温泉って⇒温泉法という法律で決まってます(1948)

温泉の定義
 ⇒@かAどちらかにあてはまることで、地中から ゆう
  出する温水、鉱水及び水蒸気その他のガス
     
     @温度が25度以上
     A別表の物質が規定の量以上あればよい[療養泉の成分]


温泉の泉質名は
 ⇒鉱泉分析法指針(1951)に示された「療養泉」の
  定義に含まれる物質をふくんでると、泉質名がつきます。
   
      療養泉とは (@かAどちらでも)
        @温度が25℃以上 
        A別表の物質8つのうち、ひとつでもあてはまれ
         ばよい。
例えば?
   ◎ 都幾川温泉(溶存成分総量 219r/kg)
      ⇒日本一の強アルカリで、温泉ですが、泉質
        名はつきません。

        温泉である理由
         「温泉法」の定義である、規定の成分を含
         でるため⇒メタケイ酸50r以上のため

        泉質名がつかない理由
         「療養泉」の規定である温度が25℃以上で
         ありません。
         「療養泉」の成分8項目のうち、ひとつもを含
         まれてません。

        それで、泉質名はつきません。            
        

   ◎ 野上本館(溶存成分総量1400r/kg)
      ⇒「ナトリウム・カルシウム−炭酸水素塩泉」 

       泉質名がつく理由は
        療養泉であるため、泉質名がつきます。
         温度が25℃以上
         溶存成分が1000rのため、塩類泉として
         名前がつきます。
       
       泉質名のつけ方               
       陽イオンのナトリウムが150rと一番多いため
       、これが主成分になります。次にカルシウムは 
       ミリバル%のところでが20パーセント以上あれば
       、副成分としてつけれます。
         たくさんの名前がついてるというのは成分が
       いろいろ含まれてるとわかります。では成分名が
       少ないから、温泉の質が低いとは限りません。
        ※ 成分量を化学当量で除した値=ミリバル
 
     
 

      「温泉法上の温泉」と「療養泉」の物質条件の違い 

物質条件 温泉水1kg中の含有量 温泉法上の温泉 療養泉
溶存物質(ガス性は除く 総量1000r以上   ○
遊離二酸化炭素 250以上1000r未満
1000r以上
   ○
   ○
  ×   ○
リチウムイオン 1mg以上    ○
ストロンチウムイオン 10r以上    ○
バリウムイオン 5r以上    ○
総鉄イオン 10以上20r未満    ○
第一マンガンイオン 10mg以上    ○
水素イオン 1r以上    ○    ○
臭素イオン 5r以上    ○
ヨウ素イオン 1r以上    ○
フッ素イオン 2r以上    ○
ヒドロひ酸イオン 1.3r以上    ○
メタ亜ひ酸 1r以上    ○
総硫黄 1以上2mg未満
2r以上
   ○
   ×
   ○
メタほう酸 5r以上    ○
メタけい酸 50r以上    ○
重炭酸ソーダ 340r以上    ○
ラドン 20以上30未満
30以上
   ○
   ○
  ×
  ○
ラジウム塩 1億分の1mg以上    ○
アルミニウムイオン 100r以上 物質条件なし    ○
銅イオン 1r以上 物質条件なし    ○
25℃未満
25℃以上
25℃未満でも物質条件あれば温泉です。    ×
   ○

       
     
※ 温泉分析表(環境省より)

こんなにいい温泉なのに泉質名がつかないことに不思議で

泉質名って・・どうしてつくの?

戻る

2005.11-2006.5.28更新