溶存物質総量(ガス性のものを除く)
  温泉の判定  1000r以上で温泉
  療養泉     1000r以上で療養泉  こちらの溶存物質総量はr/sです。
                                                              成分総量はr/sです。
 
溶存物質総量772r/sですので泉質名は「単純硫黄泉」と表示しています。総硫黄が2r/s以上であると思われます。

硫化水素、チオ硫酸イオン、遊離硫化水素の硫黄に対応する部分の合計で1r以上で温泉法上の温泉です。  計2mgで療養泉です。

ミリモルは各成分のミリグラム値をその分子量で除するしたものです。
成分 r ミリモル
遊離二酸化炭素 250r(1000r以上)
 
遊離硫化水素  
 
溶存ガス成分計  
 
 成分 r ミリモル
メタケイ酸 50r以上
 
メタホウ酸 5r以上
 
メタ亜ヒ酸
 
非解離成分計
 
陽イオン 陰イオン
成分(温泉法上の量( )内の数値は療養泉です) r ミリバル ミリバルl 成分(温泉法上の量 ( ) 内の数値は療養泉です   r ミリバル ミリバルl
水素イオン 1r(1rで酸性泉)
 
 

フッ素イオン 2r


リチウムイオン 1r


ヨウ素イオン 1r


ストロンチウムイオン 10r  


臭素イオン 5r


ナトリウムイオン  


塩素イオン


カリウムイオン


硫化水素イオン


カルシウムイオン

硫酸イオン


マグネシウムイオン
 


硫酸水素イオン


アルミニウムイオン (100r)  
 

炭酸水素イオン 重炭酸ソーダ340r以上



鉄(U)イオン U+Vで10r(30rで鉄泉)  
 

炭酸イオン


鉄(V)イオン


硝酸イオン


銅(U)イオン (1r)で銅泉  
 

ヒドロヒ酸イオン 1.3以上


バリウムイオン 5r  

 

水酸イオン


マンガン(U)イオン 10r

 





アンモニウム






合計  


合計


住所:長野県下高井郡野沢温泉村
пFなし
時間:5-24時
料金:無料
-----------------------
温泉名:
泉質名:単純硫黄泉
pH:8.0 
泉温:55.1℃
色:うすいグリーン色 澄明 硫化水素臭味
効能:
飲用:できます

公式サイト→野沢温泉観光協会外湯


調査浴槽データー:2007.3.24(日)
 pH:7.6 
 
泉温:      


コメント:
 こちらの温泉の色がいいですね。うす緑です。建物は木のかおりのする建物です。3人ぐらい入れば満員のような感じです。こじんまりした脱衣場で着替え・・びっくり
 それが下の写真です。湯の花です。黒っぽい小粒です。湯の色はグリーン色です。
お湯はすっきりした硫黄泉です。


アクセス:
 JR長野駅から飯田線で戸刈野沢温泉駅下車。バスで15分です。駅前からでてます。
野沢温泉中心街にあります。河原湯から次です。温泉街の北つつじ山公園の近くです。



うすいグリーン色や湯の花が見えますか
浴槽は一つです
      

真湯

野沢温泉

戻る

2007.3.31-2007.12.18更新

温泉成分表〜掲示物なし
         野沢温泉観光協会の資料より

しんゆ