戻る

2007.9.30-20150619更新


   湯郷温泉
   療養湯
 住所:岡山県美作市湯郷595-1
пF0868-72-0279
入湯時間:
料金:600円


 源泉     カルシウム・ナトリウムー硫酸塩温泉 pH8.76 67.9℃
                         [低張性 アルカリ性 高温泉]

                
      
 温泉の環境は加温  加水 循環 塩素消毒と掲示しています。pH測定数値からもうかがえます。
         
 
  

 
 調査浴槽データー

  2007.8.26(日)
 pH:7.68 浴槽内の源泉に近いところを採取 
 pH:7.93 飲用の温泉を採取

2015.6.13(日)
 pH:8.3 ぬる湯の浴槽です

 コメント
コメント:
2007.8.26
 湯郷温泉の鷺温泉泉館のそばにあります。1200年の歴史があるという古い温泉で、延暦寺の円仁法師が西国巡礼の途中、白鷺が足の傷を癒しているのをみて・・
 こちらは地元の方は4時から100円です。一般の人は朝からです。同じ室内に2つあります。
アルカリ性の温泉は浴槽の横からでます。

 アトピーにもいいということで地元の方が多いです。また若い女性などアトピー対策かな・・

2015.6.13
 久しぶりに行きました、依然のイメージですともう少し冷たい感じでしたが。熱い目の浴槽から少しはいってきますので少し高い温度かな。また源泉が常時流れることはないので残念でした。しかしアトピーの方が治療に来られてます。

 

 アクセス
 姫路から津山行き、JR林野駅からタクシー8分です。



 施設の雰囲気


2007年
     
     
 
 
 
 
 
 
 
 温泉分析書より抜粋     平成17年9月7日分析
   源泉名   湯郷鷺温泉3泉源
          湯郷鷺温泉平成源泉
   湧出地   
   泉質名   ナトリウム・カルシウムー塩化物温泉
                  [低張性 アルカリ性 温泉] 
   pH     8.5
      泉温    40.5℃
   性状    無色 澄明 無味  無臭   
   湧出量   377.0g/分
   ラドン    1.2×10-10Ci/s
   蒸発残留物 g/kg
溶存物質総量(ガス性のものを除く)    1106g/s
  温泉の判定  1000r以上で温泉   
  療養泉     1000r以上で療養泉  
成分総量                     g/s

泉質名のつけ方
 @溶存物質総量1000r以上→塩類泉として赤字のミリバルパーセント20l以上の成分を「泉質名」に入れてつけることができます。
陽イオンの20ミリバルl成分名、次に陰イオン名の20ミリバルlそれぞれ多い順につけます。
 →炭酸水素塩泉 塩化物泉 硫酸塩泉

 →療養泉としての成分が含まれている場合はその[成分名」を前につけます。酸性 含硫黄 含鉄 含アルミニウムとなります。

 A溶存物質総量1000r/s以下
  →療養泉としての成分が含まれている→二酸化炭素泉 含鉄泉 含アルミニウム泉 含銅ー鉄泉
                          硫黄泉 酸性泉 放射能泉

  →療養泉としての成分が含まれていない・泉温25℃以上→単純温泉

   
陽イオン 陰イオン
成分(温泉法上の量( )内の数値は療養泉です) r ミリバル ミリバルl 成分(温泉法上の量 ( ) 内の数値は療養泉です   r ミリバル ミリバルl
ナトリウムイオン Na+ 370

フッ素イオン  F- 6.5

カリウムイオン K+ 5.3

塩素イオン Cl- 1010

カルシウムイオン Ca2+ 250

硫酸イオン  SO4 2- 16

マグネシウムイオンMg2+ 9.2

炭酸水素イオン  HCO3- 17.7

 
 
 
 
炭酸イオン CO32-   2.1  
 




硫化水素イオン HS- 0.4









合計 625.5

合計 1052.7




非解離成分 遊離成分
 成分 r ミリモル
  成分 r ミリモル
メタケイ酸 50r以上  HSiO3 43.7

遊離二酸化炭素 250r(1000r以上)   CO2


メタホウ酸 5r以上
HBO2
9.7

遊離硫化水素  H2S


非解離成分計 53.4


溶存ガス成分計






 硫黄分(再掲)
  
硫化水素、チオ硫酸イオン、遊離硫化水素の硫黄に対応する合計で1r以上で温泉法上の温泉です。  計2mgで療養泉です。r/sであり「含硫黄」と泉質名の陽イオンの前につけます。
 硫黄分 (再掲) r 内S分




@硫化水素イオン HS-×0.970  
 ( 32.06×HS-)÷33.0679

Aチオ硫酸イオン 
S2O32−×0.267[0.572]  
 
(32.06×2×S2O32−)÷112.1182

B遊離硫化水素  H2S×0.941       
 
(32.06×H2S)÷34..0758)

硫化水素イオンHS-
×0.97=
( 32.06×HS-)÷33.0679
チオ硫酸イオンS2O32-
×0.267=
(32.06×2×S2O32−)÷112.1182
硫化水素  H2S
×0.941=
(32.06×H2S)÷34..0758)
合計


 浴用の適応症
神経痛 慢性皮膚病 きりきず やけど