住所:和歌山県西牟婁郡白浜町3354-1 TEL 0739-43-0533             
TEL:0739-43−0533        
入湯時間:10:30-22:00          
入湯料金:300円    
アメ二ティ:ありません
公式サイト:こちらです

 
 ナトリウムー塩化物・炭酸水素塩泉   [低張性 中性 温泉] 

  



源泉名:垣谷第三合湯     
湧出地:和歌山県西牟婁郡白浜町2580−2  
pH:7.5 (試験室 7.5)                  
泉温:64.2℃
湧出量:234g/分
色:無色澄明 微弱硫化水素臭 弱塩味
湯の提供:かけながし
 
 調査浴槽データー

 2009.2.14(土)  
    内湯         pH:7.4



 コメント
 平成20年6月に新しくオープンになりました。以前の建物は知りませんが、地元の集会所「綱不知(つなしらず)会館」の1階にあります。共同浴場は地元の方もおおくて・・入湯したときはちょうど誰もいなくて写真もとれました。
 受付には番台の方がいまして、男女それぞれ段差のないスロープからはいりますので、年配者にはとてもいいです。車いすでもそのままはいれます。明るい脱衣場にはお子様のもベッドもあり共同浴場の雰囲気です。がらっと内湯に入ると目の前には海が見えて明るい風呂場です。うち湯一つに5人ぐらいがゆったり入れる大きさです。源泉が流れる湯口を見るとまだ8か月ぐらいでこの析出物です。すこし味わうと塩味がとてもしますね。肌すべもよくてこの前に塩素消毒のあるかんぽの宿紀伊田辺にはいったので、さらにこちらの温泉に納得です。

 温泉成分については平成5年野泉質名では「含硫黄ー」と前についていましたが16年分析では消えていますね。「垣谷湯」と「垣谷第3合湯」ちお



 アクセス
 JR白浜駅からバスで桟橋までいけばあります。目の前は海で、とてもながめがいいです。


 施設の雰囲気


 pH 7.0です

 明るい脱衣場です


  温泉分析書です
 温泉分析書より  平成16年11月4日調査  和歌山県環境衛生研究センター
   源泉名 
   泉質名 ナトリウムー塩化物・炭酸水素塩泉   (含硫黄-ナトリウム-塩化物泉・・平成5年調査)
   pH    7.5 
      泉温   64.2℃   (55℃・・・平成5年調査)
   湧出量  234g/分
   適応症  神経痛 筋肉痛 関節痛 五十肩 筋肉痛 
溶存物質総量(ガス性のものを除く)   8.348g/s 
  温泉の判定  1000r以上で温泉
  療養泉     1000r以上で療養泉  
成分総量                    8.471g/s 
蒸発残留物     6.972g/s

泉質名のつけ方
 @溶存物質総量1000r以上→塩類泉として赤字のミリバルパーセント20l以上の成分を「泉質名」に入れてつけることができます。
陽イオンの20ミリバルl成分名、次に陰イオン名の20ミリバルlそれぞれ多い順につけます。
 →炭酸水素塩泉 塩化物泉 硫酸塩泉

 →療養泉としての成分が含まれている場合はその[成分名」を前につけます。酸性 含硫黄 含鉄 含アルミニウムとなります。

 A溶存物質総量1000r/s以下
  →療養泉としての成分が含まれている→二酸化炭素泉 含鉄泉 含アルミニウム泉 含銅ー鉄泉
                          硫黄泉 酸性泉 放射能泉

  →療養泉としての成分が含まれていない・泉温25℃以上→単純温泉

陽イオン 陰イオン
成分(温泉法上の量( )内の数値は療養泉です) r ミリバル ミリバルl 成分(温泉法上の量 ( ) 内の数値は療養泉です   r ミリバル ミリバルl
水素イオン 1r(1rで酸性泉)  0.1未満

フッ素イオン 2r F- 3.5 0.18 0.14
リチウムイオン 1r Li
+



ヨウ素イオン 1r T


ストロンチウムイオン 10r


臭素イオン 5r Br-


ナトリウムイオン Na+ 2370 103.09 84.93 塩素イオン Cl- 3018 85.045 67.31
カリウムイオン K+ 127 3.25 2.68 硫化水素イオン HS- 0.1未満 0
マグネシウムイオンMg2+ 139.9 11.51 9.48 チオ硫酸イオンS2O32 0.7 0.01 0.01
カルシウムイオン Ca2+ 68.6 3.42 2.82 硫酸イオン  SO4 2- 176.3 3.67 2.90
マンガン(U)イオン 10r
Mn2+
0.5 0.02 0.02 硫酸水素イオン  HSO4 -


鉄(U)イオン U+Vで10r(30rで鉄泉) Fe2+ 1.1未満

炭酸水素イオン 重炭酸ソーダ340r以上 HCO3- 2273 37.25 29.48
鉄(V)イオン Fe3+


炭酸イオン CO32- 5.3 0.38 0.15
銅(U)イオン (1r)で銅泉


硝酸イオン NO3-


アルミニウムイオン (100r)
Al3+
0.8 0.09 0.07 ヒドロヒ酸イオン 1.3以上
HAsO42-



バリウムイオン 5r Ba2+


メタケイ酸水素イオン 1.1 0.01 0.01
アンモニウム ン NH4+


メタホウ酸イオン 0.1
亜鉛イオン



水酸イオン OH- 0.1未満




リン酸一水素イオン

合計 27071 121.38 100 合計 5476 126.34 100




非解離成分 遊離成分
 成分 r ミリモル
  成分 r ミリモル
メタケイ酸 50r以上  HSiO3 116 1.49
遊離二酸化炭素 250r(1000r以上)   CO2 123.4 2.8
メタホウ酸 5r以上
HBO2
50.3 1.15
遊離硫化水素  H2S 0.1未満
メタ亜ヒ酸


溶存ガス成分計 123.4

非解離成分計 166.3 2.64




 硫黄分(再掲)
  
硫化水素、チオ硫酸イオン、遊離硫化水素の硫黄に対応する合計で1r以上で温泉法上の温泉です。  計2mgで療養泉です。
 こちらは施設にて掲示していました
 硫黄分 (再掲) r 内S分      







硫化水素イオンHS- 0.1未満 32.06×HS-)÷33.0679

 0.1未満
         
チオ硫酸イオンS2O32- 0.7
(32.06×2×S2O32−)÷112.1182

  0.7       
硫化水素  H2S 0.1未満
(32.06×H2S)÷34..0758)

 0.1未満
      
           
合計 0.7               0.8       

戻る

2009.2.16ー2009.2.23更新

白浜温泉

網の湯