温泉成分表

              住所:山形県最上郡最上町大字富澤850
пF 0223-45-2023
入湯時間:10-16:00
入湯料金:500円 ( シール2枚400円)
-----------------------
源泉名:佐藤屋旅館共同浴場源泉
湧出地:

泉質:単純温泉
    [低張性 弱アルカリ性 高温泉]
pH:8.3
泉温:57.8℃ 使用位置43℃
効能:切り傷 神経痛 打身 筋肉痛 アトピー

源泉かけ流しです。

アメ二ティあります。
17.5.13検査

公式サイト→こちら
調査浴槽データー
 2008.1.1(火)      pH:7.08 
               
pH::6.98
 .           

 鉱泉分析法指針では 中性 pH6以上7.5未満です。
コメント
 
 温泉分析山形1号・・と表示がありましたので、山形県では一番最初に分析を依頼されたのでしょう

こちらはいくつかの貸切風呂があります。こちらは雪のときの写真です。


 
アクセス:
 赤倉温泉駅からバスです。当日は駅レンタカーで銀山温泉からです。温泉街の奥です。

 カランも・・  奥が貸切風呂

 玄関前も雪です。  透明の窓もありいいよ・・


戻る

2006.8.16-2008.1.6更新

旅館しゃくなげ荘

成分 r 内S分
硫化水素イオンHS-
 
チオ硫酸イオンS2O32-
硫化水素  H2S  
 
合計  
 

硫化水素、チオ硫酸イオン、遊離硫化水素の硫黄に対応する合計で1r以上で温泉法上の温泉です。  計2mgで療養泉です。

ミリモルは各成分のミリグラム値をその分子量で除するしたものです。

硫黄分(再掲)

溶存物質総量(ガス性のものを除く)   955r/s 
  温泉の判定  1000r以上で温泉
  療養泉     1000r以上で療養泉  
成分総量                    r/s
赤字のミリバルパーセント20l以上により「泉質名」にこの成分を入れてつける
ことができます。溶存物質総量1000r/s未満ですので「
単純温泉」です。
成分 r ミリモル
遊離二酸化炭素 250r(1000r以上)   CO2 0.2
 
遊離硫化水素  H2S  
 
溶存ガス成分計  
 
 成分 r ミリモル
メタケイ酸 50r以上  HSiO3 62.5  
メタホウ酸 5r以上
HBO2

0.9
 
メタ亜ヒ酸
 
非解離成分計
63.4
 
陽イオン 陰イオン
成分(温泉法上の量( )内の数値は療養泉です) r ミリバル ミリバルl 成分(温泉法上の量 ( ) 内の数値は療養泉です   r ミリバル ミリバルl
水素イオン 1r(1rで酸性泉) 
 
 

フッ素イオン 2r F-
2.2


リチウムイオン 1r Li
+

0.09


ヨウ素イオン 1r T


ストロンチウムイオン 10r  


臭素イオン 5r Br-


ナトリウムイオン Na+ 142.8 

塩素イオン Cl- 38.5

カリウムイオン K+
1.9


硫化水素イオン HS-


マグネシウムイオンMg2+ 0.1

チオ硫酸イオンS2O32


カルシウムイオン Ca2+ 139.1

硫酸イオン  SO4 2-
539


マンガン(U)イオン 10r
Mn2+

 


硫酸水素イオン  HSO4 -


鉄(U)イオン U+Vで10r(30rで鉄泉) Fe2+  
 

炭酸水素イオン 重炭酸ソーダ340r以上 HCO3- 25.6

鉄(V)イオン Fe3+  
 

炭酸イオン CO32-
0.4


銅(U)イオン (1r)で銅泉


硝酸イオン NO3-


アルミニウムイオン (100r)
Al3+
 
 

ヒドロヒ酸イオン 1.3以上
HAsO42-




バリウムイオン 5r Ba2+


メタケイ酸水素イオン


アンモニウム ン NH4+  

 

メタケイ酸イオン



アンモニウム ン NH4+


 


水酸イオン OH-











合計  


合計


赤倉温泉