住所:大阪市天王寺区筆ヶ崎町6-36
пF06-6771-2601
入湯時間:今は10-20:00 
入湯料金:今は2100円 会員1050円
-----------------------
漢方薬湯
 黄色ぽい褐色かな


効能:腰痛 冷え性 風邪など
調査浴槽データー:
 pH:4.7    2005.8.15(月) 
 pH:4.5         2006.3.8(水)
 pH:3.9    2006.11.29(水)

 pH3-6未満は鉱泉法指針では弱酸性と分類されてます。

 もちろん、塩素なんて含まれてません。(下図)
コメント:
 こちらは温泉ではありませんがとにかく、弱酸性ということでは驚きの湯です。
そのうちに、2006.11.30日に閉店と知りました。
漢方湯というおもしろさがいいのですがね。最近は100歳まで長生きしたいものですのでプールにもかようおまあですが、やはりこの漢方湯はいいですね。ブレンドされたお湯の配合、また何処かで開店してほしいですね。大阪には黎明園という漢方湯もまだありますがね。

 3回階建ての建物は、1階は受付、健康食品販売、2階は漢方湯です。まず、白湯にはいり、体も洗い、その後、サウナ、漢方湯を3回繰り返します。漢方湯にはさまざまな薬草がブレンドされましてね。鼻につ〜んときますが、それがまたいいんです。体の粘膜の弱いところにはほんとに痛い・・体全体が赤くなりますよ ヒリヒリ・・
それでも体は熱くなるけど、汗はかかないですよね。漢方茶もね。

3階ではお鍋がありセっトで2650円で楽しめたものです。
まもなく閉店ですが、体験されるといいですね。最近はやりの岩盤浴もいいですが、なぜこの漢方湯がスーパー銭湯で別料金でも入れるそんなスタイルの・・何処かでほしいね。

 2006.11.29(水)再訪です。
あと1日で閉店・・前日はとてもお客さまも多いですね。
皆さんが「今日は濃〜いね」と話されるぐらいに、pH測定も3.9とかなりの弱酸性でしたね。漢方の薬草が多いので多分数値がさがるのでしょうね。

午後7時半にはお湯も抜かれましたが、惜しむように皆さんつかりました。私も漢方湯が注がれるところにすわり、肩にあてながらいい気持ちでした。

健康食品などは半額ちかい金額で購入できましたね。
ひりひり、ぽかぽかと・・わたしもこんな人間にならなきゃね。
アクセス:
 
JR鶴橋駅より、歩いて12分ぐらいです。


ピンク色の染まれば塩素が含まれます。
うすい黄色は漢方湯の色です。

ヘルスライフ大阪

2006.11.02-200611.30更新

戻る












2006.11.30(木)で閉店です

   閉店の1日前のともし火です    漢方など購入できます。
  食堂は3階です    麦とろろご飯定食

2006.11.29閉店前のお写真です