鉱泉分析法指針より

鉱泉の定義は
 
  地中から湧出する温水および鉱水の泉水で、多量の固形物質、またはガス状物質、もしくは特殊な物質を含むか、あるいは泉温が、源泉周囲の年平均気温より常に著しく高いものをいう。

 温泉法にいう「温泉」は鉱泉の他、地中より湧出する水蒸気および、その他のガスを包括する定義である。

 鉱泉は、温泉法第2条別表に従い、常水と区別する。第1−1表

 鉱泉のうち、特に治療の目的に供しうるものを療養泉とする。第1−2表


 第1−1表 鉱泉の定義(常水と区別する限界値)

  1 温度 (源泉から採取されるときの温度) 25℃以上
  2 物質 (下記の物質をいずれかひとつ含む)
                    
      
   

 
   物質名
含有量(1s中)
例えば・・だから鉱泉、温泉と命名できるのです。
溶存物質(ガス性のものを除く)
総量 1000r以上

遊離二酸化炭素
250

リチウムイオン
1

別府のいちのいで会館 6.9です。高温のため温泉です。
ストロンチウムイオン
10

石鎚山温泉の京家 12.6です。25℃未満のため冷鉱泉です。
バリウムイオン
5

鉄イオン[総鉄イオンFe2++Fe3+)
10

マンガンイオン
10

水素イオン
1

臭素イオン
[臭化物イオン]
5

ヨウ素イオン[ヨウ化物イオン]
1

フッ素イオン[フッ化物イオン]
2

国見温泉 森山荘2.7です。25℃以上のため温泉です。他にも成分はおおいですよ。
ヒ酸水素イオン
1.3

メタ亜ヒ酸
1

総硫黄
1

メタホウ酸
5

メタケイ酸
50

炭酸水素ナトリウム
340

ラドン 20×10-10 Ci=74Bq以上
(5.5マッへ単位以上)
薬師の湯 1号泉
 198.9Ci 54.7マッヘ 25.2℃で 
 溶存物質359.7r/sのため「単純放射能温泉」です


荒神湯 6.98マッヘで15.8℃のため鉱泉です。
ラジウム塩(Raとして)
1×10-8r以上

  


 第1-2表 療養泉の定義

 1 温度 (源泉から採取されるときの温度) 25℃以上
 2 物質 (下記に掲げるもののうち、いずれかひとつ)

物質名
含有量(1s中)
 例えば
溶存物質(ガス性のものを除く)
総量 1000r以上
玉川温泉7456.7r
遊離二酸化炭素
1000
3160r
銅イオン
1

総鉄イオン
20
161.5r
アルミニウムイオン
100
275r
水素イオン
1

総硫黄
2

ラドン 30×10-10Ci=111Bq以上
(8.25マッへ単位以上)
薬師の湯 1号泉
 198.9Ci 54.7マッヘ 25.2℃で 
 溶存物質359.7r/sのため「単純放射能温泉」です





鉱泉泉の分類 

  @ 泉温の分類
     鉱泉が、地上に沸出したときの温度、または採取したときの温度を泉温といい、次のとおり分類します。

 
名前
温度
例えば
冷鉱泉 25℃未満 大阪 山空海 18℃
温泉

 低温泉 25℃以上34℃未満 兵庫 灘温泉六甲道店 31.9℃  
ナトリウムー炭酸水素塩・塩化物低温泉
 温泉 34℃以上42℃未満 兵庫 六甲おとめ塚温泉 41.1℃
ナトリウムー炭酸水素塩・塩化物温泉
 高温泉 42℃以上 大分県 ひょうたん温泉 100.4℃
ナトリウムー塩化物泉

A 液性の分類
    鉱泉の液性を湧出時のpH値により、次のとおり分類します。
  

分類 pH値 例えば
酸性 3.0未満 玉川温泉
弱酸性 3.0以上6.0未満 鉄輪温泉 民宿みかさや
中性 6.0以上7.5未満 有馬療養温泉旅館
弱アルカリ性 7.5以上8.5未満 人吉温泉 元湯
アルカリ性 8.5以上 白馬八方温泉 おびなたの湯

B 浸透圧の分類

  鉱泉の浸透圧を溶存物質総量または凝固点(氷点)により、次のとおり分類します。


溶存物質総量g/s 凝固点 例えば
低張性 8未満 -0.55℃以上 湯山高原荘
等張性 8以上10未満 -0.55未満-0.58℃以上 熊野の郷 三田温泉
高張性 10以上 -0.58℃未満 上大坊

※ 鉱泉分析法指針(環境省より抜粋) 

  

戻る

2005.11−2009.4.10更新

入湯温泉中での温泉成分ベスト5より、成分総量の多い温泉施設でご覧ください。

pHベスト5よりご覧ください。

文章の抜粋と入湯分より代表温泉を掲示しています。
こちらも

鉱泉を泉温、液性、浸透圧について、次の例示のとおり分類命名する。

 例示  等張性  中性  高温泉

この分類で命名した名称は、療養泉としての泉質名に併記するのが通例である。

療養泉の泉質の分類

 分類
    含有量は
細別

塩類泉

溶存物質(ガス性のものを除く)が1g/s以上のものを
陰イオンの主成分に従い分類する。主成分とはミリバル値
がもっとも大きいものをいいます。
塩化物泉
炭酸水素塩泉
硫酸塩泉
単純温泉 溶存物質量が1g/sに満たないもので、泉温が25℃以上
のものを単純温泉といいます。またpH8.5以上の単純温泉をアルカリ性単純温泉といいます。


特殊成分を含む療養泉 特殊成分を含む単純冷鉱泉
 特殊成分のうち1つをその限界値以上に含有し、溶存物質が1g/s未満で泉温もまた25℃未満の療養泉を単純冷鉱泉といいます。
単純二酸化炭素冷鉱泉 二酸化炭素1000r/s以上を含む冷鉱泉
単純鉄冷鉱泉 鉄(U) および鉄(V)イオンの総量が20r/sの冷鉱泉である。
単純酸性冷鉱泉 水素イオン1r/s以上を含む冷鉱泉
単純硫黄冷鉱泉 総硫黄2r/s以上を含む単純冷鉱泉
単純放射能冷鉱泉 ラドン30Х10-10Ci/s以上(8.25マッへ単位/s以上)を含む単純冷鉱泉

 単純弱冷鉱泉 ラドン8.25以上50未満(マッヘ単位/s)

単純放射能冷鉱泉 ラドン50マッヘ単位/s以上

特殊成分を含む単純温泉 単純二酸化炭素温泉
単純鉄温泉
単純酸性温泉
単純硫黄温泉 硫黄が遊離硫化水素の型で主として含有されるもの(旧硫化水素泉)と含有されない場合(旧硫黄泉)とを区別する必要のある場合、前者に硫化水素型と付記して区別する。含む硫黄○○泉(後記)についても同様
単純放射能温泉 単純弱放射能温泉
単純放射能温泉
特殊成分を含む塩類泉 水素イオンを1r/s以上含有する塩類泉は泉質名の始めに「酸性ー」を附記する。
 酸性ーナトリウムー硫酸塩泉

特殊成分を2種以上含む療養泉 第1-3表掲載の特殊成分を2種以上含有する場合にはつぎの様に命名する。(例示)
含弱放射能・アルミニウムーマグネシウムー硫酸塩泉
酸性・含硫黄ーナトリウムー硫酸塩泉


泉温による塩類泉の分類 塩類泉を温泉と冷鉱泉に分類する。
(例示)ナトリウムー塩化物強塩冷鉱泉
マグネシウムー硫酸塩温泉


副成分による塩類泉の細分類 mval%が20以上の成分を多い順に列記して塩類泉を細分類する。
(例示)
ナトリウム・カルシウムー塩化物・硫酸塩泉
酸性ーナトリウム・鉄(U)−硫酸塩泉・塩化物泉