a+b+c  計1mgで温泉  計2mgで療養泉

r ミリモル 温泉以上の温泉 療養泉の規定
遊離二酸化炭素  0  

250r以上 1000r以上で二酸化炭素泉
遊離硫化水素  0  
 
溶存ガス成分計  0  
   

(4)溶存ガス成分

(3)遊離成分
   ミリモルは各成分のミリグラム値をその分子量で除したもの

溶存物質総量(ガス性のものを除く)
  温泉の判定  1000r以上で温泉
  療養泉     1000r以上で療養泉

成分 r ミリバル ミリバル% 温泉法上の温泉 療養泉の規定
フッ素イオン 1.49
0.08

2mg以上  
ヨウ素イオン       1mg以上  
臭素イオン  

   
5r以上  
塩素イオン 11.96  
0.34

14.66
   
硫化水素イオン  

   
 
硫酸イオン 10.61
0.22

9.48
 
炭酸イオン 45.96

1.57

65.95
   
炭酸水素イオン 2.75
0.05

2.15
重炭酸ソーダ340mg以上  
水硫イオン 2.21

   
燐酸イオン 0.09  
 
   
ヒドロヒ酸イオン       1.3r以上  
水酸イオン 0.22   
 
   
合計
52

2.33
 
100
   

(2)陰イオン
  ミリバルはミリバル当量の事で、各成分のr値をそのまま当量で除したもの

成分 r ミリバル ミリバル% 温泉法上の温泉 療養泉の規定
水素イオン       1r以上 1mg以上で酸性泉
リチウムイオン


1r以上  
ストロンチウムイオン  

 
 
10r以上  
ナトリウムイオン 50.38

 
   
カリウムイオン 0.37


   
カルシウムイオン


   
マグネシウムイオン



   
アルミニウムイオン 0.05

  100r以上でアルミニウム泉
鉄(U)イオン  


.

UとVで10r以上 UとVで30r以上で鉄泉
鉄(V)イオン      
 
銅(U)イオン         1mg以上で銅泉
バリウムイオン       5r以上  
マンガン(U)イオン


10r以上  
合計
50.81


   

ミリバル%は各成分のミリバル値の比率を%であらわしたもので、最も多い成分が主成分、
20%以上のものが副成分です。

成分の組成   

  r ミリモル 温泉法上の温泉 療養泉の規定
メタケイ酸  79.95  
1.02
50r以上  
メタホウ酸  2.88  
0.07
5r以上  
メタ亜ヒ酸     1mg以上  
非解離成分計  82.83 1.09    
 赤字は温泉法上の温泉に該当する項目です。
※ 泉質名は療養泉の規定である泉温25℃以上で「泉質名」がつけることができます。
 緑字は泉質名をつけることのできる項目です    
 
   
(1)陽イオン
住所:山口県長門市俵山湯町
пF0837-25-4507
時間:6:30〜23:00 12-2月
    6-23:00 3-11月
料金:350

-----------------------
源泉名:町の湯
泉質:アルカリ性単純温泉
    


pH:9.47
泉温:41.2
℃.
色:無色 微硫黄臭
効能:神経痛・筋肉痛
調査浴槽データー
 pH:8.9  2006.4.02(日) 湯口から採取です。
       
 
コメント
 俵山温泉(たわらやま)は長門湯本駅からバスです。ココは日本一の湯治場といえますね。車が1台通れるぐらいです。温泉街は40軒ぐらいの宿の内4件ぐらいが内湯をもってます。外湯の共同浴場にいきます。
日本で唯一明治・大正時代の雰囲気をのこしてますね。
川の湯・町の湯・最近できた白猿の湯があります。
路地のような狭い道の両側に木造の旅館が立ち並びます。

 ヌルヌル感は今回の湯めぐりの中では俵山温泉の「町の湯」が一番ですね。
 
 この日はひなまつりスタンプラリーがありました。
 
アクセス
 JR長門湯本駅からバスです。

戻る

2006.04.5-2006.4.13

町の湯

温泉水のpHです
4/2購入し持ち帰る 
4/3測定です

成分総量 201r/s

町は風情がありますね。

ひな祭りスタンプラリーがありました。