住所:大阪府堺市堺区中之町東3丁1番25号
пF072-221-4555
入湯時間 入湯料金:
 男性 24時間営業 1500円
    深夜になると1000円まし
 女性 9:00-翌3:00
    1500円

-----------------------
源泉名:南宗のお湯
泉質名:単純温泉
     低張性 弱アルカリ性 高温泉

pH:8.0 [試験室 8.01]
泉温:45.6℃
色:無色透明ほとんど無臭
  みた目は色がすこしついてます。
ラドン:なし
効能:疲労回復

公式サイト→こちらです

調査浴槽データー:2008.7.5(土)

  かけながし内湯[女性]  pH 7.9 泉温 44.4℃   あとで測定7.8
  ジャグジー          pH 8.2
コメント:
 源泉かけながし・・という公式サイトで来ましたが・・・大阪府の条例で塩素系薬剤で消毒です。
以前ある温泉愛好家のあつまりでこの温泉を選ばれたので、以前から気になってました。
それで夜遅くにおじゃまです。
 まず女性は翌三時までに出ます。それでも朝9時からお邪魔したとしても1500円は安いかな。
男性は12時を回ると1000円ましです。

 温泉は3階が女性、大きな内湯にざーざーとお湯がながれます。「南宗のお湯」とかいてます。
温度は熱い目ですが加温なしです。ただ消毒とかかいてますが、あまり塩素のにおいはありま
せん。肌へのあたりは炭酸水素イオンも330とあり、美人の湯なんでしょう。
 浴槽のそこでは吸引のふたがありましたからここでろ過かな
浴槽にはあ絣あかすり、各種のサウナもあります。

 

 3階はレストランがあります。本日はラーメン類が850円が380円とお安く、美味しくいただき
ました。
 さてこちらは翌3時までですので、仮眠の場所ですが、リックスソファが4台ほどですね。男性
のフロアも見学にいきましたが、それぞれのソファにテレビがあるということはありません。

 そのほか、プールもあります。また室内二次半期に自販機で温泉水も200円で販売しています。



アクセス:
 堺出口下車。安井町の交差点を右折しフェ二ックス通りを約100m直進。 右手デニーズの交差
点を左折し約30mで左にあります。無料に駐車場はありますが、立体の駐車場は午前2時に閉ま
るので、途中出る方は隣のある駐車場がいいでしょう。
 南海堺東駅より徒歩15分です。

 食堂です・・ 
 温泉分析表です

 自宅で残留塩素を調べました。


 左・・浴槽のジャグジー
    消毒は濃いですね。
    一リットルにつき0.4ミリグラム以上

 右・・源泉かけながし


 源泉かけ流しと標榜していますが、衛生
管理上消毒、ろ過器とうしてるとかいてます。

サウナ&温泉プール
   コパーナ

戻る

2008.7.6-更新

 温泉分析書より  平成17年6月29日調査
   温泉名   南宗のお湯
   泉質名   単純温泉
   pH      8.0 [試験室 8.01]
      泉温     45.6℃
   効能 
溶存物質総量(ガス性のものを除く)    904r/s
  温泉の判定  1000r以上で温泉
  療養泉     1000r以上で療養泉  
成分総量                     908r/s

泉質名のつけ方
 @溶存物質総量1000r以上→塩類泉として赤字のミリバルパーセント20l以上の成分を「泉質名」に入れてつけることができます。
陽イオンの20ミリバルl成分名、次に陰イオン名の20ミリバルlそれぞれ多い順につけます。
 →炭酸水素塩泉 塩化物泉 硫酸塩泉

 →療養泉としての成分が含まれている場合はその[成分名」を前につけます。酸性 含硫黄 含鉄 含アルミニウムとなります。

 A溶存物質総量1000r/s以下
  →療養泉としての成分が含まれている→二酸化炭素泉 含鉄泉 含アルミニウム泉 含銅ー鉄泉
                          硫黄泉 酸性泉 放射能泉

  →療養泉としての成分が含まれていない・泉温25℃以上→単純温泉

陽イオン 陰イオン
成分(温泉法上の量( )内の数値は療養泉です) r ミリバル ミリバルl 成分(温泉法上の量 ( ) 内の数値は療養泉です   r ミリバル ミリバルl
水素イオン 1r(1rで酸性泉) 
 
 

フッ素イオン 2r F- 0.08

リチウムイオン 1r Li
+



ヨウ素イオン 1r T


ストロンチウムイオン 10r


臭素イオン 5r Br-


ナトリウムイオン Na+ 249.3 10.84 88.13 塩素イオン Cl- 229.7 6.48 54.14
カリウムイオン K+ 3.5 0.09 0.79 硫化水素イオン HS- <0.1
マグネシウムイオンMg2+ 2.5 0.21 1.71 チオ硫酸イオンS2O32


カルシウムイオン Ca2+ 18.9 0.94 7.64 硫酸イオン  SO4 2- 0.3 0.01 0.08
マンガン(U)イオン 10r
Mn2+
0.09

硫酸水素イオン  HSO4 -


鉄(U)イオン U+Vで10r(30rで鉄泉) Fe2+ 1.4 0.05 0.41 炭酸水素イオン  HCO3- 331.3 5.43 45.36
鉄(V)イオン Fe3+


炭酸イオン CO32- 1.2 0.04 0.33
銅(U)イオン (1r)で銅泉


硝酸イオン NO3-


アルミニウムイオン (100r)
Al3+
0.7 0.08 0.65 ヒドロヒ酸イオン 1.3以上
HAsO42-



バリウムイオン 5r Ba2+


メタケイ酸水素イオン


アンモニウム ン NH4+ 1.6 0.09 0.73 メタケイ酸イオン






水酸イオン OH-






リン酸水素イオン 0.4 0.01 0.08
合計 277.9 12.3 100 合計 562.9 11.97 100




非解離成分 遊離成分
 成分 r ミリモル
  成分 r ミリモル
メタケイ酸 50r以上  HSiO3 62.5 0.8
遊離二酸化炭素 250r(1000r以上)   CO2 4.0 0.09
メタホウ酸 5r以上
HBO2
0.8 0.2
遊離硫化水素  H2S 0.1.−
メタ亜ヒ酸


溶存ガス成分計 4 0.09
非解離成分計 63.3 0.82




 硫黄分(再掲)
  
硫化水素、チオ硫酸イオン、遊離硫化水素の硫黄に対応する合計で1r以上で温泉法上の温泉です。  計2mgで療養泉です。r/sであり「含硫黄」と泉質名の陽イオンの前につけます。
 硫黄分 (再掲) r 内S分







硫化水素イオンHS-
×0.97=
チオ硫酸イオンS2O32-
×0.267=
硫化水素  H2S
×0.941=
合計