住所:和歌山県和歌山県田辺市中辺路町近露401-12
電話:0739-65-0617
入湯時間:
入湯料金:

 
  源泉:近露温泉
 泉質:ナトリウム−炭酸水素塩・塩化物冷鉱泉
     [弱アルカリ性 低張性 冷鉱泉]
湧出地:和歌山県田辺市中辺路町近露401の11
pH:.8.3(試験室 8.2)
色:無色
湧出量:測定せず 
分析:

公式サイト→こちらです

 
 調査浴槽データー

 2007.11.25(日)昼ごろ
   内湯 pH:8.24     

 
2009.3.8(日)
   
温泉水 pH 8.0


 コメント

 こちらもぬるぬる・・そうですね。お風呂もですが源泉を飲むと炭酸ガスでシュワーです。日帰り温泉は人が一人はいりのんびりした様子です。こちらも温泉水が炭酸が多くて有名・・それをまさに目の前でみせていただきすごいです。温泉では加温しますが肌すべはあり、美肌効果です。
 温泉水がほしくて・・でも今回は購入せず  炭酸水素イオン 炭酸イオン は温泉成分として多いほうです。特に温度は22℃ 遊離二酸化炭素はそれほどおおくないのにシュワーはすごいですね。


 2009.3.8
温泉水が気に購入です。帰宅後は何度か豆乳鍋風にしましてね。何度か繰り返しおいしくいただけるようになりました。



 アクセス
 白浜より国道311号線です。
 
 
 写真集 2007年

 源泉からすぐ採取・・アワアワ

  pH8.24です・・





 
 温泉なべ・・2009年

 2009年.2月15日(日)

 和歌山湯の峰温泉の帰りにこちらの温泉水が気になり伺いました。「自遊人」本で無料で入湯できたのですが、午後からのため温泉水のみ購入です。豆乳鍋ができるということで下記のとおりです。

 2009.2.15購入時の温泉・・シュワー

2009.3.8(日)測定で8.0です

 相変わらず炭酸です

 



 沸騰した温泉水に豆腐をいれます。



 豆腐がとけてきて 8.6と温泉水がかわります




 少しするとあわ立ちます



 豆腐がとけてきて 



 白菜をいれると少しグリーンかかります。
早くたべないと やわらかくなります。




 白菜を入れた温泉水は8.9です


 仕上げはラーメンを味噌味で 7.2でした。

 購入時、まず失敗は・・温泉水に豆腐と白菜を同時にいれたことです。グリーン色になり白菜がどんどん溶けていきます。

 順序は温泉水を温める→豆腐→ポン酢でいただく→白菜や豚肉→温泉水をいただくと独特の炭酸せんべいのようなにおいです。

 温泉水にエキスがたくさんです。それで濃い味付けにするとにおいもきえますのでいいですね。 味噌味やカレー味で 〆がいいですね。

 失敗・・米を炊くとグリーン色になり匂いが少々気になります。

 豆などのときにいいかもです。
 温泉分析書より  平成19年6月4日  和歌山県環境衛生研究センター
   温泉名    ちかつゆ温泉
   泉質名     ナトリウム−炭酸水素塩・塩化物冷鉱泉
   pH        8.3
      泉温       22.8℃ 
    色        無色澄明 淡褐色色浮遊物あり 無臭 微弱塩味
   適応症 
溶存物質総量(ガス性のものを除く)    5403r/s
  温泉の判定  1000r以上で温泉
  療養泉     1000r以上で療養泉  
成分総量                    5428r/s

泉質名のつけ方
 @溶存物質総量1000r以上→塩類泉として赤字のミリバルパーセント20l以上の成分を「泉質名」に入れてつけることができます。
陽イオンの20ミリバルl成分名、次に陰イオン名の20ミリバルlそれぞれ多い順につけます。
 →炭酸水素塩泉 塩化物泉 硫酸塩泉

 →療養泉としての成分が含まれている場合はその[成分名」を前につけます。酸性 含硫黄 含鉄 含アルミニウムとなります。

 A溶存物質総量1000r/s以下
  →療養泉としての成分が含まれている→二酸化炭素泉 含鉄泉 含アルミニウム泉 含銅ー鉄泉
                          硫黄泉 酸性泉 放射能泉

  →療養泉としての成分が含まれていない・泉温25℃以上→単純温泉

陽イオン 陰イオン
成分(温泉法上の量( )内の数値は療養泉です) r ミリバル ミリバルl 成分(温泉法上の量 ( ) 内の数値は療養泉です   r ミリバル ミリバルl
水素イオン 1r(1rで酸性泉)  0.1未満 ー  フッ素イオン 2r F- 3.9 0.21 0.28
リチウムイオン 1r Li
+



ヨウ素イオン 1r T


ストロンチウムイオン 10r


臭素イオン 5r Br-


ナトリウムイオン Na+ 1593 69.38 00.07 塩素イオン Cl- 887.3 25.03 33.71
カリウムイオン K+ 10.4 0.27 0.39 硫化水素イオン HS- 0.1未満
マグネシウムイオンMg2+ 2.3 0.19 0.27 チオ硫酸イオンS2O32 0.1 0 0
カルシウムイオン Ca2+ 3.7 0.18 0.26 硫酸イオン  SO4 2- 0.8 0.02 0.03
マンガン(U)イオン 10r
Mn2+
0.1未満 硫酸水素イオン  HSO4 -


鉄(U)イオン U+Vで10r(30rで鉄泉) Fe2+


炭酸水素イオン 重炭酸ソーダ340r以上 HCO3- 2746 45.0 60.60
鉄(V)イオン Fe3+


炭酸イオン CO32- 120 4.0 5.39
銅(U)イオン (1r)で銅泉


硝酸イオン NO3-


アルミニウムイオン (100r)
Al3+
0.1未満 ヒドロヒ酸イオン 1.3以上
HAsO42-



バリウムイオン 5r Ba2+


メタケイ酸水素イオン 0.1未満
アンモニウム ン NH4+


メタホウ酸イオン 0.1未満




水酸化物イオン OH- 0.1未満





リン酸一水素イオン



合計 1612 70.03 100 合計 3758 74.26 100




非解離成分 遊離成分
 成分 r ミリモル
  成分 r ミリモル
メタケイ酸 50r以上  HSiO3 21.6 0.28
遊離二酸化炭素 250r(1000r以上)   CO2 25.3 0.57
メタホウ酸 5r以上
HBO2
11.5 0.26
遊離硫化水素  H2S 0.1未満
メタ亜ヒ酸


溶存ガス成分計 25.3 0.57
非解離成分計 33.1 0.54




 硫黄分(再掲)・・温泉水の容器の箱に掲載
  
硫化水素、チオ硫酸イオン、遊離硫化水素の硫黄に対応する合計で1r以上で温泉法上の温泉です。  計2mgで療養泉です。r/sであり「含硫黄」と泉質名の陽イオンの前につけます。
 硫黄分 (再掲) r 内S分





( 32.06×HS-)÷33.0679
      Aチオ硫酸イオン 
S2O32−×0.267[0.572]   (32.06×2×S2O32−)÷112.1182
         B遊離硫化水素  H2S×0.941             
(32.06×H2S)÷34..0758)

硫化水素イオンHS- 0.1未満
×0.97=
( 32.06×HS-)÷33.0679
チオ硫酸イオンS2O32- 0.1 ×0.572=
(32.06×2×S2O32−)÷112.1182
 0.1と表示
硫化水素  H2S 0.1未満 ×0.941=
(32.06×H2S)÷34..0758)
合計
0.1・・違うのでは

戻る

2007.11.27-2009.3.8更新

ちかつゆ温泉