住所:兵庫県美方郡香美町村岡区鹿田51-52-53
пF0796-98-1517
入湯時間:9:00-21:00
入湯料金:600円(入浴+タオル) 

 -----------------------
源泉名:登龍泉 トリュウセン
所有者:ハチ北温泉共同組合
泉質名:パンフレット
       単純弱放射能低温泉
       [低張性 アルカリ性 低温泉]

     掲示物
       放射能泉
 掲示物より
pH:8.4
泉温:31.5℃
色:無色
湧出量:g/s
湯の提供:加温 ろ過循環 消毒
適応症:痛風 動脈硬化症 高血圧症 慢性胆嚢炎 胆石症 慢性皮膚病 アトピー性皮膚炎慢性婦人病 神経痛 筋肉痛 五十肩 疲労回復
分析:昭和51年11月16日

公式サイト→こちらです

 ☆ pH8.4なら鉱泉分析法指針では普通は弱アルカリ性ですが施設に表示してるとうりにこちらに書いてます。施設の公式サイトもアルカリ性と明記していますので。




調査浴槽データー:2008.11.01(土)
 源泉  pH:8.5   
 内湯  pH:8.4.

    鉱泉分析法指針にて8.5以上はアルカリ性です。



コメント:
 ハチ北温泉は「山峡のいで湯」として風情があります。ハチ北高原は冬はスキーで有名です。「湯治の郷」と名前があるように自炊宿がありました。一回500円で一日フリーパスという何度でも入れる券もあります。今回は宿で200円割引券でしたので2回以上ならフリーパスがお得です。
 また各宿に引き湯されてる所もあります。
施設は川のせせらぎのそばにあります。内湯だけですが、玄関には飲用できる温泉があります。浴室には一つの浴槽とラドン吸入室があります。冷たいミスト状であびると気持ちいいですね。浴槽は加温で少々熱い目です。少しの肌スベはあります。カランは5つぐらいです。
 食事ところやみやげ物やらいろいろあります。
 
 温泉成分については施設の表示とパンフレッとで炭酸水素イオンなど半減しています。詳しくはまたレポします。例えば脱衣場掲示の 昭和51年・・605.5r/s パンフレット 325r/sです。
 まあ お湯につかり癒しがあればいいかな


アクセス:
 山陰本線の八鹿駅からバスで50分です。北近畿豊岡自動車道和田山I.Cから国道9号経由、村岡方面へ車で40kmです。


 写りが悪いです

  外観です


 飲用できます
 脱衣場です

湯治

HP

 温泉分析書より
   源泉名   登龍泉 トリュウセン
   泉質名   単純弱放射能低温泉
   pH      8.4
      泉温    31.5℃
   適応症 
溶存物質総量(ガス性のものを除く)    897.3r/s
  温泉の判定  1000r以上で温泉
  療養泉     1000r以上で療養泉  
成分総量                    898.4r/s

泉質名のつけ方
 @溶存物質総量1000r以上→塩類泉として赤字のミリバルパーセント20l以上の成分を「泉質名」に入れてつけることができます。
陽イオンの20ミリバルl成分名、次に陰イオン名の20ミリバルlそれぞれ多い順につけます。
 →炭酸水素塩泉 塩化物泉 硫酸塩泉

 →療養泉としての成分が含まれている場合はその[成分名」を前につけます。酸性 含硫黄 含鉄 含アルミニウムとなります。

 A溶存物質総量1000r/s以下
  →療養泉としての成分が含まれている→二酸化炭素泉 含鉄泉 含アルミニウム泉 含銅ー鉄泉
                          硫黄泉 酸性泉 放射能泉

  →療養泉としての成分が含まれていない・泉温25℃以上→単純温泉

陽イオン 陰イオン
成分(温泉法上の量( )内の数値は療養泉です) r ミリバル ミリバルl 成分(温泉法上の量 ( ) 内の数値は療養泉です   r ミリバル ミリバルl
水素イオン 1r(1rで酸性泉) 
 
 

フッ素イオン 2r F- 0.3404 0.0179 0.17
リチウムイオン 1r Li
+
0.4205 0.0108 0.11 ヨウ素イオン 1r T


ストロンチウムイオン 10r


臭素イオン 5r Br-


ナトリウムイオン Na+ 192.2 8.35 79.98 塩素イオン Cl- 10.86 0.3063 0.94
カリウムイオン K+


硫化水素イオン HS-


マグネシウムイオンMg2+ 23.24 1.910 18.28 チオ硫酸イオンS2O32



カルシウムイオン Ca2+ 3.204 0.1600 1.54 硫酸イオン  SO4 2- 0.9271 0.0193 0.19
マンガン(U)イオン 10r
Mn2+
0.0801 0.0029 0.03 硫酸水素イオン  HSO4 -


鉄(U)イオン U+Vで10r(30rで鉄泉) Fe2+ 0.0373 0.0013 0.02 炭酸水素イオン 重炭酸ソーダ340r以上 HCO3- 605.5 9.923 94.96
鉄(V)イオン Fe3+


炭酸イオン CO32- 3.646 0.1215 1.17
銅(U)イオン (1r)で銅泉


硝酸イオン NO3-


アルミニウムイオン (100r)
Al3+
0.0305 0.0034 0.04 ヒドロヒ酸イオン 1.3以上
HAsO42-



バリウムイオン 5r Ba2+


メタケイ酸水素イオン


アンモニウム ン NH4+


メタケイ酸イオン






水酸イオン OH- 0.0425 0.0025 0.24




ヒドロケイ酸酸イオン 2.667 0.0346 0.33
合計
10.45 100 合計 624 10.45 100




非解離成分 遊離成分
 成分 r ミリモル
  成分 r ミリモル
メタケイ酸 50r以上  HSiO3 54.04 0.6921
遊離二酸化炭素 250r(1000r以上)   CO2 1.097 0.0249
メタホウ酸 5r以上
HBO2
0.1060 0.0010
遊離硫化水素  H2S


メタ亜ヒ酸


溶存ガス成分計 1.097 0.0249
非解離成分計 54.1640 0.6931




 硫黄分(再掲)
  
硫化水素、チオ硫酸イオン、遊離硫化水素の硫黄に対応する合計で1r以上で温泉法上の温泉です。  計2mgで療養泉です。r/sであり「含硫黄」と泉質名の陽イオンの前につけます。
 硫黄分 (再掲) r 内S分
  ラドン 

   75.6×10-10キューリー


硫化水素イオンHS-
×0.97=
チオ硫酸イオンS2O32-
×0.267=
硫化水素  H2S
×0.941=
合計

2008.11.10−2009.5.21更新

ハチ北温泉