a+b+c  計1mgで温泉  計2mgで療養泉

r ミリモル 温泉以上の温泉 療養泉の規定
遊離二酸化炭素  0  

250r以上 1000r以上で二酸化炭素泉
遊離硫化水素  0  
 
溶存ガス成分計  0  
   

(4)溶存ガス成分

(3)遊離成分
   ミリモルは各成分のミリグラム値をその分子量で除したもの

溶存物質総量(ガス性のものを除く) 188.61r/s
  温泉の判定  1000r以上で温泉
  療養泉     1000r以上で療養泉
成分総量   188.61r/s

成分 r ミリバル ミリバル% 温泉法上の温泉 療養泉の規定
フッ素イオン 1.72


2mg以上  
ヨウ素イオン       1mg以上  
臭素イオン  

   
5r以上  
塩素イオン 12.22
 

   
硫化水素イオン  

   
 
硫酸イオン 13.00


 
炭酸イオン 33.01



   
炭酸水素イオン 12.2


重炭酸ソーダ340mg以上  
水硫イオン 0.4


   
燐酸イオン 0.12
 
 
   
ヒドロヒ酸イオン       1.3r以上  
水酸イオン 0.3
 
 
 
   
合計 72.97

 
   

(2)陰イオン
  ミリバルはミリバル当量の事で、各成分のr値をそのまま当量で除したもの

成分 r ミリバル ミリバル% 温泉法上の温泉 療養泉の規定
水素イオン       1r以上 1mg以上で酸性泉
リチウムイオン


1r以上  
ストロンチウムイオン  
0.12

 
 
10r以上  
ナトリウムイオン 50.86


 
   
カリウムイオン 0.70



   
カルシウムイオン 2.61



   
マグネシウムイオン
0.02



   
アルミニウムイオン 0.03



  100r以上でアルミニウム泉
鉄(U)イオン  
0.03


.

UとVで10r以上 UとVで30r以上で鉄泉
鉄(V)イオン      
 
銅(U)イオン         1mg以上で銅泉
バリウムイオン       5r以上  
マンガン(U)イオン


10r以上  
合計
54.37


   

ミリバル%は各成分のミリバル値の比率を%であらわしたもので、最も多い成分が主成分、
20%以上のものが副成分です。

成分の組成   

  r ミリモル 温泉法上の温泉 療養泉の規定
メタケイ酸  59.05  
50r以上  
メタホウ酸  2.22  
5r以上  
メタ亜ヒ酸     1mg以上  
非解離成分計  61.27      

 
     
                              
住所:山口県長門市深川湯本2264
пF0837-25-3041
時間:9:00-21:00
料金:140円
-----------------------
源泉名:礼温泉・湯本温泉混合泉
泉質:アルカリ性単純温泉
    


pH:9.24
泉温:39.4℃.
色:無色 微硫黄臭
効能:神経痛・筋肉痛
調査浴槽データー
 pH:8.7  2006.4.02(日) 
 
コメント
 温泉まつりのため、無料です。JR長門湯本駅には7時ごろ到着しましたので、まず下見です。その後、俵山温泉を先に行き、その後1時間半だけで恩湯と礼湯です。 
 湯本温泉は1427年[応永34年]に発見された山口でもっとも古い温泉です。
 市営の公衆浴場で、音信川(おとずれがわ)のほとり、赤い千代橋のたもとにある恩湯のそばの道を上がります。
 最近リニュアルなんでしょやか、綺麗です。脱衣場にコインロッカーも少しあります。浴場も内湯ひとつです。浴槽に源泉賀流れるところはありますが、加水、加温です。

 ヌルヌル感は俵山温泉の「町の湯」が一番ですね。
 じっくり入ると冬は湯ざめなどありません。


 
アクセス
 JR長門湯本駅から10分です。

戻る

2006.04.7-2007.9.2更新

礼湯

ラドン 0.2

(1) 陽イオン