住所:大分県別府市小倉6
 пF0977-66-0863
 入湯時間:8:00-12:00
 入湯料金:800円


 泥湯
 




温泉:坊主地獄から
泉質名:
pH:
泉温:
色:グレー
適応症:皮膚病 疲労回復
 




 
 調査浴槽データー


   2005.3.201(日) pH:5.4 外の泥湯の測定です。

   2009.2.28(土) 
      鉱泥湯    pH 5.8   泉温 45℃
      ブルーがかる透明の湯   pH 6.2   泉温 43℃

     鉱泉分析法指針によるとpH3〜6未満は弱酸性です。

   
 
コメント


 2005.3.20

 鉄輪の海地獄のそばにあります。療養施設のような・・でもこの日は凄い人が多く、・・
まず、透明の湯に入り・・次にグレーの泥湯です。外の露天で、10人ははいれますが、この暖かさがいいです。ぜひ、体験を!
 8人ぐらいが泥湯のなかにはいり、すわると係の方が泥湯を長い棒で時々かきまぜていますね。
 泥湯とか漢方湯は弱酸性ですね。もう一度入りたいね。

 2009.3.28(土)
 こちらの温泉分析書を求めて再訪です。まず受付からはいると声を何度かけても誰もいなくて、それでもあいてますのであとから料金を支払うこととしてはいりました。なんだか前と違います。ロビーというか明るくなってますね。
 まず入ることに・・本日も10湯ぐらい目標ですのでね。以前は人が多くて・・今回はひとり泥湯におられましたが、そのうち出られて・・私一人です。もっと多いかとおもいましたが・・・撮影禁止という掲示がありましたのでそういう場では映しませんが、どなたもいないのでレポ用にだけ撮影させていただきました。
 最初に青みがかる温泉浴槽は案外深くて、ここは男性と仕切りでくぎられてます。まずここに入ります。その後グレー色の泥湯のある浴槽です。座るにはちょうど良い深さで泥湯の出てる湯口は少々あついですね。泥は滑らかで体にすべすべです。入りすぎてはいけないので浴槽からでると体が真赤・・・・そばにある木製の椅子にすわり休憩です。泥湯のそばにはもうひとつ浴槽があり体にかけては休憩してくりかえすといいでしょう。そのうち係の方が来られました。
 ところで私の記憶では細かい温泉成分表が掲示してたような・・どこにもありません。ひと組の来訪者とここの温泉のことをはなされてますのであえて聞きませんでした。むしろいつか掲載されることを待つことに・・・朝久しぶりに入湯しました「駅前高等温泉」も以前は簡単な温泉表示もきちんと掲載されてましたのでね。
 療養目的の方が多いとか・・皆さんに迷惑にならないように配慮したいです。



 アクセス
 大分自動車道別府ICより県道11号線経由し3kmです。坊主地獄の駐車場にあります。




 写真集
 
 pH 5.8です

 女性浴室は外です


 泥湯隣にはかかり湯です
 明るく広いです


 誰もいなくて
 2005年撮影です

鉱泥温泉

2005.11-2009.3.9更新

戻る