@ 溶存物質総量・成分総量の多い温泉

施設名 温泉名 溶存物質総量 成分総量 泉質名(施設の掲示どうり)

浸透圧 液性 泉温に表示順が施設によりいろいろです

溶存物質10g/sで高張性

温度泉温による表示もいろいろです
測定pH 表示pH 源泉の温度


銀水荘別館楽山 有馬温泉 兵庫県 66.52g/s 67.56g/s 含鉄ー二酸化炭素ーナトリウムー塩化物強塩泉

高張性 弱酸性 低温泉
6.2

加温
上大坊 有馬温泉 兵庫県 65.6g/s 65.7g/s 含鉄・ナトリウムー塩化物強塩高温泉

高張性 弱酸性 高温泉
6.0 5.89 98.2℃ 源泉に入れます。
よかたん 吉川温泉 兵庫県 43.48g/s 47.5g/s 含炭酸・ナトリウムー塩化物強塩温泉

中性 高張性 温泉
6.9 6.51 38.6℃ 源泉を3倍に薄めてます。
明神の湯 大谷田温泉 東京都 29.89 29.89g/s ナトリウムー塩化物強塩温泉

弱アルカリ性 高張性 温泉
7.4 7.5 35.5℃ 源泉?
クア武庫川 武庫川温泉 兵庫県 27.8 28.6g/s ナトリウムー塩化物塩泉

高張性 中性 高温泉 
6.5 6.54 58.2℃ 源泉に入れます。
本町温泉 本町温泉 和歌山県 25.67g/s 27.15g/s 含二酸化炭素・鉄ーナトリウム・マグネシウムー塩化物強塩温泉

6.7 6.4
源泉に入れます。平成17年分析値
いぜんは4番目でしたが、下がる
SPArefre 光明の湯 大阪府 24.41g/s 24.42gs ナトリウム・カルシウムー塩化物強塩温泉

高張性 中性 低温泉
7.05 6.99 30.4℃ 加温あり 加水なし
宝の湯 宝の湯温泉 兵庫県 23g/s 23g/s ナトリウムー塩化物泉

高張性 中性 温泉
6.7 6.6 37.1℃ 源泉の湯壷のみ
花山温泉 花山薬師温泉 和歌山県 18.99g/s 21.57g/s 含二酸化炭素・鉄ーカルシウム・マグネシウムー塩化物炭酸水素塩泉

中性 高張性 冷鉱泉
6.2 6.4 24.6℃ 源泉に入れます。
熱海公衆浴場 熱海温泉 静岡県 19.1g/s 19.1g/s ナトリウム・カルシウムー塩化物温泉

7.4 7.7 48℃
白良湯 白浜温泉 和歌山県 19.04g/s 20.13g/s 含二酸化炭素ーナトリウムー塩化物強塩温泉

高張性 中性 高温泉
6.96 6.73 67.3℃ かけ流し
天然温泉テルメ龍宮 龍宮温泉 大阪府 18.2g/s 18.44/s ナトリウムー塩化物強塩温泉

高張性 中性 高温泉
6.8 7.2 53.9℃ 源泉風呂
東鷲宮百観音温泉 東鷲宮温泉百観音温泉 埼玉県 18.32g/s 18.32g/s ナトリウムー塩化物強塩温泉

高張性 弱アルカリ性 高温泉
7.39 7.55 57.3℃ かけ流し
牟婁の湯(まぶ湯) 白浜温泉 和歌山県 17.377g/s 18.026g/s 含二酸化炭素ーナトリウムー塩化物強塩温泉

高張性 中性 高温泉
6.93 6.6 75.5℃ かけ流し
天山の湯 さがの温泉 京都府 15.73g/s 15.76g/s ナトリウム・カルシウムー塩化物泉 7.1 7.23 34.3℃ 加温ろ過循環
湯の華廊 つかしん温泉 兵庫県 15.17g/s 15.17g/s ナトリウムー塩化物温泉

高張性 中性 高温泉
6.6 6.5 47.4℃ 源泉風呂に入れます
三井別館 皆生温泉 鳥取県 12.23g/s 12.23g/s ナトリウム・カルシウムー塩化物泉

高張性 中性 高温泉
6.7 7.3 64.2℃ 高温のため加水してます。
学園前やまとの湯 タートル温泉 奈良県 12g/s 12.15g/s ナトリウムー炭酸水素塩・塩化物温泉

高張性 弱アルカリ性 冷鉱泉
8.4 弱アルカリ性
加水・循環です

2006.1-2008.11.22更新

温泉の成分ごとの分類〜泉質分類のもとになるものです。
  (鉱泉分析法指針泉質名って・・どうしてつくの?・・ごらんください)

HP






溶存物質総量・成分総量の多い温泉


溶存物質総量g/s 凝固点 例えば
低張性 8未満 -0.55℃以上 奥みょうばん山荘
等張性 8以上10未満 -0.55未満-0.58℃以上 熊野の郷 三田温泉
高張性 10以上 -0.58℃未満 上大坊

鉱泉法分析指針より(おまあ掲載文より)

名前
温度
例えば
冷鉱泉 25℃未満 大阪 山空海 18℃
温泉

 低温泉 25℃以上34℃未満 兵庫 灘温泉六甲道店 31.9℃  
ナトリウムー炭酸水素塩・塩化物低温泉
 温泉 34℃以上42℃未満 兵庫 六甲おとめ塚温泉 41.1℃
ナトリウムー炭酸水素塩・塩化物温泉
 高温泉 42℃以上 ひょうたん温泉 100.4℃
ナトリウムー塩化物泉

鉱泉分析法指針〜各施設の表示はいろいろです。特に42℃以上は高温泉ですが
            その表示どうり明記されてない場合もあります。