る

2007.4.21-2008.2.41更新

温泉成分表