溶存物質総量(ガス性のものを除く)
  温泉の判定  1000r以上で温泉
  療養泉     1000r以上で療養泉  
     こちらの溶存物質総量は395.33.r/sです。
               成分総量は398.168r/sです。

  硫黄泉とは・・下記の硫黄の元素合計が1r/sで温泉、2r/s以上で療養泉です
    硫化水素イオン   含まず
    チオ硫酸イオン   含まず
    遊離硫化水素    2.838r×0.941=2.670 療養泉の2r/s以上です

    溶存物質総量395.33r/sであり1000r/s未満、および、硫化水素を含みます
    ので、硫黄泉「硫化水素型」となります
 
溶存物質総量1000r/s未満ですので「単純温泉」となります。そして、療養泉としての「硫黄」を2r/s以上ふくみますので表示は「単純硫化水素泉」となります。

硫化水素、チオ硫酸イオン、遊離硫化水素の硫黄元素の合計で1r以上で温泉法上の温泉です。  計2mgで療養泉です。

ミリモルは各成分のミリグラム値をその分子量で除するしたものです。
成分 r ミリモル
遊離二酸化炭素 250r(1000r以上)
 
遊離硫化水素 2.838  
溶存ガス成分計 2.838  
 成分 r ミリモル
メタケイ酸 50r以上 117.2  
メタホウ酸 5r以上
 
メタ亜ヒ酸
 
非解離成分計 117.2  
陽イオン 陰イオン
成分(温泉法上の量( )内の数値は療養泉です) r ミリバル ミリバルl 成分(温泉法上の量 ( ) 内の数値は療養泉です   r ミリバル ミリバルl
水素イオン 1r(1rで酸性泉) 0.05 0.05 1.19 フッ素イオン 2r


リチウムイオン 1r


ヨウ素イオン 1r


ストロンチウムイオン 10r


臭素イオン 5r


ナトリウムイオン 27.74 1.204 28.61 塩素イオン 22.09 0.6230 14.62
カリウムイオン 2.83 0.0724 1.72 水硫イオン 0.006 0.0002 0.00
カルシウムイオン 38.84 7.938 45.96 硫酸イオン 174.6
85.31
マグネシウムイオン 10.85 0.8923 21.16 硫酸水素イオン


アルミニウムイオン (100r) 0.30 0.0337 0.80 炭酸水素イオン 重炭酸ソーダ340r以上 0.29 0.0030 0.07
鉄(U)イオン U+Vで10r(30rで鉄泉)


炭酸イオン


鉄(V)イオン 0.28 0.015 0.35 硝酸イオン


銅(U)イオン (1r)で銅泉


ヒドロヒ酸イオン 1.3以上


バリウムイオン 5r


水酸イオン


マンガン(U)イオン 10r 0.24 0.0087 0.21 メタケイ酸イオン


アンモニウム






合計 81.13 4.217 100 合計 197 4.262 100
住所:大分県玖珠郡九重町田野257
пF09737-9-2124
時間:9:00-17:00
料金:500円
-----------------------
源泉名:寒の地獄
泉質名:単純硫化水素泉
     [緊張性低張生冷鉱泉]
pH:4.3 (試験室 4.3) 
泉温:14℃
湧出量:g 昭和32.5.7より
ラドン:測定せず
色:無色透明
効能:心臓弁膜症 慢性関節リュウマチ 糖尿病 
飲用:常習便秘

検査:平成16年8月10日

公式サイト→こちらです

調査浴槽データー:
  2007.4.29(月)午前11時ごろ
    pH:4.9

 
 弱酸性の温泉です

コメント:
 所謂水着ではいる下図[右]の温泉は7-9月ですので、日々入浴できる女性用にはいりました。
女性用には上の写真の源泉風呂と、下の写真図[左]の加温風呂があります。
 冷泉の源泉はありますので、冷たいながら入湯です。
冷たいけど,キシっとしますね。おまあ入湯歴の弱酸性のおすすめにいれたいです。pH4.9という冷泉はあまりないですからね。こちらには九重の「山恵の湯」がありますが、pH2.1ですのでまた違います。

 泉質的には、遊離硫化水素だけでも2r/s以上含み、療養泉となります。

 以前お写真でこちらを拝見しイメージだけでしたが、やはりお邪魔するほうがいいですね。和風のいいお宿ですね。

 、


 

 
アクセス:
 九重の長者春温泉センターのある中継地からちかくです。いわゆる飯田高原にはおおいですね。



  加温してます

  源泉の7-9月にはいるところです。




 
 脱衣場です
 冷泉は水着の混浴です




 冷泉はpH 4.9の測定数値です


冷泉棟は天井も高く、緑色の冷泉はシーンと
そして手前の飲用の水はゴーゴーと・・
その水は硫黄の香りがしてとてもおいしいです。




 温泉成分表の掲示です
  静けさが心あらわれるようです




  女性風呂です
冷泉棟はこんな様子です




 温泉棟です

 宿泊もいいね・・






 温泉棟と冷泉棟の間にあります
 是非およりくださいね。


寒の地獄旅館

戻る

2007.5.6-2008.7.25更新

温泉成分表