温泉成分表

                住所:宮城県大崎市鳴子温泉字川渡84
пF0229-84-7412
入湯時間:7:00〜24:00
入湯料金:200円
-----------------------
源泉名:真屋の湯高温
        真屋の湯 冷泉 A
    真屋の湯 冷泉 B

泉質:含硫黄ーナトリウムー炭酸水素塩・硫酸塩泉
    [低張性 中性 高温泉]
pH:7.4
泉温:93℃ 使用位置65℃
効能:切り傷 神経痛 打身 筋肉痛 アトピー

源泉かけ流しです。
飲用は不可

公式サイト→こちらです
調査浴槽データー
 2007.12.31(月)   pH 7.3   
 .           

 鉱泉分析法指針では 中性です。
コメント
 雪が多くて、寒くて・・浴槽も湯気で
こちらは川渡温泉街にあり、また自炊もできますね。お宿は木造のつくりの宿、なぜかサウンドバッグがロビーに・・湯治をすると運動不足になるためかな

浴槽には5人ぐらいです。地元の方や湯治の方や・・そして駅から雪の中歩いてきた方や・・お写真も声をかけて写させていただきました。
 浴槽は内湯一つですが湯の花が・・まったりという感じでした。




 
アクセス:
 jR川渡温泉駅から40分位の徒歩です。





戻る

2006.8.16-2008.126更新

藤島旅館

成分 r 内S分
硫化水素イオンHS- 1.5 1.5×0.97=1.46
チオ硫酸イオンS2O32- 0.6 0.6×0.267=0.16
硫化水素  H2S 0.7 0.7×0.941=0.66
合計 2.9 2.28

硫化水素、チオ硫酸イオン、遊離硫化水素の硫黄に対応する合計で1r以上で温泉法上の温泉です。  計2mgで療養泉です。

ミリモルは各成分のミリグラム値をその分子量で除するしたものです。

硫黄分(再掲)

溶存物質総量(ガス性のものを除く)   1063.7r/s 
  温泉の判定  1000r以上で温泉
  療養泉     1000r以上で療養泉  
成分総量                    3720r/s
赤字のミリバルパーセント20l以上により「泉質名」にこの成分を入れてつけることができます。
成分 r ミリモル
遊離二酸化炭素 250r(1000r以上)   CO2
27.5
 
遊離硫化水素  H2S  
0.7
 
溶存ガス成分計  
28.2
 
 成分 r ミリモル
メタケイ酸 50r以上  HSiO3
192
 
メタホウ酸 5r以上
HBO2

5.7
 
メタ亜ヒ酸
0.1
 
非解離成分計
198
 
陽イオン 陰イオン
成分(温泉法上の量( )内の数値は療養泉です) r ミリバル ミリバルl 成分(温泉法上の量 ( ) 内の数値は療養泉です   r ミリバル ミリバルl
水素イオン 1r(1rで酸性泉) 
 
 

フッ素イオン 2r F-
0.3

0.03

0.18
リチウムイオン 1r Li
+
<0.1
0

0
ヨウ素イオン 1r T


ストロンチウムイオン 10r  
0.2

0

0
臭素イオン 5r Br-


ナトリウムイオン Na+ 191.9  8.35 75.36 塩素イオン Cl- 27.8 0.78 6.99
カリウムイオン K+ 9.4
0.24
2.17
硫化水素イオン HS-
1.5

0.05

0.45
マグネシウムイオンMg2+ 7
0.58
5.23
チオ硫酸イオンS2O32 0.6 0.01 0.09
カルシウムイオン Ca2+ 36.2
1.81
16.34
硫酸イオン  SO4 2-
145.4

3.03

27.15
マンガン(U)イオン 10r
Mn2+

 0.1
0

0
硫酸水素イオン  HSO4 -


鉄(U)イオン U+Vで10r(30rで鉄泉) Fe2+
<0.1
 
 0

0
炭酸水素イオン 重炭酸ソーダ340r以上 HCO3- 443 7.26 65.05
鉄(V)イオン Fe3+  
<0.1
 0

0
炭酸イオン CO32-


銅(U)イオン (1r)で銅泉
<0.1

0

0
硝酸イオン NO3-


アルミニウムイオン (100r)
Al3+
 
0.1
 
0.01


0.09
ヒドロヒ酸イオン 1.3以上
HAsO42-




バリウムイオン 5r Ba2+


メタケイ酸水素イオン


アンモニウム ン NH4+  
1.6

 
0.09

0.81
メタケイ酸イオン



亜鉛イオン

<0.1

 0

0

水酸イオン OH-








リン酸1水素イオン

0.6

0.01

0.09
合計  246.5 11.08 100 合計 619.2 11.16 100

川渡温泉