成分の組成

住所:大分県別府市鉄輪335-1
пF0977-66-1121
入湯時間:14-21時
入湯料金:800円[2005.12.31は1000円]

-----------------------
温泉:鬼山地獄からの引き湯:
泉質名:ナトリウム-塩化物泉
     [低張性弱酸性高温泉]
pH:4.5
泉温:82.6℃
色:無色澄明 弱塩味 うすい色はついてます
効能:リウマチ 運動障害
調査浴槽データー
  2005.3.20(日) 測定できずでした。
  2005.12.31.(土) 内湯の湯口より pH6.7
  2006.1.2(月) 内湯の湯口より pH6.7 内湯の浴槽より pH7.0

   源泉率の表示通り、温度が高いため加水、そのため当然pHもかわります。源泉は弱酸性のpH4.5です  が、加水しますので、水道水のpH7..2ぐらいに近くなります。温泉カルテでやっとpH測定値との数字にも  納得できました。
コメント:
 鬼山地獄の温泉を感じるにはここの温泉です。ホテルは大きいし、広いし、露天風呂もいいです。
ぜひ、立ち寄りましょうね。ここの温泉も弱酸性の温泉です。・・昨年のレポです。

 2005.12.31再訪より
 新しく、「温泉カルテ」が表示されてました。源泉と浴槽の成分がそれぞれ測定した数値です。そして源泉率なるものも表示してあり、ココは源泉率42パーセントであると・・
 当然pHもかわりますので、やっと納得できた感じです。

アクセス
 鉄輪のバス停から九州横断道路にでて北に上がるとあります。7分ぐらいです。車ならいで湯坂から駐車場に入るとフロントに近い。表からはちょうどお客さんがつく頃になると、立ち寄りは断られることがあります。
 
 内湯です 2006..1.2
 
脱衣場です

戻る

 2006.2.2-2007.1.10

おにやまホテル

溶存物質総量(ガス性のものを除く)
  温泉の判定  1000r以上で温泉
  療養泉     1000r以上で療養泉  こちらの溶存物質総量はr/sです。
                                                              成分総量はr/sです。
 
赤字のミリバルパーセント20l以上により「泉質名」にこの成分を入れてつけることができます。

硫化水素、チオ硫酸イオン、遊離硫酸合計で1r以上で温泉法上の温泉です。  計2mgで療養泉です。

ミリモルは各成分のミリグラム値をその分子量で除するしたものです。
成分 r ミリモル
遊離二酸化炭素 250r(1000r以上) 14.1  
遊離硫化水素 0.1  
溶存ガス成分計 14.2  
 成分 r ミリモル
メタケイ酸 50r以上
 
メタホウ酸 5r以上
 
メタ亜ヒ酸
 
非解離成分計
 
陽イオン 陰イオン
成分(温泉法上の量( )内の数値は療養泉です) r ミリバル ミリバルl 成分(温泉法上の量 ( ) 内の数値は療養泉です   r ミリバル ミリバルl
水素イオン 1r(1rで酸性泉)
 
 

フッ素イオン 2r 3.0 0.16 0.27
リチウムイオン 1r 8.1 1.17 1.92 ヨウ素イオン 1r


ストロンチウムイオン 10r  


臭素イオン 5r 7.6 0.1 0.17
ナトリウムイオン 1226  53.33 87.56 塩素イオン 1879 53 88.51
カリウムイオン 171 4.37 7.17 硫化水素イオン


カルシウムイオン 32.5 1.62 2.66 硫酸イオン 315 6.56 10.96
マグネシウムイオン 3.9  0.32 0.53 硫酸水素イオン 0.4 0 0
アルミニウムイオン (100r) 0.1  0.01  0.02 炭酸水素イオン 重炭酸ソーダ340r以上 3.0 0.05 0
鉄(U)イオン U+Vで10r(30rで鉄泉) 0.2  0.01 0.01 炭酸イオン


鉄(V)イオン 0.3 0.02 0.01 硝酸イオン 0.5 0.01 0.02
銅(U)イオン (1r)で銅泉  
 

ヒドロヒ酸イオン 1.3以上


バリウムイオン 5r  
 

水酸イオン


マンガン(U)イオン 10r

 





アンモニウム 0.9 0.05 0.08



合計  1359.5 56.59 100 合計 2134.3 57.57 100
 温泉成分表です