2010.1.25-2010.128更新

戻る

岡山空港温泉
 レスパール藤ヶ鳴

 
 住所:岡山県岡山市菅野3399-1
 TEL:086-294-1717         
 入湯時間:日帰り入浴 6:00ー21:00   土日祝6:00-24:00    
 入湯料金:550円  タオルつき
 宿:ビジネスパックから一棟借りの別荘まで(今回は格安で満足できました)
 アメ二ティ:ボディシャンプー シャンプー リンス 湯あがりには化粧水 ドライヤーあります
 公式サイト:こちらです




  単純弱放射能冷鉱泉
     [低張性 弱アルカリ性 冷鉱泉]


 
   
源泉名:空港リゾート温泉(1)      
湧出地:
pH:7.8               
泉温:16.4℃
湧出量:/分
色:無色透明 
湯の提供:加水なし 加温あり ろ過循環 塩素系消毒あり
適応症:

 
 調査浴槽データー

 2010.1.23(土) 
     
    洋風呂 内湯 桃はだ風呂 pH:7.8

 
2010.1.24(日)    

    和風呂 内湯 ひのき風呂 pH:8.0


 コメント
 とにかくまず駐車場には車があふれているのです。どこからこの車が・・・とそいたら帰りの朝10時ごろでももう満員です。温泉好きから思うに温泉が特にいいとかではないし、むしろ岡山にスーパー温泉銭湯
つくればもうかるんだろうな・・とそんな感じでした。あとで検索するとリゾート施設としてファミリーにも人気ですね。お宿料金としては大変安くていいですね。夕食と朝のバイキング付きはおすすめです。以前の滋賀県のあるお宿と比較するとこちらがおすすめです。

 さて温泉施設は日帰りが朝6時からできますので便利ですね。和 洋風呂と何種類もあり、いろんな名前がついていますが、特に感じませんね。桃肌のようなラベンダー風呂やヒノキ風呂 ジャグジー風呂 露天風呂にはうたせ湯などもあります。 サウナもありましてね・・
 1日目は洋風呂でいろんな名前がついてますし、露天風呂に出ると少々風は強いものの飛行機が飛び始めるところもまじかで見ることができます。うたせ湯など3浴槽あります。
 でも塩素消毒のにおいはしますね。常連の方にお聞きすると「朝から夜九時まででたりはいったりお昼は持ち込みができないけど4階の休憩場ですこしいただいたりと・・それから外に出て車で寝起きするんです」と話されてました。岡山には他にはないのかな・・
 なんて考えながらなんでこちらは多いのかなと思えばじゃらんで日帰り温泉第一位ですね。

 温泉は加温されてますが加水がないだけでもいいのかな・・

 お宿についてはお正月あと連休あとだからお安いのかな・・お布団は自分でひきますが。浴衣 半纏はついてます。部屋には風呂はありませんが冷蔵庫もありますので持ち込みokですね。暖房もよくきいていますよ。
 ではお食事はというと夜はお豆腐中心でなく豆乳鍋 てんぷら 刺身  前菜 かやくご飯 味噌汁 デザートです。朝はバイキングでホテルの4階で岡山空港を眺めながらいいですね。
 いろんなレジャー施設があるので楽しめるのかな 温泉の泉質より付加価値がほかにある施設だから人がおおいのかな。朝6時からでも入浴できますから・・


 アクセス
 車なら山陽道の岡山インターから15分です。今回は最上稲荷から回りました。



 施設の雰囲気




 温泉phは8.0 (あくる日)の浴槽で
 更衣室です。少々狭いですね。縦長の半分の広さですのであまり荷物ははいりません。宿泊者はフロントで2日分用としてキーを預かります。床はタイルですがそれほど冷たくは感じません。


 アメ二ティはいろいろです。
 洗い場はひとりずつ区切られています。


 初日は洋風呂です。
売店ではいろんなお土産があります。
 


 ホテルのうらじゃ餅です。

 
 4人部屋です。タオル バスタオル 足袋と・・
テレビも自由です(先日湯治でテレビ代にお金がかかりましたので妙にうれしいような)

 外観はお城のような・・

 岡山空港が近いです




 レスパール藤ヶ鳴に行くまでに最上稲荷(さいじょうでありもがみではありません)という日本三大稲荷があります。お正月には60万人が参拝とか・・・とにかく参道には大変露天商が多いのです。土産はゆずせんべいとご縁まんじゅうです。

 
 倉敷美観地区の景観です。大原美術館や川沿いに白壁の建築物など大変楽しめます。もちろんお買いものや食事などもできます。JR倉敷きから徒歩でもいけます。インターは倉敷から降りて20分ぐらいです。

 
  

 
 温泉分析書より抜粋    平成21年5月8日    
   源泉名   空港リゾート温泉(1)
   湧出地   
   泉質名   単純弱放射能冷鉱泉
            [低張性-弱アルカリ性ー冷鉱泉]
   pH      7.8(試験室 )
      泉温    16.4℃
   性状     無色澄明 無臭          
   湧出量   g/分
   ラドン   48.3×10-10 Ci/s
   蒸発残留物 0.19g
   療養泉の一般的適応症  神経痛 筋肉痛 関節痛 五十肩 運動麻痺 関節のこわばり うちみ                      くじき 慢性消化器病 痔疾 冷え性 疲労回復期 健康増進
   浴用一般的禁忌症  急性疾患(とくに熱のある場時) 活動性の結核 悪性腫瘍 重い心臓病 
                 呼吸不全 腎不全 出血性疾患 高度の貧血 その他一般的に病勢進行中の                 疾患 妊娠中(とくに初期と末期) 
溶存物質総量(ガス性のものを除く)   227.4mg/s
  温泉の判定  1000r以上で温泉   
  療養泉     1000r以上で療養泉  
成分総量                    229.1mg/s

泉質名のつけ方
 @溶存物質総量1000r以上→塩類泉として赤字のミリバルパーセント20l以上の成分を「泉質名」に入れてつけることができます。
陽イオンの20ミリバルl成分名、次に陰イオン名の20ミリバルlそれぞれ多い順につけます。
 →炭酸水素塩泉 塩化物泉 硫酸塩泉

 →療養泉としての成分が含まれている場合はその[成分名」を前につけます。酸性 含硫黄 含鉄 含アルミニウムとなります。

 A溶存物質総量1000r/s以下
  →療養泉としての成分が含まれている→二酸化炭素泉 含鉄泉 含アルミニウム泉 含銅ー鉄泉
                          硫黄泉 酸性泉 放射能泉

  →療養泉としての成分が含まれていない・泉温25℃以上→単純温泉

   
陽イオン 陰イオン
成分(温泉法上の量( )内の数値は療養泉です) r ミリバル ミリバルl 成分(温泉法上の量 ( ) 内の数値は療養泉です   r ミリバル ミリバルl
水素イオン 1r(1rで酸性泉) 


フッ素イオン 2r F- 0.3

リチウムイオン 1r Li
+



ヨウ素イオン 1r T


ストロンチウムイオン 10r


臭素イオン 5r Br-


ナトリウムイオン Na+ 25.1

塩素イオン Cl- 4.2

カリウムイオン K+ 0.4

硫化水素イオン HS- -

マグネシウムイオンMg2+ 1.5

チオ硫酸イオンS2O32


カルシウムイオン Ca2+ 26.1

硫酸イオン  SO4 2- 2.3

マンガン(U)イオン 10r
Mn2+



硫酸水素イオン  HSO4 -


鉄(U)イオン U+Vで10r(30rで鉄泉) Fe2+


炭酸水素イオン 重炭酸ソーダ340r以上 HCO3- 128.3

鉄(V)イオン Fe3+


炭酸イオン CO32- -

銅(U)イオン (1r)で銅泉


硝酸イオン NO3-


アルミニウムイオン (100r)
Al3+



ヒドロヒ酸イオン 1.3以上
HAsO42-



バリウムイオン 5r Ba2+


メタケイ酸水素イオン


アンモニウム ン NH4+


メタケイ酸イオン


亜鉛イオン


水酸イオン OH-


合計 53

合計 135.3





非解離成分 遊離成分
 成分 r ミリモル
  成分 r ミリモル
メタケイ酸 50r以上  HSiO3 39.1

遊離二酸化炭素 250r(1000r以上)   CO2 1.7

メタホウ酸 5r以上
HBO2


遊離硫化水素  H2S <0.2

メタ亜ヒ酸


溶存ガス成分計 1.7

非解離成分計 39.1





 硫黄分(再掲)
  
硫化水素、チオ硫酸イオン、遊離硫化水素の硫黄に対応する合計で1r以上で温泉法上の温泉です。  計2mgで療養泉です。r/sであり「含硫黄」と泉質名の陽イオンの前につけます。
 硫黄分 (再掲) r 内S分




@硫化水素イオン HS-×0.970  
 ( 32.06×HS-)÷33.0679

Aチオ硫酸イオン 
S2O32−×0.267[0.572]  
 
(32.06×2×S2O32−)÷112.1182

B遊離硫化水素  H2S×0.941       
 
(32.06×H2S)÷34..0758)

硫化水素イオンHS-
×0.97=
( 32.06×HS-)÷33.0679
チオ硫酸イオンS2O32-
×0.267=
(32.06×2×S2O32−)÷112.1182
硫化水素  H2S
×0.941=
(32.06×H2S)÷34..0758)
合計