住所:大阪市住之江区北加賀屋3-5-37
пF06-4702-4126
入湯時間:10:00-翌2:00 無休
入湯料金:700円(土日祝750円) 

      -----------------------
源泉名:正楽明生の湯
泉質名:単純温泉
      [低張性 中性 低温泉]

pH:7.4(試験室 7.31)
泉温:28.2℃
色:僅微無色 僅砂沈殿あり
湧出量:420g/s
適応症:神経痛 筋肉痛 五十肩 疲労回復

公式サイト→こちらです

調査浴槽データー:2008.11.9(日)
 浴槽 pH:7.8
 湯口 pH:8.2  
 

鉱泉分析法指針にて6以上7.5未満は中性です。

コメント:
 「温泉博士」で無料入浴です。こちらは施設内で温泉が湧出しており、加水なしの温泉です。
単純温泉であり、あまり期待せずにいきましたが、ただ「死海風呂」が楽しみでね。しかし奇数日は男性とかで残念でした。常連の方に聞くと、年配には危ない・・とか
 駐車場での券は持参し、まず靴箱から・・100円を扉の内側にいれるからややこしいです。これは脱衣場でも同じです。施設内はマッサージや食事処などあります。まずは食事ですが、いつもよく行きます「上方温泉一休」と似てますね。まずまず・・
 温泉は内湯にジャグジー、サウナ、露天も寝湯やうたせ湯などあります。少し色がついてるような・・特段特長がないですね。
 温泉成分表を探してたら、フロントに掲示、その後公式サイトで掲載していました。アンモニウムイオンが目立ち確かめたら、それに間違いなくて・・それが温泉のにおいに影響してるのやらあまり感じませんでした。

アクセス:
 地下鉄四ツ橋線『北加賀屋駅』4番出口を出て右に『北加賀屋交差点』から西へ渡って北に進み、二つ目を左折です。車は兵庫から43号線で津守で左折です。

 広い駐車場です。駐車券を忘れずに
  温泉成分表はフロントです。
 
 天然温泉です
 ボリュームがあり黒そばのちゃんぽんです。食事は上方温泉 よく似ていますね。
 

くつろぎの湯 湯楽

HP

2008.11.9更新

 温泉分析書より
   温泉名  正楽明生の湯
   泉質名  単純温泉
   pH     7.4
      泉温    28.2℃
   効能 
溶存物質総量(ガス性のものを除く)    463r/s
  温泉の判定  1000r以上で温泉
  療養泉     1000r以上で療養泉  
成分総量                    480r/s

泉質名のつけ方
 @溶存物質総量1000r以上→塩類泉として赤字のミリバルパーセント20l以上の成分を「泉質名」に入れてつけることができます。
陽イオンの20ミリバルl成分名、次に陰イオン名の20ミリバルlそれぞれ多い順につけます。
 →炭酸水素塩泉 塩化物泉 硫酸塩泉

 →療養泉としての成分が含まれている場合はその[成分名」を前につけます。酸性 含硫黄 含鉄 含アルミニウムとなります。

 A溶存物質総量1000r/s以下
  →療養泉としての成分が含まれている→二酸化炭素泉 含鉄泉 含アルミニウム泉 含銅ー鉄泉
                          硫黄泉 酸性泉 放射能泉

  →療養泉としての成分が含まれていない・泉温25℃以上→単純温泉

陽イオン 陰イオン
成分(温泉法上の量( )内の数値は療養泉です) r ミリバル ミリバルl 成分(温泉法上の量 ( ) 内の数値は療養泉です   r ミリバル ミリバルl
水素イオン 1r(1rで酸性泉) 
 
 

フッ素イオン 2r F- 0.1 0.01 0.21
リチウムイオン 1r Li
+



ヨウ素イオン 1r T


ストロンチウムイオン 10r


臭素イオン 5r Br-


ナトリウムイオン Na+ 60.5 2.63 55.6 塩素イオン Cl- 5.5 0.16 3.29
カリウムイオン K+ 13 0.33 6.98 硫化水素イオン HS- 0.1 0 0
マグネシウムイオンMg2+ 5.5 0.45 9.51 チオ硫酸イオンS2O32


カルシウムイオン Ca2+ 8.1 0.4 8.46 硫酸イオン  SO4 2- 0.1以下 0 0
マンガン(U)イオン 10r
Mn2+
0.2 0.01 0.21 硫酸水素イオン  HSO4 -


鉄(U)イオン U+Vで10r(30rで鉄泉) Fe2+ 1.0 0.04 0.85 炭酸水素イオン 重炭酸ソーダ340r以上 HCO3- 285.6 4.68 96.3
鉄(V)イオン Fe3+


炭酸イオン CO32- 0.3 0.01 0.21
銅(U)イオン (1r)で銅泉


硝酸イオン NO3-


アルミニウムイオン (100r)
Al3+
0.3 0.03 0.63 ヒドロヒ酸イオン 1.3以上
HAsO42-



バリウムイオン 5r Ba2+


メタケイ酸水素イオン


アンモニウム ン NH4+ 15.1 0.84 17.76 メタケイ酸イオン






水酸イオン OH-






リン酸一水素イオン


合計 103.7 4.73 100 合計 291.6 4.86 100




非解離成分 遊離成分
 成分 r ミリモル
  成分 r ミリモル
メタケイ酸 50r以上  HSiO3 67.9 0.87
遊離二酸化炭素 250r(1000r以上)   CO2 16.7 0..38
メタホウ酸 5r以上
HBO2
0.2 1
遊離硫化水素  H2S 0.1以下

メタ亜ヒ酸


溶存ガス成分計 16.7 0.38
非解離成分計






 硫黄分(再掲)
  
硫化水素、チオ硫酸イオン、遊離硫化水素の硫黄に対応する合計で1r以上で温泉法上の温泉です。  計2mgで療養泉です。r/sであり「含硫黄」と泉質名の陽イオンの前につけます。
 硫黄分 (再掲) r 内S分







硫化水素イオンHS-

×0.97=
チオ硫酸イオンS2O32-
×0.267=
硫化水素  H2S
×0.941=
合計