top
 20180328-20180408

更新
   
  南紀白浜温泉
    湯快リゾート 南紀白浜温泉 白浜御苑
     
 
 住所:和歌山県西牟婁郡白浜町1011
 TEL:0570-550-378
 入湯時間:15:00-25:00 26:00-11:00
 日帰り:1000円 夕食&バイキングプランもあります
 宿泊費:二食付き6480円(税込)+入湯税150円  
 アメ二ティ:ボデイソープ シャンプー リンスあり ドライヤー
 公式サイト:こちらです
 
 源泉名   温泉
 泉質名   ナトリウムー炭酸水素塩・塩化物泉
          〔 低張性 弱アルカリ性 高温泉] 
 pH  7.5
 泉温 56.4℃  (41.5℃)で調整されてます。                   
 温泉の環境は彩の湯・朝の湯・楽の湯は循環ろ過装置・加水・加温あり 入浴剤はなし
          貸切風呂はかけ流し・加水・加温
 
  
 
 調査浴槽データー

 2018年2月22日(木) 
 
  午後 内湯  pH:7.4  
   夕方 内湯  pH:7.7
 2018年2月23日(金)
   朝  内湯  pH:8.0        
 

 コメント
 
 温泉について
こちらの浴室は2階フロアで脱衣して、浴室の階段で洗い場 浴槽に行きますから足腰の弱い方は少々大変です。浴槽内も温泉は循環ですので塩分も少しは感じます。露天風呂はあまり大きくありません。
 食事について
本ズワイガニ丸ごと食べ放題プランです。食時はバイキングで地産地消の食材でした。ズワイガニは茹でてますが丸ごとと足部分とに分けたものがあります。バイキングでのかにではよい方だと思います。他のお料理も美味しく種類もありますが、プレミアムリゾートの湯快リゾートよりは少し少ないかもしれません。
飲み物は飲み放題もグループの中で全員でなくてもできますのでこれもよかったです。

 施設について
こちらもカラオケ施設や卓球台など楽しめる施設は多いです。二時ごろはバスで帰る方もいるのでにぎわっています。

 アクセス
車は大阪から阪和自動車から南紀田辺ICでおりて車で15分ぐらいです。往復バスは神戸 新大阪 天王子 京都から3500円です。

 施設の雰囲
 20180222午後 pH7.4
20180222 夕方採取 ㏗7.7 20180223 朝 pH8.0
 
 温泉分析書より抜粋     調査平成27年11月25日 分析平成27年11月25日
                   和歌山県環境衛生研究センター 
    申請者     東白浜温泉土地株式会社
   源泉名    2源泉の混合泉  和歌山県西牟婁郡白浜町3354-1
             1 柿谷第二号泉 白浜町2563-2湧出
             2 柿谷第三号湯 白浜町2580-2湧出
   泉質名     ナトリウムー塩化物温泉
             〔高張性 中性 高温泉]                    
   pH       7.2  (試験室 7.4)
      泉温      56.4℃
   知覚試験性状    無色微混濁にて微弱硫化水素臭 中塩味である。気泡の発生無し    
   湧出量    212ℓ/min (動力揚湯)
   ラドン   
   蒸発残留物 11.97g/kg
溶存物質総量(ガス性のものを除く)   13.01g/㎏
  温泉の判定  1000㎎以上で温泉   
  療養泉     1000㎎以上で療養泉  
成分総量                   13.01g/㎏

泉質名のつけ方
 ①溶存物質総量1000㎎以上→塩類泉として赤字のミリバルパーセント20㌫以上の成分を「泉質名」に入れてつけることができます。
陽イオンの20ミリバル㌫成分名、次に陰イオン名の20ミリバル㌫それぞれ多い順につけます。 →炭酸水素塩泉 塩化物泉 硫酸塩泉

 →療養泉としての成分が含まれている場合はその[成分名」を前につけます。酸性 含硫黄 含鉄 含アルミニウムとなります。

 ②溶存物質総量1000㎎/㎏以下
  →療養泉としての成分が含まれている                                  
    →二酸化炭素泉 含鉄泉 含アルミニウム泉 含銅ー鉄泉 硫黄泉 酸性泉 放射能泉  

  →療養泉としての成分が含まれていない・泉温25℃以上→単純温泉

   
(イ)陽イオン (ロ)陰イオン
成分(温泉法上の量( )内の数値は療養泉です) ミリバル ミリバル㌫ 成分(温泉法上の量 ( ) 内の数値は療養泉です   ㎎ ミリバル ミリバル㌫
水素イオン H+ 0.1未満 フッ化物イオン  F- 4.8 0.25 0.12
ナトリウムイオン Na+ 3858 167.8 82.06 塩化物イオン Cl- 5828 78.70 78.70
カリウムイオン K+ 181.6 4.64 水酸化物イオンOH-
0.1未満 - -
マグネシウムイオンMg2+ 292.8 24.09 硫化水素イオンHS- 0.4 0.01 0.00
カルシウムイオン Ca2+  158.4 7.90 3.03 チオ硫酸イオン
S2O32-
0.3 0.01 0.00
マンガンイオン Mn2+ 1.0 0.04 0.02 硫酸イオンSO4 2- 618.6 12.88 6.17
総鉄イオン  Fe2+ 0.1未満 - 0.00 炭酸水素イオン( HCO3-) 1908 31.27 14.97
アルミニウムイオン Al3+ 0.1 0.01 炭酸イオン CO32- 2.3 0.08 0.04




メタケイ酸水素イオン
HSi3-
0.1未満




メタホウ酸イオン
BO2-
0.1未満
合計 4492 204.5 100..00 合計 8362 208.9 100.00

(ハ)遊離成分(非解離成分)
 成分  mg  ミリモル
メタケイ酸 50㎎以上  HSiO3 110.4 1.41
メタホウ酸 5㎎以上
HBO2 
47.6 1.09
非解離成分計 158.0 2.50

溶存ガス成分
 成分  mg  ミリモル
遊離二酸化炭素 250㎎(1000㎎以上)   CO2  0.1未満 -
遊離硫化水素  H2 0.3 0.01
溶存ガス成分 計  0.3 0.01
 
 
 

(二)その他微量成分
銅イオン(Cu2+ ) 0.01mg/kg未満
鉛イオン(Pb2+ )  0.05mg/kg未満
総ヒ素(T-As)  0.001mg/kg未満
総水銀(T-Hg)  0.0005mg/kg未満
カドミウム(Cd)  0.05mg/kg未満
総 硫黄(再掲)
  
硫化水素、チオ硫酸イオン、遊離硫化水素の硫黄に対応する合計で1㎎以上で温泉法上の温泉です。  計2mgで療養泉です。㎎/㎏であり「含硫黄」と泉質名の陽イオンの前につけます。
 硫黄分 (再掲) 内S分
①硫化水素イオン HS-×0.970  
 ( 32.06×HS-)÷33.0679

②チオ硫酸イオン 
S2O32-×0.267[0.572]  
 
(32.06×2×S2O32-)÷112.1182

③遊離硫化水素  H2S×0.941       
 
(32.06×H2S)÷34..0758)

硫化水素イオンHS- 0.4 0.4
チオ硫酸イオンS2O32- 0.3 0.2
硫化水素  H2S 0.3 0.3
合計
0.8

禁忌症 適応症 平成27年12月24日
 浴用の禁忌症
 病気の活動期(とくに熱のあるとき) 活動性の結核 進行した悪性腫瘍又は高度の貧血など身体衰弱の著しい場合 少し動くと息苦しくなるような重い心臓又は肺の病気 むくみのあるような重い腎臓の病気 消化管出血 目に見える出血があるとき 慢性の病気の急性増悪期
 泉質別禁忌症
  該当なし
 
 浴用の適応症
筋肉若しくは関節の慢性的な痛み又はこわばり(関節リウマチ 変形性関節症 腰痛症 神経痛 五十肩 打撲 捻挫などの慢性期)、運動麻痺における筋肉のこわばり、胃腸機能の低下(胃がもたれる 腸にガスがたまるなど)、軽症高血圧、耐糖能異常(糖尿病)、軽い高コレステロール血症、軽い喘息又は肺気腫、痔の痛み、自律神経不安定症、ストレスによる諸症状(睡眠障害、うつ状態など)、病後回復期 疲労回復 健康増進 
  泉質別適応症
 きりきず 末梢循環障害 冷え性 うつ状態 皮膚乾燥症
 
 
 温泉の環境
加水の理由:源泉温度が高いため、水道水を加えています。
加温の理由:貯湯槽を有するので、衛生管理のため加温(加熱)しています。
循環装置などの使用:浴槽内の温度を均一に保つため、循環装置を使用しています。
 入浴剤使用:なし
消毒処理の理由・消毒方法 
  衛生管理のため塩素系薬剤を使用しています。 41.5℃