溶存物質総量(ガス性のものを除く)
  温泉の判定  1000r以上で温泉
  療養泉     1000r以上で療養泉  
     こちらの溶存物質総量は1444.r/sです。
               成分総量は1474r/sです。
 
赤字のミリバルパーセント20l以上により「泉質名」にこの成分を入れてつけることができます。

硫化水素、チオ硫酸イオン、遊離硫酸合計で1r以上で温泉法上の温泉です。  計2mgで療養泉です。

ミリモルは各成分のミリグラム値をその分子量で除するしたものです。
成分 r ミリモル
遊離二酸化炭素 250r(1000r以上)
 
遊離硫化水素  
 
溶存ガス成分計  
 
 成分 r ミリモル
メタケイ酸 50r以上 85.9
メタホウ酸 5r以上 3.2
メタ亜ヒ酸

非解離成分計 89.1
陽イオン 陰イオン
成分(温泉法上の量( )内の数値は療養泉です) r ミリバル ミリバルl 成分(温泉法上の量 ( ) 内の数値は療養泉です   r ミリバル ミリバルl
水素イオン 1r(1rで酸性泉)
 
 

フッ素イオン 2r 0.6 0.03 0.43
リチウムイオン 1r 0.2

0.03

0.41
ヨウ素イオン 1r


ストロンチウムイオン 10r
0.1

0.00

0.03
臭素イオン 5r 1 0 0.02
ナトリウムイオン 156 6.74 95.58 塩素イオン 59 1.66 22.4
カリウムイオン 2.2 0.06 0.18 硫化水素イオン


カルシウムイオン 4.5 0.22 3.18 硫酸イオン 49.3

1.03

13.82
マグネシウムイオン


硫酸水素イオン


アルミニウムイオン (100r)


炭酸水素イオン 重炭酸ソーダ340r以上 195 3.2 43.02
鉄(U)イオン U+Vで10r(30rで鉄泉)


炭酸イオン 45.1 1.5 20.33
鉄(V)イオン


硝酸イオン


銅(U)イオン (1r)で銅泉


ヒドロヒ酸イオン 1.3以上


バリウムイオン 5r


水酸イオン 0.1 0.01 0.08
マンガン(U)イオン 10r


メタケイ酸イオン


アンモニウム






合計 162 7.05 100 合計 141.2 3.63 100
住所:大分県
пF
時間:時 年中無休
料金:
-----------------------
源泉名:九酔渓温泉 桂茶屋
泉質名:ナトリウムー炭酸水素塩泉
pH:7.8 (試験室 ) 
泉温:51.49℃
湧出量:g
色:無味無臭
効能:神経痛 筋肉痛 五十肩 運動麻痺


源泉名:九酔渓温泉 二匹の鬼
泉質名:ナトリウム・カルシウム・マグネシウムー炭酸水素塩泉
pH:6.9
泉温:45.8℃
調査浴槽データー:
  2007.4.30(日)午後1時ごろ
    pH:7.6(表示 7.8) 薄グリーンの温泉です 九酔渓温泉桂茶屋

    pH;:
6.8(表示 6..9) 右の褐色系の温泉です 九酔渓温泉 二匹の鬼
      
コメント:
 以前からロケーションのいい温泉・・たしかによかったです。200円で・・
下のお写真だけをみると、イメージが変わるのですが、まず温泉施設よりも山の上にある旅館で入浴料を支払います。貸切と普通の風呂があります。風呂は九酔渓の絶壁のような温泉の下は崖というようなところにあります。危なくはありません。男女別ですが開放的な露天風呂です。
 多くの観光客がつり橋に・・あまり九酔渓温泉にはいかないようですが・・貸切風呂もあります。

 温泉はぬるい目が九酔渓温泉 二匹の鬼です。
 適温の二つの浴槽がありかけ流しです。冬は寒いかな・・



アクセス:
 長者原から別府に向けてあります。


  桂茶屋 源泉です
  二匹の鬼 源泉かけながしです




 

左の桂茶屋のpHが7.6です
 




九酔渓温泉

戻る

2007.5.4更新

温泉成分表