施設名 温泉名 メタケイ酸水素イオン量r メタケイ酸イオン メタケイ酸 溶存物質総量r/s 泉質名 測定pH 表示pH 泉温

分析年月日
花立山温泉
花立山温泉
福岡県 68 表示なし 表示なし 230 アルカリ性単純温泉 9.8 アルカリ性 表示なし
甘木市健康福祉会館 卑弥呼の湯 福岡県 54.8 表示なし 0 332.7 アルカリ性単純温泉 9.2
(2006)
9.7
(2011)
9.9 49℃ かけながし
ホテルグランスパアベニュ- 幸楽の湯 福岡県 51.0 表示なし 表示なし 201 アルカリ性単純温泉 9.7 10.0 30.4
椿温泉 椿温泉 和歌山県 50.4

308 アルカリ性単純温泉 9.3 9.9 31.4℃ かけ流し源泉風呂
リヴージュひきがわ 日置川温泉 和歌山県 41.5 表示なし 表示なし 217.2 アルカリ性単純温泉 9.9 10.3 38.1℃ かけ流し

平成10年5月19日
高田グリーンランド 雲取温泉 和歌山県 37.8 表示なし 表示なし 342 アルカリ性単純温泉 8.64 9.7 29.3℃ 加温

平成18年1月12日
蓬莱乃湯 勝浦温泉 和歌山県 37.0 表示なし 表示なし 228 アルカリ性単純温泉 6.7
再測定の予定
10.9 36.8℃ 平成19年5月8日
国際観光旅館富貴 椿温泉 和歌山県 35.16
表示なし 表示なし
単純硫黄泉 9.2 10.2 36℃ かけながし
神通温泉 神通温泉 和歌山県 25.2

183 単純温泉 8.4

9.21
(飲用)
10.5 21.2℃
千湯館 星乃岡温泉 愛媛県 4.9 表示なし 28.7 516 アルカリ性単純温泉 8.9 8.9 39.8℃ かけ流し
平成2年10月11日
湯の峰温泉くすり湯 湯の峰温泉 和歌山県 3.4 表示なし 162.8 1762.4 含硫黄ーナトリウムー炭酸水素塩・塩化物温泉 7.1 7.8 45℃ かけ流し
はまゆ 勝浦温泉 和歌山県 2.1 0 40.4 1468 含硫黄ーナトリウム・カルシウムー塩化物泉 6.2 8.2 43.6℃ かけ流し
あづまや 湯の峰温泉 和歌山県 1.8 表示なし 126.1 1651.8 含硫黄ーナトリウムー炭酸水素塩泉
8.27 7.7 91.5℃ かけ流し
夏山温泉 夏山温泉 和歌山県 0.3479 表示なし 表示なし 678以上1000未満 単純硫黄泉 8.86

かけ流し
渡瀬大露天風呂 渡瀬温泉 和歌山県 0.2 表示なし 99.9 1083 ナトリウムー炭酸水素塩・塩化物温泉 7.0 6.9 43.8℃ 加水・加温なし 消毒

 メタケイ酸水素イオンの多い温泉施設
  〜アルカリ性の温泉も多く肌スベスベになります。
    なぜか和歌山県の南部に目立ちますが、全国ほかにも地域別にみるとあるかもね。
    何しろ趣味の世界で調べてるだけ・・2007.10.25

  鉱泉分析法指針(環境省より抜粋) 平成14年4月(詳細)のイオン表作成の欄にありました。(2008.10.20)

   分析表の作成 8-4 弱電解質のチオ硫酸、リン酸、メタ亜ヒ酸およびヒ酸、メタケイ酸などこれらの成
   分について、それぞれの定量値から現地におけるpH測定値より計算します。
       
    現地のpH数値により下記のように計算するようです。
      pH 9.7未満         メタケイ酸 H2SiO3 
      pH 9.7以上11.7未満   メタケイ酸水素イオン HSiO3-  
      pH 11.77以上       メタケイ酸イオン SiO32-  
    
    下記については施設の分析表から掲載していますので、上記にあてはまるかどうかごらんください。
  

    



2007.10.19-2011.11.20更新

温泉の成分ごとの分類〜泉質分類のもとになるものです。
  (鉱泉分析法指針泉質名って・・どうしてつくの?・・ごらんください)

戻る

メタケイ酸水素イオンの多い温泉
     
HSiO3-

おまあ未湯ですが他にもおおいですね。

 和歌山県〜湯川温泉きよもん湯(12)   熊野川温泉さつき(2.2)   南紀勝浦
  山梨県〜裂石温泉 雲峰荘(ph9.9 メタケイ酸水素イオン30.1)