top
 20170317-20180917
更新
   
  
   竹迫温泉(たけざこおんせん)
          
 
 住所:鹿児島県鹿児島市下荒田3丁目22-10
 TEL:099-255-1954
 入湯時間:5:30-22:30 休日第3木曜日
 費用:390円 
 アメ二ティ:石鹸あります。ドライヤー 有料
 公式サイト:こちらです
 

 泉質名   ナトリウムー塩化物泉
          〔 低張性 弱アルカリ性 高温泉] 
                      
 温泉の環境 源泉かけ流しの表示です。ただし加水・塩素系による消毒はあります。
         加温・循環ろ過なし
 
  
 
 調査浴槽データー

 2017年3月14日(火) 
 
  内湯  pH:7.4  
   

 コメント
 市内の温泉銭湯湯めぐりの6つ目です。朝から徒歩で、時々市電も活用した一日でした。〆の銭湯はこちらです。温泉錦湯から本日最後の銭湯です。こちらは2013年にリニューアル。こちらは市内でも一番古い銭湯で1892年明治25年創業ですから、鹿児島の温泉銭湯文化もすばらしいですね。
 施設は大変新しく番台の雰囲気があります。浴室は超音波 電気風呂 サウナなどいろいろあります。うすい塩味を感じます。飲泉の許可はありませんが、飲用できる状態です。日々温泉に入湯できる地域はうらやましいです。


 アクセス
みずほ通り、徳洲会病院の交差点を右折100m 市電「鹿児島中央駅前」駅から市電2系統で高見馬場駅下車。乗り換えで市電1系統で谷山行きで「騎射場駅」で下車して徒歩6分です。駐車場も20台近くのスペースがあります。

 施設の雰囲気
  
     
     
 
 温泉分析書より抜粋   分析  平成27年4月28日  東洋環境分析センター
   源泉名    甲突川右岸7号
   源泉所在地 
   泉質名    ナトリウムー塩化物塩泉
             〔 低張性 弱アルカリ性 温泉]                    
   pH     7.8(775)  
      泉温    48.7 ℃
   知覚試験性状    無色透明 微塩味 無臭     
   湧出量   ℓ/分
   ラドン   
   蒸発残留物  g/kg
溶存物質総量(ガス性のものを除く)  3.799 g/㎏
  温泉の判定  1000㎎以上で温泉   
  療養泉     1000㎎以上で療養泉  
成分総量                   3.816 g/㎏

陽イオン 陰イオン
成分(温泉法上の量( )内の数値は療養泉です) ミリバル ミリバル㌫ 成分(温泉法上の量 ( ) 内の数値は療養泉です   ㎎ ミリバル ミリバル㌫
ナトリウムイオン Na+ 1252 54.46 91.35 フッ化物イオン F- 0.8 0.04 0.06
カリウムイオン K+ 21.4 0.55 0.92 塩素イオン Cl- 1417 51.25 62.79
アンモニウムイオン NH4+ 5.2 0.29 0.49 臭素イオン 5㎎ Br- 7.1 0.09 0.15
マグネシウムイオンMg2+ 14.2 1.54 2.67 硫酸イオン  SO4 2- 283.6 5.90 9.52
カルシウムイオン Ca2+  53.6 2.61 4.48 炭酸水素イオン  246.3 4.69 7.57
ストロンチウムイオン  1.8 0.04 0.02
アルミニウムイオン  0.1 0.01 0.02



マンガン(Ⅱ)イオン 
Mn2+
0.1 0.00 0.00



鉄(Ⅲ)イオン Fe3+ 0.2 0.01 0.02



合計 1354 59.62 100 合計 61.97 100



非解離成分 遊離成分
 成分 ミリモル
  成分 ミリモル
メタケイ酸 50㎎以上  HSiO3 39.5 0.51
遊離二酸化炭素 250㎎(1000㎎以上)   CO2 17.6 0.40
メタホウ酸 5㎎以上
HBO2
9.9 0.23
遊離硫化水素  H2S <0.1 -
非解離成分計 49.4 0.74

溶存ガス成分計
17.6 0.40



 硫黄分(再掲)
  
硫化水素、チオ硫酸イオン、遊離硫化水素の硫黄に対応する合計で1㎎以上で温泉法上の温泉です。  計2mgで療養泉です。㎎/㎏であり「含硫黄」と泉質名の陽イオンの前につけます。
 硫黄分 (再掲) 内S分




①硫化水素イオン HS-×0.970  
 ( 32.06×HS-)÷33.0679

②チオ硫酸イオン 
S2O32-×0.267[0.572]  
 
(32.06×2×S2O32-)÷112.1182

③遊離硫化水素  H2S×0.941       
 
(32.06×H2S)÷34..0758)

硫化水素イオンHS-
×0.97=
( 32.06×HS-)÷33.0679
チオ硫酸イオンS2O32-
×0.267=
(32.06×2×S2O32-)÷112.1182
硫化水素  H2S
×0.941=
(32.06×H2S)÷34..0758)
合計


 禁忌症 適応症及び入浴又は飲用上の注意 抜粋
 
 
1 浴用の禁忌症
 ・  一般禁忌症
病気の活動期(特に熱のあるとき) 活動性の結核  
進行した悪性腫瘍又は高度の貧血など身体衰弱の著しい場合
少し動くと息苦しくなるような重い心臓病又は肺の病気 
むくみのあるような重い腎臓の病気 消化管出血 目に見える出血があるとき
慢性の病気の急性増悪期
 
  泉質別禁忌症
なし 
 
 2 飲用の禁忌症
   飲用許可なし
 
3  療養泉の適応症
 ・  一般的適応症(浴用) 
筋肉若しくは関節の慢性的な痛み又はこわばり(関節リウマチ 変形性関節症 腰痛症
神経痛 五十肩 打撲 捻挫などの慢性期) 
運動麻痺における筋肉のこわばり 冷え性 末梢循環障害 
冷え性 末梢循環障害  
胃腸機能の低下(胃がもたれる 腸にガスがたまるなど)  
 軽症高血圧症
耐糖尿異常(糖尿病) 軽い高コレステロール血症 軽い喘息又は肺気腫 
 軽い高コレステロール血症
軽い喘息又は肺気腫 
痔の痛み 
自律神経不安定症  ストレスによる諸症状(睡眠障害 うつ状態など)
病後回復期 
疲労回復 健康増進 
 
 ・ 泉質別適応症(浴用)
きりきず 末梢循環障害 冷え性 うつ状態 皮膚乾燥症