住所:和歌山県田辺市本宮町渡瀬164−1             
TEL:0735−42−1215       
入湯時間:要確認のこと          
入湯料金:500円    
アメ二ティ:あります
公式サイト:こちらです
宿:民宿です

 
  ナトリウムー炭酸水素塩・塩化物温泉    

  


 
 調査浴槽データー

 2009.2.14(土)  
    内湯   pH:7.1
          
湯口から   泉温:50.8℃



 コメント
 
 湯の峰温泉、渡瀬温泉の合間にある民宿です。宿をとらなくても炊事場施設もあるので車の中で睡眠もいいのかな・・・温泉施設は宿のそとにあります。宿の温泉もありますが使用されてないようです。
 こちらは宿のオーナーがとてもいいですね。川でとれるウナギや鮎やカニや・・いろいろとお話が聴けます。次回はカニやね。
 お宿は1・2階と部屋がありましてきちんとお茶もご用意いただいてました。本日は3組だけです。キャンプ場は広島からのキャンピングカーだけです。ワンちゃんもつれておられましたけど、またお宿にもワンちゃんはいますがお部屋にいても何も聞こえず、のんびりできます。温泉の浴場に行くにも施設内のはしにあります。宿にもありますがボイラー故障で使えないとか・・
 浴室は男女別にありますが天井ではしきりなく、手づくりの感じの浴室です。長方形の木製の湯船はちょうどすわって、足を延ばせば浴槽にかけてはいれるとういうか・・pH数値は温泉分析書には書いてませんのでわかりませんが測定では中性です。湯の峰でも川湯でも渡瀬でもない泉質ですね。朝も入湯・・
 食事については地元の産地のものばかりです・・・ちょうどお邪魔した時、調理担当のおばさんが「オーナーは買い物や・・・」なんてはなしておられたのでね。刺身やお肉はあの近くにあるスーパーからかな・・なんて
 山菜のてんぷらや魚の焼き物はオーナーがとられたものかな・・
 朝はモーニングまで・・帰りはおみかんまでいただき・・ええとこです。今度は自炊したいです。

 この日も川湯温泉にいきましたが豪雨で流されてました。

 アクセス
 竜神バス「渡瀬」バス停より5分です。JR田辺駅よりお車で90分です。



 施設の雰囲気


  やわらかい源泉が加温されてでてます

 7.1です


  カランです
 外に浴室があります


 温泉分析書です
 宿泊施設
 のんびりできます。キャンプで自炊もできます。

 川の奥にあるところが広いキャンプ場のあるこちらの外観です

 お料理は・・


 お肉の陶板焼き        お刺身と煮物・・
  川でとれた魚の焼き物
 
 夕食も満足です

 朝ごはんに〆のコーヒー〆に温泉とよかったです
 温泉分析書より  昭和60年
   温泉名  熊野瀬湯
   泉質名  ナトリウムー炭酸水素塩・塩化物温泉
   pH   
      泉温 
   適応症 切り傷 やけど 神経痛 筋肉痛 関節痛 五十肩
   禁忌   急性疾患症
溶存物質総量(ガス性のものを除く)    1124r/s
  温泉の判定  1000r以上で温泉
  療養泉     1000r以上で療養泉  
成分総量                    1336r/s

泉質名のつけ方
 @溶存物質総量1000r以上→塩類泉として赤字のミリバルパーセント20l以上の成分を「泉質名」に入れてつけることができます。
陽イオンの20ミリバルl成分名、次に陰イオン名の20ミリバルlそれぞれ多い順につけます。
 →炭酸水素塩泉 塩化物泉 硫酸塩泉

 →療養泉としての成分が含まれている場合はその[成分名」を前につけます。酸性 含硫黄 含鉄 含アルミニウムとなります。

 A溶存物質総量1000r/s以下
  →療養泉としての成分が含まれている→二酸化炭素泉 含鉄泉 含アルミニウム泉 含銅ー鉄泉
                          硫黄泉 酸性泉 放射能泉

  →療養泉としての成分が含まれていない・泉温25℃以上→単純温泉

陽イオン 陰イオン
成分(温泉法上の量( )内の数値は療養泉です) r ミリバル ミリバルl 成分(温泉法上の量 ( ) 内の数値は療養泉です   r ミリバル ミリバルl
水素イオン 1r(1rで酸性泉) 
 
 

フッ素イオン 2r F- 2.2 0.12 0.77
リチウムイオン 1r Li
+



ヨウ素イオン 1r T


ストロンチウムイオン 10r


臭素イオン 5r Br-


ナトリウムイオン Na+ 272.6 11.81 79.31 塩素イオン Cl- 147.1 4.15 22.74
カリウムイオン K+ 7.7 0.2 1.34 硫化水素イオン HS-


マグネシウムイオンMg2+ 4.3 0.35 2.35 チオ硫酸イオンS2O32


カルシウムイオン Ca2+ 50.2 2.5 16.79 硫酸イオン  SO4 2- 1.8 0 0
マンガン(U)イオン 10r
Mn2+
0.2 0.01 0.07 硫酸水素イオン  HSO4 -


鉄(U)イオン U+Vで10r(30rで鉄泉) Fe2+ 0.5 0.02 0.14 炭酸水素イオン 重炭酸ソーダ340r以上 HCO3- 673.9 0 0
鉄(V)イオン Fe3+


炭酸イオン CO32- 5.10 0.04 0.26
銅(U)イオン (1r)で銅泉


硝酸イオン NO3-


アルミニウムイオン (100r)
Al3+



ヒドロヒ酸イオン 1.3以上
HAsO42-



バリウムイオン 5r Ba2+


メタケイ酸水素イオン 0 0 0
アンモニウム ン NH4+


メタケイ酸イオン






水酸イオン OH- 0.00 0 0




リン酸一水素イオン
合計 334.5 14.89 100 合計 830.1 15.52 100




非解離成分 遊離成分
 成分 r ミリモル
  成分 r ミリモル
メタケイ酸 50r以上  HSiO3 59.6 0.72
遊離二酸化炭素 250r(1000r以上)   CO2 112.4 2.5
メタホウ酸 5r以上
HBO2



遊離硫化水素  H2S 0 0
メタ亜ヒ酸


溶存ガス成分計 112.4 0
非解離成分計 59.6 0.72




 硫黄分(再掲)
  
硫化水素、チオ硫酸イオン、遊離硫化水素の硫黄に対応する合計で1r以上で温泉法上の温泉です。  計2mgで療養泉です。r/sであり「含硫黄」と泉質名の陽イオンの前につけます。
 硫黄分 (再掲) r 内S分

( 32.06×HS-)÷33.0679
      Aチオ硫酸イオン 
S2O32−×0.267[0.572]   (32.06×2×S2O32−)÷112.1182
         B遊離硫化水素  H2S×0.941             
(32.06×H2S)÷34..0758




硫化水素イオンHS-

×0.97=
( 32.06×HS-)÷33.0679
チオ硫酸イオンS2O32-
×0.267=
(32.06×2×S2O32−)÷112.1182
硫化水素  H2S ×0.941=
(32.06×H2S)÷34..0758)

合計

戻る

2009.3.17ー2009.3.19更新

熊野瀬温泉