住所:島根県浜田市旭町木田
пF0855-45-0255
入湯時間:9:00-21:00
入湯料金:400円
-----------------------
泉質名:アルカリ性単純温泉
     [低張性 アルカリ性 低温泉]
pH:表示なし
泉温:27℃→41.5℃で提供
色:無色
湯の提供:加温・ろ過循環 塩素系消毒
効能:神経痛 筋肉痛 疲労回復
調査浴槽データー:2008.9.6(土)
 内湯 pH:9.0 
 露天風呂 pH:8.6  
 泉温:

 鉱泉分析法指針にて7.5以上はアルカリ性です。


コメント:
 1975年からで地元のかたの利用から今は広島県からもこられてます。4軒ほどの旅館がありますが、閑散とした感じです。「温泉博士」本で利用です。

 温泉施設はお一人いらしてお断りながらの撮影です。内湯と露天風呂です。何しろ朝関西から電車に7時間、レンタカー、そしてお風呂に初めて・・いい塩梅なんて 感触です。内湯はジャグジーにもなってます
 実際には温泉の泉質はアルカリ性ですのですこしぬめりがあるかな・・循環・加温もしていますのでね。pH数値も9.0と塩素消毒してるとやや高い目になりますね。pH9以上の欄にいれてます。ただ27℃の源泉にはいりたいね。

 また温泉成分としてはメタケイ酸イオンが目立ちますね。アルカリ性の温泉では含まれます。

 

 


アクセス:
 浜田自動車道旭ICより車で2分です。





 内湯です
  露天風呂です


 静かでお客さんもひとりです・・温泉博士本で
 外観です

しろつの荘

HP

2008.9.2-2008.9.13更新

 温泉分析書より    平成16年11月2日分析
   温泉名   旭温泉
   泉質名   低張性 アルカリ性 温泉
   pH     
      泉温    27℃→41.5℃で調整
   効能 
溶存物質総量(ガス性のものを除く)    160r/s
  温泉の判定  1000r以上で温泉
  療養泉     1000r以上で療養泉  
成分総量                    160r/s

泉質名のつけ方
 @溶存物質総量1000r以上→塩類泉として赤字のミリバルパーセント20l以上の成分を「泉質名」に入れてつけることができます。
陽イオンの20ミリバルl成分名、次に陰イオン名の20ミリバルlそれぞれ多い順につけます。
 →炭酸水素塩泉 塩化物泉 硫酸塩泉

 →療養泉としての成分が含まれている場合はその[成分名」を前につけます。酸性 含硫黄 含鉄 含アルミニウムとなります。

 A溶存物質総量1000r/s以下
  →療養泉としての成分が含まれている→二酸化炭素泉 含鉄泉 含アルミニウム泉 含銅ー鉄泉
                          硫黄泉 酸性泉 放射能泉

  →療養泉としての成分が含まれていない・泉温25℃以上→単純温泉

陽イオン 陰イオン
成分(温泉法上の量( )内の数値は療養泉です) r ミリバル ミリバルl 成分(温泉法上の量 ( ) 内の数値は療養泉です   r ミリバル ミリバルl
水素イオン 1r(1rで酸性泉) 
 
 

フッ素イオン 2r F- 2.3

リチウムイオン 1r Li
+



ヨウ素イオン 1r T


ストロンチウムイオン 10r


臭素イオン 5r Br-


ナトリウムイオン Na+ 42

塩素イオン Cl- 13.2

カリウムイオン K+ 0.3

硫化水素イオン HS-


マグネシウムイオンMg2+


チオ硫酸イオンS2O32


カルシウムイオン Ca2+ 1.8

硫酸イオン  SO4 2- 10.9

マンガン(U)イオン 10r
Mn2+



硫酸水素イオン  HSO4 -


鉄(U)イオン U+Vで10r(30rで鉄泉) Fe2+


炭酸水素イオン 重炭酸ソーダ340r以上 HCO3- 30.6

鉄(V)イオン Fe3+


炭酸イオン CO32- 24.1

銅(U)イオン (1r)で銅泉


硝酸イオン NO3-


アルミニウムイオン (100r)
Al3+



ヒドロヒ酸イオン 1.3以上
HAsO42-



バリウムイオン 5r Ba2+


メタホウ酸イオン 0.1

アンモニウム ン NH4+


メタケイ酸イオン 38.5





水酸イオン OH-







リン酸一水素イオン



合計 44.1

合計 119.7





非解離成分  含まず 遊離成分
 成分 r ミリモル
  成分 r ミリモル
メタケイ酸 50r以上  HSiO3



遊離二酸化炭素 250r(1000r以上)   CO2 0.4

メタホウ酸 5r以上
HBO2




遊離硫化水素  H2S


メタ亜ヒ酸


溶存ガス成分計 0.4

非解離成分計






 硫黄分(再掲)
  
硫化水素、チオ硫酸イオン、遊離硫化水素の硫黄に対応する合計で1r以上で温泉法上の温泉です。  計2mgで療養泉です。r/sであり「含硫黄」と泉質名の陽イオンの前につけます。
 硫黄分 (再掲) r 内S分







硫化水素イオンHS-

×0.97=
チオ硫酸イオンS2O32-
×0.267=
硫化水素  H2S
×0.941=
合計

旭温泉