施設名 温泉名 メタホウ酸イオン量r ミリバルl 陰イオン総量
r/s
溶存物質総量r/s 泉質名 測定pH 表示pH 泉温
チムジルバンスパ神戸 須磨白川温泉 兵庫県 17.9 10.8 152.5 274.1 アルカリ性単純温泉 8.7 9.5 28.2
加温
健康福祉館 卑弥呼の湯 福岡県 17.4 6.84 237.2 332.7 アルカリ性単純温泉 9.2 9.9 49.度℃
源泉かけながし
媛彦温泉
伊予宝塚温泉 愛媛県
17.2

140.1
437.2

アルカリ性単純温泉
9.2 9.2 33.4℃
加温 循環
千湯館
星乃岡温泉 愛媛県 4.4
317.3 516 アルカリ性単純温泉 8.9 8.9
39.8℃
源泉かけ流し
榊原温泉湯の庄 榊原温泉 三重県
3.7 2.3 169.1 310 アルカリ性単純温泉 9.7 表示なし 32.2℃でかけ流し

メタホウ酸イオンの多い温泉施設・・pH9以上になるとなるほどというぐらいに成分構成が想像つきますね。
                       感じたことから・・2010.5.21

    



2008.2.3-2010.5.21更新

温泉の成分ごとの分類〜泉質分類のもとになるものです。
  (鉱泉分析法指針泉質名って・・どうしてつくの?・・ごらんください)

戻る

メタホウ酸イオンの多い温泉