pH測定値と泉質別分類
    群馬県

戻る

2007.12.21-2008.10.24更新

特殊成分を含む療養泉〜分類もいろいろ

 
溶存物質総量1000r/s以上の塩類泉です。1000r/s以上の温泉では
 
陰イオンを主とした塩類泉に分類しますので、特殊成分を療養泉としての規定
 以上に含む塩類泉もあるため、「主な泉質」という分類では下記の分類にいれる
 こともあります。
主な泉質 酸性 弱酸性 中性 弱アルカリ性 アルカリ性
二酸化炭素泉





















含鉄泉

鉄分20r/s以上です













含アルミニウム泉
 アルミニウムイオン 100r/s以上






硫黄泉
 硫黄分として2r/s以上
豊国館





万座プリンスホテル




大滝乃湯
 煮川源泉







煮川の湯






白旗の湯






奈良屋






翁の湯




酸性泉
水素イオンr/s以上で療養泉です。
こぶしの湯
 (万代鉱)




水素イオン31.6r/s
大滝乃湯
 万代鉱





水素イオン31.6r/s
西の河原露天風呂 (万代鉱)



水素イオン31.6r/s
奈良屋 (白旗源泉)





水素イオン10r/s
白旗の湯



水素イオン10r/s
翁の湯 (湯畑源泉)



水素イオン10r/s
豊国館



水素イオン9.12r/s

煮川の湯 




水素イオン7.16r/s
万座プリンスホテル



水素イオン3.98r/s
放射能泉





※ 掲示用泉質名と主な泉質名について
    泉質名の分類では硫酸塩泉でも主な泉質では含鉄泉・含アルミニウム泉
   ・・酸性泉に分類することもあります。※ pHの分類は施設の表示どうりの欄に入れてます。
※ ☆印は施設の表示と測定値が少々ずれてますが、区分けの境界あたりのところ
  はとくになりやすいです。
※ 源泉かけながしの温泉ほど、☆印です。
   また塩素消毒していたり、加水(水道水はpH7.3ぐらい)温泉はpH数値がアルカリ
   性の方にすすみますので、ずれが生じる温泉もあります。印の温泉には一部含
   まれます。

掲示用新泉質名

(旧泉質名)
施設のpH表示どうりで分類
 (pH数値は測定値です 測定値が区分と違う場合は☆印です)
掲示用泉質名 酸性
3未満
弱酸性
3〜6未満
中性
6〜7.5未満
弱アルカリ性
7.5〜8.5未満
アルカリ性
8.5以上
単純温泉




二酸化炭素
1000r/s以上





炭酸水素塩泉 カルシウム(マグネシウム)ー炭酸水素塩泉

重炭酸






ナトリウムー炭酸水塩泉

重曹泉
ナトリウム-炭酸水素塩泉




塩化物泉 ナトリウムー塩化物泉



小野上村温泉センター  8.9
酸性ー塩化物・硫酸塩泉 草津温泉
こぶしの湯 1.91




含硫黄ー塩化物・硫酸塩泉 草津温泉
千代の湯




硫酸塩泉 ナトリウムー硫酸塩・塩化物塩泉

草津温泉
西の河原露天風呂 2.13

大滝乃湯
煮川源泉
 2.0




牧温泉 7.95

酸性ー硫酸塩・塩化物泉 草津温泉
大滝乃湯
万代鉱
2.11




ルシウム・ナトリウムー硫酸塩・塩化物温泉

川原湯温泉
笹湯
 7.0



尻焼温泉 6.12
牧温泉 7.95
含鉄泉 鉄泉






鉄(U)−硫酸塩泉




含アルミニウム泉




含銅ー含鉄泉




硫黄泉 硫黄泉
(遊離硫化水素を含まない)
万座温泉ホテル日進館 2.0




硫化水素泉 含硫黄
草津温泉
千代の湯






酸性単純硫黄温泉
(硫化水素型)
万座温泉
万座ホテル聚楽

2.9




酸性ー含硫黄ーナトリウムー硫酸塩温泉 万座温泉
豊国館 2.59




酸性ー含硫黄ーマグネシウムー硫酸塩泉
万座温泉
万座プリンスホテル 2.76




酸性ー含硫黄ーマグネシウム・ナトリウムー硫酸塩温泉 硫化水素型 万座温泉
万座亭

2.0

万座温泉ホテル日進館 2.4




酸性・含硫黄-ナトリウム・マグネシウムー硫酸塩・塩化物温泉 万座温泉
万座高原ホテル

2.4




酸性ー含硫黄ーアルミニウムー硫酸塩・塩化物温泉
草津温泉
煮川の湯 2.11


凪の湯 2.16

白旗の湯 2.11

奈良屋 2.17

翁の湯 2.17




酸性泉 (単純酸性泉)





放射能泉 単純弱放射能泉





単純含弱放射能ー○○泉