pH 8.1 浴槽内
弱張性 弱アルカリ性 高温泉
浴槽は一時的に加水、、適温で提供、後は源泉ですと明記しています。
循環・消毒しています

溶存物質総量(ガス性のものを除く)
  温泉の判定  1000r以上で温泉
  療養泉     1000r以上で療養泉  こちらの溶存物質総量は898r/sです。
                                                              成分総量は957r/sです。
 
成分 r ミリモル
遊離二酸化炭素 250r(1000r以上) 58.3  
遊離硫化水素 0.1  
溶存ガス成分計 58.4  
 成分 r ミリモル
メタケイ酸 50r以上 184  
メタホウ酸 5r以上 8.4  
メタ亜ヒ酸
 
非解離成分計 192.4  
陽イオン 陰イオン
成分(温泉法上の量( )内の数値は療養泉です) r ミリバル ミリバルl 成分(温泉法上の量 ( ) 内の数値は療養泉です   r ミリバル ミリバルl
水素イオン 1r(1rで酸性泉)
 
 

フッ素イオン 2r


リチウムイオン 1r


ヨウ素イオン 1r


ストロンチウムイオン 10r  


臭素イオン 5r


ナトリウムイオン 199.2  8.66 78.66 塩素イオン 242.1 6.83 63.42
カリウムイオン 27.6 0.71 6.45 硫化水素イオン


カルシウムイオン 22.2 1.11 10.08 硫酸イオン 122.1 2.54 23.58
マグネシウムイオン 5.6  0.46 4.18 硫酸水素イオン


アルミニウムイオン (100r)  
 

炭酸水素イオン 重炭酸ソーダ340r以上 85.7 1.40 13
鉄(U)イオン U+Vで10r(30rで鉄泉) 0 0 0 炭酸イオン 0 0 0
鉄(V)イオン 0.6 0.03 0.27 硝酸イオン


銅(U)イオン (1r)で銅泉  
 

ヒドロヒ酸イオン 1.3以上


バリウムイオン 5r  
 

水酸イオン


マンガン(U)イオン 10r 0.3 0.01  0.09



アンモニウム 0.3 0.03 0.27



合計 255.8 11.01 100 合計 449.9 10.77 100
溶存物質総量(ガス性のものを除く)
  温泉の判定  1000r以上で温泉
  療養泉     1000r以上で療養泉  溶存物質総量は378r/sです。
                                                     成分総量は380r/sです。
 
泉温25℃以上ですが、溶存物質総量1000r/s未満のため「泉質名」は「単純温泉」
なります。

硫化水素イオン、チオ硫酸イオン、遊離硫化水素の硫黄に対応する部分
 合計1r以上で温泉法上の温泉です。  合計2mgで療養泉です。

ミリモルは各成分のミリグラム値をその分子量で除するしたものです。
成分 r ミリモル
遊離二酸化炭素 250r(1000r以上) 1.7  
遊離硫化水素  
 
溶存ガス成分計 1.7   
 成分 r ミリモル
メタケイ酸 50r以上 73.6  
メタホウ酸 5r以上 9  
メタ亜ヒ酸
 
非解離成分計 82.6  
陽イオン 陰イオン
成分(温泉法上の量( )内の数値は療養泉です) r ミリバル ミリバルl 成分(温泉法上の量 ( ) 内の数値は療養泉です   r ミリバル ミリバルl
水素イオン 1r(1rで酸性泉)
 
 

フッ素イオン 2r


リチウムイオン 1r


ヨウ素イオン 1r


ストロンチウムイオン 10r  


臭素イオン 5r 0.1 0 0
ナトリウムイオン 27.1  1.18 27.38 塩素イオン 28.7 0.81 18.37
カリウムイオン 6.3 0.16 3.71 硫化水素イオン


カルシウムイオン 35.5 1.77 41.07 硫酸イオン 93 1.94 13.99
マグネシウムイオン 14.4  1.18 27.38 硫酸水素イオン


アルミニウムイオン (100r)  
 

炭酸水素イオン 重炭酸ソーダ340r以上 79.3 1.30 29.48
鉄(U)イオン U+Vで10r(30rで鉄泉)  
 

炭酸イオン 10.6 0.35 7.94
鉄(V)イオン 0.1 0.01 0.23 硝酸イオン


銅(U)イオン (1r)で銅泉  
 

ヒドロヒ酸イオン 1.3以上


バリウムイオン 5r  
 

水酸イオン


マンガン(U)イオン 10r

 





アンモニウム 0.1 0.01 0.23



合計 83.5  4.31 100 合計 212 4.41 100
住所:大分県別府市大字鶴見457
пF0977-66-1271
入湯時間:11−21時
入湯料金:300円
-----------------------
源泉名:薬師温泉
泉質名:単純温泉
     [低張性 弱アルカリ性 高温泉]
pH:源泉 7.9 (試験室 7.64)
   男性浴槽 pH 8.1
泉温:96.4℃
色:無色 無臭
循環:あり
加水:温泉の入れ替え時のみ あとは源泉100l
加温なし

検査:源泉 昭和62年4月30日
    温泉カルテ 平成17年6月21日
調査浴槽データー:女性風呂です
    2005.4.29(金)  pH:7.7  2005.4.29(金) 
   2006.5.6(土)    pH::7.5  2006.5.6(土)
   2007.6.24(日)  pH:8.02  大浴槽の湯口    [源泉pH7.9]   
              pH::7.78  大浴槽内      [温泉カルテの男性浴槽内はpH8.1]
              pH:7.86   露天風呂の浴槽内

コメント
 夜.宿泊先の陽光荘から歩いていきました。露天は電気照明が暗く、・・
まわりのかたも「暗いね・・」と

  2006.5.6(土) 再訪
 主に写真とpH測定の確認です。早い目にいきましたので、入湯字は写真が撮れました。


 2007.6.24(日) 再訪
 3回目です。温泉の成分表の確認です。源泉は上記の湯口から採取です。こちらはいつも時間
なく それで疑問もでますが・・温泉カルテについて

 まずはメモより明記しますね。なぜ浴槽のほうがおおくなるのかしらね。大変きになりますが、そのまま表示しますね。メタケイ酸規定以上でクリアな温泉と評価されてます。

 確かに単純温泉ですが、成分がぶえてるのは塩素消毒によるのかしらね。あるいは加水かしらね。。消毒により、pH値は源泉よりあるかり側に傾くというのは他の大型日帰り温泉のデーターでもでていますがね。
 ただ、消毒とわかると・・別府で何も消毒・・とおもいますが、関西で銭湯にはいれば塩素プンプンのにおいですからね。


 

アクセス:
 鉄輪からも近いです。

 @〜C 2006.5.6 撮影
 D〜E 2007.6.24 撮影
 @ 露天風呂

 A 外観です


 B 露天風呂です

 

 C  お掃除i中です




 D 2007.6.24(日) 温泉カルテありました


E  2007.6.24(日) 温泉カルテありました

かんぽの宿別府(海南荘)

鉄輪温泉

戻る

2005.11-2007.7.11更新








温泉成分表

@ 源泉です・・単純温泉[低張性 弱アルカリ性 高温泉]
                    pH 7.9 [試験室 7.64]

A 温泉カルテより・・男性大浴槽内温泉成分