a+b+cの硫黄に対応する部分の  
 計1mgで温泉  計2mgで療養泉

r ミリモル 温泉以上の温泉 療養泉の規定
遊離二酸化炭素  0   250r以上 1000r以上で二酸化炭素泉
遊離硫化水素  0  
 
溶存ガス成分計  0      

(4)溶存ガス成分

(3)遊離成分
   ミリモルは各成分のミリグラム値をその分子量で除したもの
  r ミリモル 温泉法上の温泉 療養泉の規定
メタケイ酸 201    50r以上  
メタホウ酸 6.6    5r以上  
メタ亜ヒ酸 0.1    1mg以上  
非解離成分計 208       

溶存物質総量(ガス性のものを除く)
  温泉の判定  1000r以上で温泉
  療養泉     1000r以上で療養泉

成分 r ミリバル ミリバル% 温泉法上の温泉 療養泉の規定
フッ素イオン 0.2  0.01  .05 2mg以上  
ヨウ素イオン       1mg以上  
臭素イオン 0.4 0.01 0.06 5r以上  
塩素イオン 153  .32 32.93    
硫化水素イオン        
硫酸イオン 87.8 1.83 13.95  
リン酸ー第一水素イオン 0.4  0.01 0.08    
炭酸水素イオン 423 6.93  52.82 重炭酸ソーダ340mg以上  
炭酸イオン 0.4  0.01  0.08    
硝酸イオン          
ヒドロヒ酸イオン       1.3r以上  
水酸イオン          
合計 665  13.12  100     

(2)陰イオン
  ミリバルはミリバル当量の事で、各成分のr値をそのまま当量で除したもの

成分 r ミリバル ミリバル% 温泉法上の温泉 療養泉の規定
水素イオン

 
1r以上 1mg以上で酸性泉
リチウムイオン 0.9
0.13
 
1.03
 
1r以上  
ストロンチウムイオン       10r以上  
ナトリウムイオン 137  5.96  47.41    
カリウムイオン 19.6 0.5 3.98    
カルシウムイオン 56.5  2.82 22.43    
マグネシウムイオン 37.1 3.05 24.26    
アンモ二ウム 0.1  0.01 0.08  

鉄(U)イオン 0.8 0.03  0.24 UとVで10r以上 UとVで30r以上で鉄泉
鉄(V)イオン        
銅(U)イオン         1mg以上で銅泉
バリウムイオン       5r以上  
マンガン(U)イオン 0.7  0.03 0.24 10r以上  
アルミニウム 0.4 0.04 0.32

合計 253  12.57 100     
(1)陽イオン

成分の組成


※ 泉質名は療養泉の規定である泉温25℃以上で「泉質名」がつけることができます。
 赤字は泉質名をつけることのできる項目です
   もっとも多いものが主成分、20ミリバルパーセント以上は副成分です。陽イオンの多い順にナトリウム、                  マグネシウム、カルシウムとなります。 陰イオンは塩素イオン、炭酸水素イオンです
住所:大分県別府市千代町8-2
пF0977-24-3028
入湯時間:13-23時
料金:100円
--------------------------------------
※施設の表示

泉質名:ナトリウム・マグネシウム・カルシウムー
     炭酸水素塩・塩化物泉

pH:7.1
泉温:.56
色:無色
効能:胃腸病
183mで動力掘削

平成3年7月検査

調査浴槽データー:
 pH:6.8  2005.4.29(金) 
 pH:7.28 源泉         2007.6.24(日) 
 pH:7.25 浴槽内の温泉
   
コメント
 施設の前がちょうド広場になつており、縁台もあり、ほっとします。自転車で回り、この昼頃の時間帯は暑くて・・のびそう
温泉は金味系と聞きますが、あまり感じませんでした。
明治初期からの温泉で飲泉もできます。

  2007.6.24(日)再訪


  2007.6.24(日) 撮影  2005.4.29(金) 撮影




 
  この前は大きな広場・・永石温泉も近く 

 温泉成分分析表です。

溶存物質総量 1126r/s
成分総量 1126r/kg

紙屋温泉

戻る

2005.11-2007.7.14更新

別府温泉