溶存物質総量(ガス性のものを除く)   294r/s 
  温泉の判定  1000r以上で温泉
  療養泉     1000r以上で療養泉  
成分総量                    r/s
溶存物質総量1000r/s未満ですので単純泉です。泉質名は単純硫黄泉とありますが、施設掲示物では判断しずらいのですが、陰イオンが95.85ミリバルlで100lにたりませんので硫黄泉といえる物質がふくまれてるのでしょう。

硫化水素、チオ硫酸イオン、遊離硫化水素の硫黄に対応する合計で1r以上で温泉法上の温泉です。  計2mgで療養泉です。

ミリモルは各成分のミリグラム値をその分子量で除するしたものです。
成分 r ミリモル
遊離二酸化炭素 250r(1000r以上)   CO2
 
遊離硫化水素  H2S  
 
溶存ガス成分計  
 
 成分 r ミリモル
メタケイ酸 50r以上  HSiO3
 
メタホウ酸 5r以上
HBO2

 
メタ亜ヒ酸
 
非解離成分計
 
陽イオン 陰イオン
成分(温泉法上の量( )内の数値は療養泉です) r ミリバル ミリバルl 成分(温泉法上の量 ( ) 内の数値は療養泉です   r ミリバル ミリバルl
水素イオン 1r(1rで酸性泉) 
 
 

フッ素イオン 2r F-


リチウムイオン 1r Li
+



ヨウ素イオン 1r T


ストロンチウムイオン 10r  


臭素イオン 5r Br-


ナトリウムイオン Na+ 95.87 4.169 92.2 塩素イオン Cl- 49.71 1.402 31.01
カリウムイオン K+ 1.638 0.0419 0.93 硫化水素イオン HS-


カルシウムイオン Ca2+ 0.481 0.0240 0.53 硫酸イオン  SO4 2- 9.818 0.2044 4.52
マグネシウムイオンMg2+ 0.511  0.0420 0.93 硫酸水素イオン  HSO4 -


アルミニウムイオン (100r)
Al3+
2.200  0.2447 5.41 炭酸水素イオン 重炭酸ソーダ340r以上 HCO3- 118.9 1.949 49.1
鉄(U)イオン U+Vで10r(30rで鉄泉) Fe2+  
 

炭酸イオン CO32- 11.14 0.371 8.21
鉄(V)イオン Fe3+


硝酸イオン NO3-


銅(U)イオン (1r)で銅泉  
 

ヒドロヒ酸イオン 1.3以上
HAsO42-



バリウムイオン 5r Ba2+  
 

水酸イオン OH- 0.272 0.0160 0.36
マンガン(U)イオン 10r
Mn2+


 


メタケイ酸水素イオン



アンモニウム ン NH+



メタケイ酸イオン






水硫イオン 3.966 0.1199 2.65
合計 100.7 4.52 100 合計 193.806 4.0623 95.85
住所:和歌山県東牟婁郡串本町左部
пF
入湯時間:24時間 
入湯料金:無料 
-----------------------
源泉:
泉質:
pH:.
色:無色
匂い:
湧出量:g/分 



公式サイト→
調査浴槽データー:2007.11.24(土)朝
 内湯 pH:9.11 9.45
 
泉温 26.9℃  

      
アルカリ性です
コメント
 こちらはブルー色のポリ容器にポツンとありますから目立ちます。なまぬるい温度でザーザーとながれてます。近辺で何かお魚の養殖にでも利用していたのでしょうか・・よくわかりません。
 これが飲用できるのかどうかもわかりません。

アクセス
 国道42号線の景勝橋杭岩を越えて勝浦のほうへ、県道227号線からさべ左部、湯之谷地区へいくとあります。

 露天風呂です。pH9.11のアルカリ性です。

 見つける・・大変



戻る

2007.11.27-2008.5.4更新

左部湯の谷温泉


温泉分析表

野湯