pH測定値と泉質別
   秋田県

戻る

2009.10.17-2009.10.18更新


   

掲示用新泉質名

施設のpH表示どうりで分類
 (pH数値は測定値です 測定値が区分と違う場合は☆印です)
掲示用泉質名 酸性 弱酸性 中性 弱アルカリ性 アルカリ性
単純温泉




二酸化炭素
1000r/s以上





炭酸水素
塩泉
カルシウム(マグネシウム)ー炭酸水素塩泉

重炭酸土類泉
ナトリウム・カルシウムー炭酸水素塩
 






ナトリウム・カルシウムー炭酸水素塩・硫酸塩泉




ナトリウムー炭酸水塩泉

重曹泉
ナトリウム-炭酸水素塩





ナトリウムー炭酸水素塩・塩化物塩・硫酸塩泉






ナトリウム-炭酸水素塩・硫酸塩泉





ナトリウム-炭酸水素塩・硫酸塩泉
 含芒硝-重曹泉





ナトリウム・カルシウム-炭酸水素塩・硫酸塩泉
 含石膏−重曹泉






ナトリウム・カルシウム-炭酸水素塩・硫酸塩・塩化物泉
 含石膏ー塩化土類ー重曹泉





塩化物泉 ナトリウムー塩化物泉 ナトリウムー塩化物泉




ナトリウムー塩化物・炭酸水素塩泉


鶴の湯混浴
6.9


硫酸塩泉 ナトリウムー硫酸塩・塩化物塩泉









含鉄泉 鉄泉





鉄(U)−硫酸塩泉




含アルミニウム泉




含銅ー含鉄泉




硫黄泉 硫黄泉




硫化水素泉





酸性−含硫黄ーナトリウムー硫酸塩泉(硫化水素型)




含硫黄ーナトリウムー炭酸水素塩泉

 含重曹-硫黄泉

 重曹硫化水素泉






含硫黄ーナトリウムー炭酸水素塩・硫酸塩泉
 含芒硝-重曹硫化水素泉

 含重曹亡硝-硫黄泉

 含重曹芒硝−硫黄泉(硫化水素型))


  




含硫黄ーナトリウムー塩化物・炭酸水素塩泉


鶴の湯
黒湯
6.3


含硫黄ーナトリウムー塩化物・炭酸水素塩泉
(硫化水素型
)


鶴の湯中の湯
6.8


含硫黄ーナトリウムー炭酸水素塩・塩化物塩泉




含硫黄ーナトリウムー硫酸塩泉
 含芒硝-硫黄泉






含硫黄ーナトリウム・カルシウムー炭酸水素塩泉





含硫黄ーナトリウム・カルシウムー硫酸塩泉
 含芒硝・石膏-硫黄泉





含硫黄ーナトリウム・カルシウムー硫酸塩・炭酸水素塩泉




含硫黄ーナトリウムー硫酸塩・塩化物泉
   
含食塩−傍硝硫化水素臭

 含芒硝-重曹硫化水素泉





酸性泉 (単純酸性泉)





放射能泉(単純含弱放射能ー○○泉






「主な泉質」
 
という分類で分けると上記の溶存物質総量1000r/s以上の塩類泉の中には二酸化炭素 鉄分 水素イオン ラドンなど療養泉にあたいする温泉成分をふくんでる温泉もあります。塩化物泉でもあり、二酸化炭素泉でもあるというよう重複した分類もできます。
 下記に表示していますので上記とあわせてご覧下さい。
二酸化炭素泉
 1000r/s以上






含鉄泉
 20r/s以上





含アルミニウム泉
 100r/s以上






硫黄泉
 2r/s以上





酸性泉
 水素イオン1r/s以上






放射能泉
 ラドン8.25マッヘ単位以上





 
 


 掲示用泉質名
施設のpH表示どうりで分類
 (pH数値は測定値です 測定値が区分と違う場合は☆印です)
酸性 弱酸性 中性 弱アルカリ性 アルカリ性
溶存物質総量
1000r/s未満
単純温泉






二酸化炭素
1000r/s以上
二酸化炭素泉




鉄分
20r/s以上
含鉄泉





総硫黄分
2r/s以上
硫黄泉




水素イオン
1r/s以上
酸性泉




ラドン
ラドン8.25マッヘ単位以上
放射能泉





溶存物質総量
1000r/s以上


陰イオンの主成分で3分類します。
炭酸水素塩泉






塩化物塩泉 ナトリウムー塩化物・炭酸水素塩泉


鶴の湯混浴
6.9


酸性ー含二酸化炭素・鉄U・アルミニウムー塩化物泉 玉川温泉
1.0

新玉川温泉
1.4





含硫黄ーナトリウムー塩化物・炭酸水素塩泉


鶴の湯
黒湯
6.3


含硫黄ーナトリウムー塩化物・炭酸水素塩泉
(硫化水素型)


鶴の湯中の湯
6.8


硫酸塩泉













「主な泉質」
 
という分類で分けると上記の溶存物質総量1000r/s以上の塩類泉の中には二酸化炭素 鉄分 水素イオン ラドンなど療養泉にあたいする温泉成分をふくんでる温泉もあります。塩化物泉でもあり、二酸化炭素泉でもあるというよう重複した分類もできます。
 下記に表示していますので上記とあわせてご覧下さい。




酸性 弱酸性 中性 弱アルカリ性 アルカリ性

二酸化炭素泉
 1000r/s以上
新玉川温泉
1.4





遊離二酸化炭素3369r/s
玉川温泉
1.0




遊離二酸化炭素3160r/s
含鉄泉
 20r/s以上
新玉川温泉
1.4




鉄イオン211.3r/s
玉川温泉
1.0






鉄イオン161.5r/s
含アルミニウム泉
 100r/s以上
新玉川温泉
1.4





アルミニウムイオン
297r/
玉川温泉
1.0





アルミニウムイオン
275r/s
硫黄泉
 2r/s以上






酸性泉
 水素イオン1r/s以上
玉川温泉
1.0




水素イオン89.52r/s
新玉川温泉
1.4





水素イオン89.5r/s
放射能泉
 ラドン8.25マッヘ単位以上







※ 掲示用泉質名と主な泉質名について
    泉質名の分類では硫酸塩泉でも主な泉質では含鉄泉・含アルミニウム泉
   ・硫黄泉・酸性泉に分類することもあります。(大分県塚原温泉)

    分類を2種類で表示しています・・・溶存物質総量で分けて、陰イオンで分類するとわかりやすいので
    秋田県は両方掲載しています・・・まだまだお勉強(2009.10.18)

    硫黄泉については温泉分析表から計算しますのでしばらくお待ちください(2009.10.18)
※ pHの分類は施設の表示どうりの欄に入れてます。
※ ☆印は施設の表示と測定値が少々ずれてますが、区分けの境界あたりのところ
  はとくになりやすいです。