姥の湯旅館には4種類の源泉があります。


こけしの湯

住所:宮城県大崎市鳴子温泉河原湯65
пF0229-83-2314
入湯時間:9-16:00
入湯料金:500円 シール2枚

公式サイト→こちらです

-----------------------


温泉:こけしの湯
源泉名:姥の湯 硫黄泉
泉質名:
 含硫黄−ナトリウム−炭酸水素塩・塩化物泉

    
[低張性 アルカリ性 高温泉
    
旧泉質名  含食塩・重曹-硫黄泉

@含土類-芒硝泉
A含芒硝-重曹泉

pH:7.1
泉温:63.5℃ 
色:無色澄明 見た目は白ぽい 強硫化臭
効能:慢性皮膚病 慢性婦人病 切り傷 
    糖尿病 やけど
    神経痛 打身 筋肉痛 
禁忌:急性疾患(熱のあるとき) 腎不全 高度    の貧血
源泉かけ流しです。


分析:昭和58年10月31日


 啼子の湯

泉質名:
  ナトリウム−炭酸水素塩・硫酸塩泉

    [低張性 中性 高温泉]
     旧泉質名   含芒硝-重曹泉

pH:6.2



 亀若の湯


源泉名:姥の湯 (芒硝泉)
泉質名:
  単純温泉
    [低張性 中性 高温泉]

    旧泉質名
pH:6.6
泉温:44.2℃
色:無色澄明 僅か硫化水素臭 無味中性
効能:泉質別効能なし
   一般的には神経痛 筋肉通 関節炎

分析:昭和63年12月20日

   源義経風呂〜宿泊者だけはいれます。

泉質名
 ナトリウム・カルシウム-硫酸塩・炭酸水素塩泉
 [低張性   弱アルカリ性 高温泉]

  旧泉質名 含土類-芒硝泉

ph:7.6
効能:動脈硬化症 やけど
飲用:できません

分析:昭和58年10月13日
調査浴槽データー
 2008.1.3(木) 
    こけしの湯 pH:6.52 (表示 7.1) .
  亀若の湯  pH:6.88 (表示 6.6)
  啼子の湯  pH:6.42 (表示 6.2)        

 鉱泉分析法指針では 中性性 pH6以上7.5未満です。
コメント
 こちらは4種類の源泉があります。源義経の伝説がしっかりと宿にはかいています。開湯400年という歴史のあるお宿です。1186年文治2年鎌倉時代に源義経一行は戦いから東北に逃げてこの地に・・そして婦人はお産をしたとか・・1189年30歳の若さで義経はなくなってます。2008年からみるとおよそ822年まえのお話しです。
 そんなことが玄関まえにの襖絵などにかいています。

 温泉はこけし湯のすこし乳白色の温泉から露天風呂の透明な温泉まで種類もおおいです。もちろん源泉かけ流しでじっくりつかれます。



アクセス:
 JR鳴子温泉駅から国道との間にあります。

  温泉分析表
 脱衣場です


 浴槽はどれも写りが悪くて・・湯気が
  こけし湯へ


 外観です
  ロビーにあります


戻る

2008.2.24-2008.3.9更新

姥の湯旅館

鳴子温泉

 温泉分析書より〜こけし湯
   源泉名 姥の湯 硫黄泉
   泉質名 含硫黄−ナトリウム−炭酸水素塩・塩化物泉
         低張性 中性 高温泉
   pH    7.1
      泉温   63.5℃
   効能   慢性皮膚病 上記に記載
溶存物質総量(ガス性のものを除く)   1429.5r/s 
  温泉の判定  1000r以上で温泉
  療養泉     1000r以上で療養泉  
成分総量                    1726r

泉質名のつけ方
 @溶存物質総量1000r以上→塩類泉として赤字のミリバルパーセント20l以上の成分を「泉質名」に入れてつけることができます。陽イオンの20ミリバルl成分名、次に陰イオン名の20ミリバルlそれぞれ多い順につけます。
 
 →炭酸水素塩泉 塩化物泉 硫酸塩泉

   →療養泉としての成分が含まれている場合はその[成分名」を前につけます。酸性 含硫黄 含鉄 含アルミニウムとなりま

 A溶存物質総量1000r/s以下
  →療養泉としての成分が含まれている→二酸化炭素泉 含鉄泉 含アルミニウム泉 含銅ー鉄泉
                          硫黄泉 酸性泉 放射能泉

  →療養泉としての成分が含まれていない・泉温25℃以上→単純温泉

陽イオン 陰イオン
成分(温泉法上の量( )内の数値は療養泉です) r ミリバル ミリバルl 成分(温泉法上の量 ( ) 内の数値は療養泉です   r ミリバル ミリバルl
水素イオン 1r(1rで酸性泉) 
 
 

フッ素イオン 2r F- <0.1

リチウムイオン 1r Li
+
0.2 0.03 0.18 ヨウ素イオン 1r T


ストロンチウムイオン 10r  0.4

臭素イオン 5r Br-


ナトリウムイオン Na+ 259.7  11.3 66.55 塩素イオン Cl- 119.1 3.36 21.46
カリウムイオン K+ 20.7 0.53 3.22 硫化水素イオン HS- 2.1 0.06 0.38
マグネシウムイオンMg2+ 21.8 1.79 10.54 チオ硫酸イオンS2O32 <0.1

カルシウムイオン Ca2+ 66.1 3.30 19.43 硫酸イオン  SO4 2- .142.6 2.97 18.97
マンガン(U)イオン 10r
Mn2+
0.8  .03 0.18 硫酸水素イオン  HSO4 -


鉄(U)イオン U+Vで10r(30rで鉄泉) Fe2+ <0.1  

炭酸水素イオン 重炭酸ソーダ340r以上 HCO3- 563.6 9.24 59
鉄(V)イオン Fe3+ <0.1  

炭酸イオン CO32-


銅(U)イオン (1r)で銅泉 <0.1

硝酸イオン NO3-


アルミニウムイオン (100r)
Al3+
<0.1  

ヒドロヒ酸イオン 1.3以上
HAsO42-



バリウムイオン 5r Ba2+


メタケイ酸水素イオン


アンモニウム ン NH4+ 0.1
 0
0 メタケイ酸イオン


亜鉛イオン
<0.1
 

水酸イオン OH-






リン酸一水素イオン 1.5 0.03 0.19
合計 369.8 16.98 100 合計 828.9 15.66 100




非解離成分 遊離成分
 成分 r ミリモル
  成分 r ミリモル
メタケイ酸 50r以上  HSiO3 197.4

遊離二酸化炭素 250r(1000r以上)   CO2 294.7

メタホウ酸 5r以上
HBO2
33.4

遊離硫化水素  H2S 1.8

メタ亜ヒ酸 <0.1

溶存ガス成分計 296.5

非解離成分計






 硫黄分(再掲)
  
硫化水素、チオ硫酸イオン、遊離硫化水素の硫黄に対応する合計で1r以上で温泉法上の温泉です。  計2mgで療養泉です。総硫黄分3.73r/sであり泉質名の前に「含硫黄」とつける
 硫黄分 (再掲) r 内S分








硫化水素イオンHS- 2.1 2.1×0.97=2.04
チオ硫酸イオンS2O32- <0.1
硫化水素  H2S 1.8 1.8×0.941=1.69
合計
3.73
 温泉分析書より
   温泉名  亀若の湯
   泉質名  単純温泉
   pH      6.6
      泉温    44.2℃
   効能
溶存物質総量(ガス性のものを除く)   896.1r/s 
  温泉の判定  1000r以上で温泉
  療養泉     1000r以上で療養泉  
成分総量                    962r

泉質名のつけ方
 @溶存物質総量1000r以上→塩類泉として赤字のミリバルパーセント20l以上の成分を「泉質名」に入れてつけることができます。陽イオンの20ミリバルl成分名、次に陰イオン名の20ミリバルlそれぞれ多い順につけます。
 
 →炭酸水素塩泉 塩化物泉 硫酸塩泉

   →療養泉としての成分が含まれている場合はその[成分名」を前につけます。酸性 含硫黄 含鉄 含アルミニウムとなりま

 A溶存物質総量1000r/s以下
  →療養泉としての成分が含まれている→二酸化炭素泉 含鉄泉 含アルミニウム泉 含銅ー鉄泉
                          硫黄泉 酸性泉 放射能泉

  →療養泉としての成分が含まれていない・泉温25℃以上→単純温泉

陽イオン 陰イオン
成分(温泉法上の量( )内の数値は療養泉です) r ミリバル ミリバルl 成分(温泉法上の量 ( ) 内の数値は療養泉です   r ミリバル ミリバルl
水素イオン 1r(1rで酸性泉) 
 
 

フッ素イオン 2r F- 0.4 0.02 0.2
リチウムイオン 1r Li
+
0.1 0.01 0.1 ヨウ素イオン 1r T


ストロンチウムイオン 10r 0.2

臭素イオン 5r Br-


ナトリウムイオン Na+  141.9 6.17 60.37 塩素イオン Cl- 49.7 1.4 13.77
カリウムイオン K+ 14 0.36 3.52 硫化水素イオン HS- <0.1

マグネシウムイオンMg2+ 16.2 1.33 13.01 チオ硫酸イオンS2O32 <0.1

カルシウムイオン Ca2+ 44.3 2.21 21.62 硫酸イオン  SO4 2- 293.2 6.10 59.98
マンガン(U)イオン 10r
Mn2+
1.0

硫酸水素イオン  HSO4 -


鉄(U)イオン U+Vで10r(30rで鉄泉) Fe2+ 2.2 0.08 0.78 炭酸水素イオン 重炭酸ソーダ340r以上 HCO3- 160.8 2.64 25.96
鉄(V)イオン Fe3+ 0.4 0.02 0.2 炭酸イオン CO32-


銅(U)イオン (1r)で銅泉 <0.1

硝酸イオン NO3-


アルミニウムイオン (100r)
Al3+
<0.1  

ヒドロヒ酸イオン 1.3以上
HAsO42-



バリウムイオン 5r Ba2+


メタケイ酸水素イオン


アンモニウム ン NH4+ 0.1  

メタケイ酸イオン



亜鉛イオン
<0.1
 


水酸イオン OH-








リン酸一水素イオン
0.7 0.01 0.1
合計  220.4 10.22 99.99 合計 504.8 10.17 100




非解離成分 遊離成分
 成分 r ミリモル
  成分 r ミリモル
メタケイ酸 50r以上  HSiO3 161.1

遊離二酸化炭素 250r(1000r以上)   CO2 65.9

メタホウ酸 5r以上
HBO2
9.8

遊離硫化水素  H2S <0.1

メタ亜ヒ酸 <0.1

溶存ガス成分計 65.9

非解離成分計 170.9





 硫黄分(再掲)
  
硫化水素、チオ硫酸イオン、遊離硫化水素の硫黄に対応する合計で1r以上で温泉法上の温泉です。  計2mgで療養泉です。
 硫黄分 (再掲) r 内S分








硫化水素イオンHS- <0.1


チオ硫酸イオンS2O32- <0.1

硫化水素  H2S <0.1


合計



うばのゆ

 温泉分析書より
       温泉名           啼子の湯
   泉質名     ナトリウム−炭酸水素塩・硫酸塩泉
            [低張性 中性 高温泉]
   pH        6.2  
      泉温      54.2℃
   効能      切り傷 火傷 慢性皮膚病
溶存物質総量(ガス性のものを除く)    
  温泉の判定  1000r以上で温泉
  療養泉     1000r以上で療養泉  
成分総量                    

泉質名のつけ方
 @溶存物質総量1000r以上→塩類泉として赤字のミリバルパーセント20l以上の成分を「泉質名」に入れてつけることができます。
陽イオンの20ミリバルl成分名、次に陰イオン名の20ミリバルlそれぞれ多い順につけます。
 →炭酸水素塩泉 塩化物泉 硫酸塩泉

 →療養泉としての成分が含まれている場合はその[成分名」を前につけます。酸性 含硫黄 含鉄 含アルミニウムとなります。

 A溶存物質総量1000r/s以下
  →療養泉としての成分が含まれている→二酸化炭素泉 含鉄泉 含アルミニウム泉 含銅ー鉄泉
                          硫黄泉 酸性泉 放射能泉

  →療養泉としての成分が含まれていない・泉温25℃以上→単純温泉

陽イオン 陰イオン
成分(温泉法上の量( )内の数値は療養泉です) r ミリバル ミリバルl 成分(温泉法上の量 ( ) 内の数値は療養泉です   r ミリバル ミリバルl
水素イオン 1r(1rで酸性泉) 
 
 

フッ素イオン 2r F-


リチウムイオン 1r Li
+
0.2 0.03 0.2 ヨウ素イオン 1r T


ストロンチウムイオン 10r 0.1 0 0 臭素イオン 5r Br-


ナトリウムイオン Na+ 227.4 9.89 66.91 塩素イオン Cl-



カリウムイオン K+ 19 0.49 3.32 硫化水素イオン HS-


マグネシウムイオンMg2+ 16.6 1.37 9.27 チオ硫酸イオンS2O32



カルシウムイオン Ca2+ 58.6 2.92 19.76 硫酸イオン  SO4 2-

マンガン(U)イオン 10r
Mn2+
1.2 0.04 0.27 硫酸水素イオン  HSO4 -


鉄(U)イオン U+Vで10r(30rで鉄泉) Fe2+ 1.2 0.04 0.27 炭酸水素イオン 重炭酸ソーダ340r以上 HCO3-


鉄(V)イオン Fe3+ <0.1 0 0 炭酸イオン CO32-


銅(U)イオン (1r)で銅泉 <0.1 0 0 硝酸イオン NO3-


アルミニウムイオン (100r)
Al3+
<0.1 0 0 ヒドロヒ酸イオン 1.3以上
HAsO42-



バリウムイオン 5r Ba2+


メタケイ酸水素イオン


アンモニウム ン NH4+ 0.1 0 0 メタケイ酸イオン


亜鉛イオン
<0.1 0 0 水酸イオン OH-






リン酸一水素イオン


合計 324.4 14.78 100 合計






非解離成分 遊離成分
 成分 r ミリモル
  成分 r ミリモル
メタケイ酸 50r以上  HSiO3


遊離二酸化炭素 250r(1000r以上)   CO2


メタホウ酸 5r以上
HBO2



遊離硫化水素  H2S


メタ亜ヒ酸


溶存ガス成分計


非解離成分計






 硫黄分(再掲)
  
硫化水素、チオ硫酸イオン、遊離硫化水素の硫黄に対応する合計で1r以上で温泉法上の温泉です。  計2mgで療養泉です。r/sであり「含硫黄」と泉質名の陽イオンの前につけます。
 硫黄分 (再掲) r 内S分







硫化水素イオンHS-
×0.97=
チオ硫酸イオンS2O32-
×0.267=
硫化水素  H2S
×0.941=
合計

 温泉分析書より〜姥の湯 芒硝泉
   温泉名 
   泉質名 ナトリウム・カルシウムー硫酸塩・炭酸水素塩泉
          含土類-芒硝泉
   pH     7.6
      泉温   60℃
   効能   動脈硬化症
溶存物質総量(ガス性のものを除く)    
  温泉の判定  1000r以上で温泉
  療養泉     1000r以上で療養泉  
成分総量                    
泉質名のつけ方
 @溶存物質総量1000r以上→塩類泉として赤字のミリバルパーセント20l以上の成分を「泉質名」に入れてつけることができます。
陽イオンの20ミリバルl成分名、次に陰イオン名の20ミリバルlそれぞれ多い順につけます。
 →炭酸水素塩泉 塩化物泉 硫酸塩泉

 →療養泉としての成分が含まれている場合はその[成分名」を前につけます。酸性 含硫黄 含鉄 含アルミニウムとなります。

 A溶存物質総量1000r/s以下
  →療養泉としての成分が含まれている→二酸化炭素泉 含鉄泉 含アルミニウム泉 含銅ー鉄泉
                          硫黄泉 酸性泉 放射能泉

  →療養泉としての成分が含まれていない・泉温25℃以上→単純温泉

陽イオン 陰イオン
成分(温泉法上の量( )内の数値は療養泉です) r ミリバル ミリバルl 成分(温泉法上の量 ( ) 内の数値は療養泉です   r ミリバル ミリバルl
水素イオン 1r(1rで酸性泉) 
 
 

フッ素イオン 2r F- <0.1 0 0
リチウムイオン 1r Li
+
0.1 0.01 0.07 ヨウ素イオン 1r T


ストロンチウムイオン 10r 0.4 0 0 臭素イオン 5r Br-


ナトリウムイオン Na+ 207.7 9.03 59.84 塩素イオン Cl- 73.6 2.08 15.06
カリウムイオン K+ 16.7 0.43 2.85 硫化水素イオン HS- 1

マグネシウムイオンMg2+ 17.4 1.43 9.48 チオ硫酸イオンS2O32 <0.1 0 0
カルシウムイオン Ca2+ 82.6 4.12 27.3 硫酸イオン  SO4 2- 282.7 5.89 42.65
マンガン(U)イオン 10r
Mn2+
.1 0.4 0.27 硫酸水素イオン  HSO4 - 0 0 0
鉄(U)イオン U+Vで10r(30rで鉄泉) Fe2+ 0.2 0 0 炭酸水素イオン 重炭酸ソーダ340r以上 HCO3- 355.3 5.82 42.14
鉄(V)イオン Fe3+ 0.4 0.02 0.13 炭酸イオン CO32-


銅(U)イオン (1r)で銅泉 <0.1

硝酸イオン NO3-


アルミニウムイオン (100r)
Al3+
<0.1 0 0 ヒドロヒ酸イオン 1.3以上
HAsO42-



バリウムイオン 5r Ba2+


メタケイ酸水素イオン


アンモニウム ン NH4+ 0.2 0.01 0.07 メタケイ酸イオン


亜鉛イオン <0.1 0 0 酸イオン OH-






リン酸一水素イオン 1.0 0.02 0.4
合計 326.8 15.09 100.01 合計 712.6 13.81 99.99




非解離成分 遊離成分
 成分 r ミリモル
  成分 r ミリモル
メタケイ酸 50r以上  HSiO3 185.6

遊離二酸化炭素 250r(1000r以上)   CO2 68.2

メタホウ酸 5r以上
HBO2
1.0

遊離硫化水素  H2S <0.1

メタ亜ヒ酸 <0.1

溶存ガス成分計 68.2

非解離成分計 186.6





 硫黄分(再掲)
  
硫化水素、チオ硫酸イオン、遊離硫化水素の硫黄に対応する合計で1r以上で温泉法上の温泉です。  計2mgで療養泉です。r/sであり「含硫黄」と泉質名の陽イオンの前につけます。
 硫黄分 (再掲) r 内S分







硫化水素イオンHS-
×0.97=
チオ硫酸イオンS2O32-
×0.267=
硫化水素  H2S
×0.941=
合計