溶存物質総量(ガス性のものを除く)
  温泉の判定  1000r以上で温泉       平成17年分析です
  療養泉     1000r以上で療養泉  こちらの溶存物質総量は25.67g/sです。
                                                              成分総量は27.15g/sです。
 
赤字のミリバルパーセント20l以上により「泉質名」にこの成分を入れてつけることができます。

硫化水素、チオ硫酸イオン、遊離硫酸合計で1r以上で温泉法上の温泉です。  計2mgで療養泉です。

ミリモルは各成分のミリグラム値をその分子量で除するしたものです。
成分 r ミリモル
遊離二酸化炭素 250r(1000r以上) 1477
1979
33.56
遊離硫化水素 0.1未満  
溶存ガス成分計 1477
1979
33.56 
 成分 r ミリモル
メタケイ酸 50r以上 142.3 1.82
メタホウ酸 5r以上 978.6 22.33
メタ亜ヒ酸
 
非解離成分計 1221 24.15
陽イオン 陰イオン
成分(温泉法上の量( )内の数値は療養泉です) r ミリバル ミリバルl 成分(温泉法上の量 ( ) 内の数値は療養泉です   r ミリバル ミリバルl
水素イオン 1r(1rで酸性泉) 0.1未満   

フッ素イオン 2r 0.9
1.4
0.05 0.01
リチウムイオン 1r


ヨウ素イオン 1r


ストロンチウムイオン 10r  


臭素イオン 5r


ナトリウムイオン  6030
11650
262.3 60.78 塩素イオン 13930
15850
392.9 92.14
カリウムイオン 106.1
161.1
2.71 0.63 硫化水素イオン 0.1未満


カルシウムイオン 1030
281.6
51.4 11.91 チオ硫酸イオン 0.1 0 0
マグネシウムイオン  1389
469.8
114.3 26.48 硫酸イオン 0.6
5.4
0.01 0.00
アルミニウムイオン (100r) 0.3 0.04 0.01 炭酸水素イオン 重炭酸ソーダ340r以上 2040
8548
334.3 7.84
鉄(U)イオン U+Vで10r(30rで鉄泉) 22.7
3.4
0.81 0.19 炭酸イオン 0.4
4.7
0.01 0
鉄(V)イオン


硝酸イオン


銅(U)イオン (1r)で銅泉  
 

ヒドロヒ酸イオン 1.3以上


バリウムイオン 5r  
 

水酸化イオン 0.1未満


マンガン(U)イオン 10r
0.2

 


メタケイ酸水素イオン
0.1未満
0.4


^−
アンモニウム


メタホウ酸イオン 0.1未満

合計  8579
12570
431.6 100 合計 15970
24410
426.4 100
住所:和歌山市本町6-50
пF073-422-5992
時間:1:001-24:00
料金:大人390円  小人140円
-------------------
公式サイト→こちら
 平成5年10月27日 浴槽の掲示物  平成17年10月24日検査 HPより
泉質名:含炭酸・重曹ー食塩泉
      中性 高張性 温泉

以前のHPでは
    含二酸化炭素ーナトリウムー塩化物・炭酸水素塩泉
泉質名:含二酸化炭素・鉄ーナトリウム・マグネシウムー塩化物強塩温泉
pH:::6.3 pH: 6.4 (試験室6.5)
泉温:40.5℃ 泉温:35.6℃
湧出量: 湧出量:81g/分


調査浴槽データー:
 2005.1.3 pH:6.3 

  2005.10.10(月) 再訪 写真撮影です
    平成17年のこの日はまだ再開できてませんでした。


 2007.5.26(土) 
  pH:6.4  浴槽内
  pH:6.4 湯口から
              
  pH:8.16 測定時の温度26.5℃ アルカリ温泉水 (販売されてます)
        pH 6.4の温泉より、成分の一部を取り除きアトピー用・化粧水として400円で                  す。ただ、名称「アルカリ・・」は「弱アルカリ・・」と思うのですが・・
        自然のものだから変わるのかな・・
        
コメント:
 2005.1.3
 この冬は午後8時ごろに入湯です。油こさのある温泉という濃〜い温泉です。アトピーにいい温泉です。いわゆる療養泉です。
銭湯料金でこの温泉ですから、ご近所のかたはうらやましいですね。浴槽は白湯と源泉風呂があります。浴槽内は脱衣場が2階にもあるので2階からの階段をおりてくという感じです。

が、今は温泉の質が変化したとか・・まだ再訪してません。

 2007.5.26(土) 再訪

 相変わらずのおもみのある温泉でした。夜遅く行きましたので、お客さんも少ないですが、源泉風呂には3人ぐらいです。源泉が浴槽に流れてますが、以前ありました飲用できるところからはでてませんでした。皆さんはその湯口からの温泉を飲用するとか・

 塩辛さはあるのですが、さらりとしてるんですね。そして以前は温泉成分表まで眺める時間がありませんでしたが、浴槽のそばの壁に掲示してる温泉成分を眺めてびっくり・・炭酸水素イオンが8548r/sです。「大変おおいのでは・・だからこのスベスベかな・・」とおもいながら

 帰宅してこちらのHPを眺めてまたびっくりでした。下に明記していますが、その温泉成分の炭酸水素イオンが1/4になってます。今の2040r/sでも多いのですが、一度こちらは掘削をやり直してますので、温泉成分がかわったのかな・・ほかにカルシウム・マグネシウム・鉄分が増えてますね。こちらは朝早々に入ると浴槽の上にぎらぎらと膜が張るときいてますが、もっとぎらぎらでは・・これは常連さんならご存んじかな

 そしてこちらはメタホウ酸が多いですね。殺菌効果、皮膚疾患にいいので、アトピーにいい温泉です。もちろんリュウマチにも効果ありと掲示してます。二酸化炭素も1979r/sと1000r/s越えてますので、「含二酸化炭素・・」となります。
 鉄分も10r/s以上で「含鉄・・」となり、泉質名のマグネシウムもふえて、ミリバルlが20超えてますので、今回泉質名にはいったのでしょう。温泉成分表のランクには数多く項目が入るぐらいの、名湯ですね。

 そのほか化粧水のアルカリ性水やら、クリームなどいろいろ販売されてます。またまた再訪したい温泉です。
 



2005.10.10の時は閉鎖でしたが、今11.20日現在は営業してます。

和歌山城です。

戻る

2005.11-2007.5.27更新

本町温泉

温泉成分・・黒字は17年検査 うす紫は平成5年です。
        一度温泉の掘削をしなおしてますので、成分もかわりましたね。