top
20170823ー201808.2更新
 月岡温泉
  白玉の湯 泉慶
 
 住所:新潟県新発田市月岡温泉453
 TEL:0254-32-1111
  アメ二ティ:ボディソープ シャンプー 
 公式サイト:こちら 
 宿泊費用:二食付き17970円(消費税 入湯税込) 系列の施設にも入湯できます。バスで送迎あり
 立ち寄り:温泉めぐり手形あり
源泉名 株式会社 ホテル泉慶        
      
泉質名   含硫黄ーナトリウムー塩化物・硫酸塩温泉 
          [低張性 弱アルカリ性 高温泉] 
泉温   43.6℃ 使用位置42℃
pH    7.6      
温泉の環境        
 

 
 調査浴槽データー

2017年7月17日(月)午後3時頃
   露天風呂 pH 7.4⇒8.0(エメラルドグリーン 硫黄臭)
    


 コメント
 温泉施設について
こちらは二食付きの豪華なお料理などで大変堪能しました。新潟の月岡温泉は一度行きたい温泉でした。温泉街としてもゆっくりできました。宿に行く前に共同湯に入り街をぶらぶら散策をできました。地酒が有名です。

 温泉について
内湯 露天風呂とありますが温泉は露天風呂だけです。ホテルが大型旅館ですから浴室も大変広いです。露天風呂の温泉はホテルが独自に採掘した自家源泉です。温泉の色は透き通ったエメラルドグリーンでい硫黄臭がします。きれいは色の温泉につかると体も心も癒される感じはしますね。
 温泉分析表から硫黄臭の元である「硫化水素イオン HS-」の分量は他を抜いて一番多いですね。
大浴場は温泉ではありませんが大変大きく お風呂を楽しめますね。
姉妹旅館の「白玉の湯華鳳」についても送迎バスで入湯できます。

 食事について
別のお部屋で個室です。こちらも海産物・野菜などをきれいに盛り付け、味もよし、見た目もよしのお料理でした。


 アクセス
 北陸道で新潟中央JCT経由日本海東北道で豊栄新潟東港ICから290号線で15キロです。
電鉄は新潟駅から白新線で豊栄駅まで20分。駅からシャトルバスで20分です。今回は渋温泉からはいりました。

 施設の雰囲気


 広々です。 脱衣場もひろいね。
     
  大浴場は温泉ではないです。     露天風呂から眺めです。
     
  露天風呂のこの温泉の色はほんまもんです。    
     
  pH 8.0     夕食も
     
     
     
     
     食前酒 紅茶のカクテル 夏菜 桃太郎とまと 
アスパラスパラ


椀代わり 人参のスープ お造里  焼き八寸 
ギンダラ 温もの  南京てまり蒸し






     
 温泉分析書  
     
     
 
 温泉分析書より抜粋    分析 平成28年10月27日 機関  一般社団法人 県央研究所
                  温泉利用許可  平成9年9月19日
   源泉名   株式会社 ホテル泉慶
   湧出地   
   泉質名    含硫黄ーナトリウムー塩化物・硫酸塩温泉 
          [低張性 弱アルカリ性 高温泉]                   
   pH     7.6
      泉温    43.6℃ 使用位置 42℃
   性状    ほとんど無色透明   弱硫化水素臭 弱塩味 苦味 硫黄味 
   湧出量   377.0㍑/分
   ラドン    -
   蒸発残留物 g/kg
溶存物質総量(ガス性のものを除く)   3565mg/㎏
  温泉の判定  1000㎎以上で温泉   
  療養泉     1000㎎以上で療養泉  
成分総量                   3608mg/㎏

泉質名のつけ方
 ①溶存物質総量1000㎎以上→塩類泉として赤字のミリバルパーセント20㌫以上の成分を「泉質名」に入れてつけることができます。
陽イオンの20ミリバル㌫成分名、次に陰イオン名の20ミリバル㌫それぞれ多い順につけます。
 →炭酸水素塩泉 塩化物泉 硫酸塩泉

 →療養泉としての成分が含まれている場合はその[成分名」を前につけます。酸性 含硫黄 含鉄 含アルミニウムとなります。

 ②溶存物質総量1000㎎/㎏以下
  →療養泉としての成分が含まれている→二酸化炭素泉 含鉄泉 含アルミニウム泉 含銅ー鉄泉
                          硫黄泉 酸性泉 放射能泉

  →療養泉としての成分が含まれていない・泉温25℃以上→単純温泉

   
陽イオン 陰イオン
成分(温泉法上の量( )内の数値は療養泉です) ミリバル ミリバル㌫ 成分(温泉法上の量 ( ) 内の数値は療養泉です   ㎎ ミリバル ミリバル㌫
水素イオン  - - フッ素イオン  F- 3.8 0.20 0.38
リチウムイオン  Li
+
0.7 0.10 0.18 塩素イオン Cl- 1041 29.25 55.24
ナトリウムイオン Na+ 1.053 50.14 91.28 臭素イオン Br- 5.0 0.06 0.11
カリウムイオン K+ 23.9 0.51 1.11 ヨウ素イオン Ⅰ 1.0 0.01 0.01
アンモニウム イオン NH4+ 1.9 0.11 0.20 水酸イオン 0.0 0.00 0.00
マグネシウムイオンMg2+ 19.6 1.61 2.93 硫化水素イオン HS- 105.1 3.15 5.01
カルシウムイオン Ca2+ 46.3 2.31 4.21  チオ硫酸イオンS2O32 1.3 0.02 0.04
 ストロンチウムイオン  2.0  0.05  0.09  硫酸水素イオン  HSO4 -  0.0  0.00  0.00
バリウムイオン  Ba2+ 0.0 0.00 0.00  硫酸イオン  SO4 2- 654.5 13.53 25.85
アルミニウムイオンAl3+ 0.0   0.00  0.00  リン酸水素イオン 0.0  0.00  0.00
 マンガン(Ⅱ)イオン Mn2+  0.0  0.00  0.00  メタ亜ヒ酸イオン 0.0   0.00  0.00
鉄(Ⅱ)イオン Ⅱ+Ⅲで10㎎(30㎎で鉄泉) Fe2+ 0.0 0.00 0.00 炭酸水素イオン  HCO3- 137.3 1.43 2.58
鉄(Ⅲ)イオン Fe3+ 0.0 0.00 0.00 炭酸イオン CO32- - - -
銅(Ⅱ)イオン (1㎎)で銅泉 0.0 0.00 0.00 メタケイ酸イオン 319.3 3.23 5.14
亜鉛イオン 0.0 0.00 0.00 メタホウ酸イオン 1.0 0.02 0.04
合計 1247 54.93 100 合計 2269 53013



非解離成分 遊離成分
 成分 ミリモル
  成分 ミリモル
メタケイ酸   HSiO3 34.8 0.45
遊離二酸化炭素 250㎎(1000㎎以上)   CO2 14.6 0.33
メタホウ酸 HBO2 14.0 0.32
遊離硫化水素  H2S 28.9 0.85
メタ亜ヒ酸 HA3 O3 0.0 0.00




非解離成分計 48.8 0.77

溶存ガス成分計
43.5 1.18



 硫黄分(再掲) こちらは筆者が計算したものです
  
硫化水素、チオ硫酸イオン、遊離硫化水素の硫黄に対応する合計で1㎎以上で温泉法上の温泉です。  計2mgで療養泉です。㎎/㎏であり「含硫黄」と泉質名の陽イオンの前につけます。
 硫黄分 (再掲) 内S分




①硫化水素イオン HS-×0.970  
 ( 32.06×HS-)÷33.0679

②チオ硫酸イオン 
S2O32-×0.267[0.572]  
 
(32.06×2×S2O32-)÷112.1182

③遊離硫化水素  H2S×0.941       
 
(32.06×H2S)÷34..0758)

硫化水素イオンHS- 105.1 ×0.97=101.9
( 32.06×HS-)÷33.0679
チオ硫酸イオンS2O32- 1.3 ×0.267=0.347
(32.06×2×S2O32-)÷112.1182
硫化水素  H2S 28.9 ×0.941=27.19
(32.06×H2S)÷34..0758)
合計
129.4

 禁忌症・適応症決定年月日  平成28年11月 新発田地域振興局
 
 
   禁忌症
 (1) 一般禁忌症
病気の活動期(特に熱のあるとき) 活動性の結核 進行した悪性腫瘍 
進行した悪性腫瘍又は高度の貧血など身体衰弱の著しい場合
少し動くと息苦しくなるような重い心臓病又は肺の病気 
むくみのあるような重い腎臓病の病気 消化管出血
目に見える出血があるとき 慢性の病気の急性増悪期
 
 (2) 泉質別禁忌症
皮膚又は粘膜の過敏な人 高齢者の皮膚乾燥症 
 
  適応症
(1) 一般的適応症 
筋肉若しくは関節の慢性的な痛み又はこわばり(関節リウマチ 変形性
関節症 腰痛症 神経痛 五十肩 打撲 捻挫などの慢性期) 
運動麻痺における筋肉のこわばり 冷え性 末梢循環障害 
胃腸機能の低下(胃がもたれる 腸にガスがたまるなど) 軽症高血圧症 
耐糖尿異常(糖尿病) 軽い高コレステロール血症 軽い喘息又は肺気腫 
痔の痛み 自律神経不安定症  
ストレスによる諸症状(睡眠障害 うつ状態など) 病後回復期 疲労回復
健康増進 
 
(2) 泉質別適応症
 アトピー性皮膚炎 尋常性乾癬 慢性湿疹 表皮化膿症