住所:大阪府茨木市清水1-30-7
пF072-643-4126
入湯時間:9:00-翌午前2:00
       土日祝 6:00-翌午前2:00
入湯料金:700円 チムジルバン700円
-----------------------
源泉名:天然温泉 すみれの湯
泉質名:ナトリウム・カルシウムー塩化物温泉
    [低張性 弱アルカリ性 低温泉]
pH:7.7 (試験室7.7)
泉温:29.4℃ →42℃で調整
色:黄色土色 混濁 無臭 淡塩味
掘削:地下1000メートルから
沸出量:
湯の提供:源泉かけ流し循環方式 塩素系消毒 
      加温あり 加水なし
ラドン:なし
効能:切り傷 やけど 慢性消化器病

分析;2007.12.15分析
公式サイト→こちらです

調査浴槽データー:2008.6.22(日)

 露天源泉風呂  pH:7.3
 露天の天然温泉  pH:7.1
 内湯の人工炭酸泉 pH:5.6  
コメント
 「温泉博士」本の無料でいきました。源泉かけ流しということでの温泉ですが、消毒、加温、循環ですので残念でした。大阪にも源泉かけ流しがあるのかと・・大阪府条例で消毒とか・・
 靴の鍵とひきかえにリストバンド(食堂など利用・・)、脱衣の鍵は2階に行きあります。女性の室内にはいるとすぐ化粧コーナーがあり、右が脱衣場です。

地下1000メートルからの源泉ということでうすい透明感のある褐色系の温泉です。内湯には人工の炭酸泉やジャグジー風呂などありますが、塩素のにおいはしますね。人工炭酸泉はいつもそうですが弱酸性pH5前後ですね。そして肌にはプツプツあわ粒で気持ちいいね。

 露天風呂は源泉風呂、天然温泉、つぼ湯とあります。源泉風呂では岩などからの湯口があるかと思えば浴槽の横から暖かい湯がでてますね。うすい透明感のある褐色系ですね。
 天然温泉の浴槽には大きなテレビがあります。

 施設そのものは岩盤浴の韓国版「爽健美汗」というチムジルバンがありこちらでもたのしめるようですね。そのほか食事もお安くありそうですが、食堂と、ロビーのしきりがないのでね。2階にはたたみの休憩場があります。まんが本読み放題はいいね。

 
アクセス:
 茨木ICより車で5分です。171号線沿いです。大阪モノレール彩都線「豊川駅」から北へ進み、清水交差点を右へ50m、徒歩5分です。

 2階の浴場です。同じフロアには漫画本もある休憩場です。
フロアの奥が食堂です

すみれの湯

戻る

2008.6.22-2009.9.6.更新

 温泉分析書より  分析 2007.12.15  発行 2008.1.7
   源泉名  天然温泉 すみれの湯
   泉質名  ナトリウム・カルシウムー塩化物温泉
   pH     7.7
      泉温   29.4℃
   効能 
溶存物質総量(ガス性のものを除く)    3676.3r/s
  温泉の判定  1000r以上で温泉
  療養泉     1000r以上で療養泉  
成分総量                     3700.2r/s

泉質名のつけ方
 @溶存物質総量1000r以上→塩類泉として赤字のミリバルパーセント20l以上の成分を「泉質名」に入れてつけることができます。
陽イオンの20ミリバルl成分名、次に陰イオン名の20ミリバルlそれぞれ多い順につけます。
 →炭酸水素塩泉 塩化物泉 硫酸塩泉

 →療養泉としての成分が含まれている場合はその[成分名」を前につけます。酸性 含硫黄 含鉄 含アルミニウムとなります。

 A溶存物質総量1000r/s以下
  →療養泉としての成分が含まれている→二酸化炭素泉 含鉄泉 含アルミニウム泉 含銅ー鉄泉
                          硫黄泉 酸性泉 放射能泉

  →療養泉としての成分が含まれていない・泉温25℃以上→単純温泉

陽イオン 陰イオン
成分(温泉法上の量( )内の数値は療養泉です) r ミリバル ミリバルl 成分(温泉法上の量 ( ) 内の数値は療養泉です   r ミリバル ミリバルl
水素イオン 1r(1rで酸性泉) 
 
 

フッ素イオン 2r F- 0.2 0.01 0.02
リチウムイオン 1r Li
+



ヨウ素イオン 1r T 0.6 0 0
ストロンチウムイオン 10r 2.5 0.06 0.10 臭素イオン 5r Br- 4.1 0.05 0.08
ナトリウムイオン Na+ 883.9 38.45 61.48 塩素イオン Cl- 2014.4 56.82 91.59
カリウムイオン K+ 8.0 0.2 0.32 硫化水素イオン HS-


マグネシウムイオンMg2+ 127.8 10.52 16.82 チオ硫酸イオンS2O32


カルシウムイオン Ca2+ 255.7 12.76 20.4 硫酸イオン  SO4 2- 6.8 0.14 0.23
マンガン(U)イオン 10r
Mn2+
0.3 0.01 0.02 硫酸水素イオン  HSO4 -


鉄(U)イオン U+Vで10r(30rで鉄泉) Fe2+ 8.5 0.3 0.48 炭酸水素イオン
HCO3-
305 5 .06
鉄(V)イオン Fe3+


炭酸イオン CO32-


銅(U)イオン (1r)で銅泉


硝酸イオン NO3- 1.0 0.02 0.03
アルミニウムイオン (100r)
Al3+
0.3 0.03 0.05 ヒドロヒ酸イオン 1.3以上
HAsO42-



バリウムイオン 5r Ba2+ 2.5 0.04 0.06 メタケイ酸水素イオン


アンモニウム ン NH4+ 2.9 0.16 0.26 メタケイ酸イオン






水酸イオン OH-







リン酸一水素イオン



合計 1292.6 62.54 100 合計 2332.1 62.04 100




非解離成分 遊離成分
 成分 r ミリモル
  成分 r ミリモル
メタケイ酸 50r以上  HSiO3 39.3 0.5
遊離二酸化炭素 250r(1000r以上)   CO2 23.9 0.54
メタホウ酸 5r以上
HBO2
12.2 0.28
遊離硫化水素  H2S


メタ亜ヒ酸 0.1

溶存ガス成分計 23.9 0.54
非解離成分計 51.6 0.78




 硫黄分(再掲)
  
硫化水素、チオ硫酸イオン、遊離硫化水素の硫黄に対応する合計で1r以上で温泉法上の温泉です。  計2mgで療養泉です。r/sであり「含硫黄」と泉質名の陽イオンの前につけます。
 硫黄分 (再掲) r 内S分







硫化水素イオンHS-

×0.97=
チオ硫酸イオンS2O32-
×0.267=
硫化水素  H2S
×0.941=
合計