top
   
  波賀温泉
    波賀不動滝公園 楓香荘(ふうかそう)
          
 住所:兵庫県宍粟市波賀町原625
 TEL:0790-75-2355
 入湯時間:日帰りは11:00-21:00
 費用:日帰りは大人600円 小人300円
 宿泊:1泊2食付き5689円(税込)  半額料金です。        
 アメ二ティ:ボデイソープ シャンプー リンスあり ドライヤー
 公式サイト:こちらです
 
 泉質名   緩和性低張性冷鉱泉
          
 温泉の環境は加水 加温 循環ろ過 塩素系による消毒 
 
  
 
 調査浴槽データー

 2017年3月7日(火) 
 
  楓湯 内湯  pH:7.7 夕方              
            
pH:8.0 夜八時ごろ          
   
   

 コメント
 三月ですが雪が降りこちらに到着すると雪がたくさんありました。

 温泉について
あまり特徴はないです。日帰り温泉でもあるので地元の方が来られますね。内湯だけですが雪見ふろもできました。


 食事について
夕食は豪華な食事ではありませんが牡丹鍋ふうもあり楽しみました。アマゴの塩焼などは別注文しました。あくる朝の鹿の佃煮はほんとにくせもなく美味でした。こちらには笹うどんというお土産があり冷やしうどんでいただくと案外おいしいです。

 施設について
宿泊施設は別館になりますのでお部屋からお風呂までの距離が寒いんです。それぐらいまさかの寒さでした。原不動滝やスキー場など近くにあります。

 アクセス
松山から倉敷経由で中国道で行きました。

 施設の雰囲気


 内湯からの景色はいいですよ
 pH7.7
  お部屋とお風呂場までの通路が寒いです   寒くて暖房が大助かりでした
  ボタンなべ     朝食
     
 まさかの雪がふりました。    
     
     
 
 温泉分析書より抜粋     分析 昭和50年8月15日  兵庫県衛生研究所
                   決定 昭和51年3月2日   兵庫県衛生部長
   源泉名    波賀温泉
   源泉所在地  兵庫県
   泉質名    放射能泉
             〔 緩和性 低張性 冷鉱泉]                    
   pH       
      泉温    13.5 ℃
   知覚試験性状    無色     
   湧出量   ℓ/分
   ラドン   
   蒸発残留物  g/kg
溶存物質総量(ガス性のものを除く)  74.54g/㎏
  温泉の判定  1000㎎以上で温泉   
  療養泉     1000㎎以上で療養泉  

成分総量                    g/㎏

陽イオン 陰イオン
成分(温泉法上の量( )内の数値は療養泉です) ミリバル ミリバル㌫ 成分(温泉法上の量 ( ) 内の数値は療養泉です   ㎎ ミリバル ミリバル㌫
カリウムイオン K+ 0.5010 0.0128 1.73 クロールイオン Cl- 5.9210 0.1670 22.61
ナトリウムイオン Na+ 8.1690 0.3552 48.11 ビドロ炭酸イオンHCO3- 30.5700 0.5010 67.81
カルシウムイオン Ca2+  5.6170 0.2803 37.96 硫酸イオン  SO4 2- 2.6800 0.0558 7.55
マグネシウムイオンMg2+ 0.7894 0.0649 8.79 炭酸イオン 0.0397 0.0013 0.18
鉄イオンFe2+ 0.2405 0.0086 1.17 フッ素イオン 2㎎ F- 0.2204 0.0116 1.57
マンガンイオン Mn2+ 0.0316 0.0012 0.16 ヒドロケイ酸イオンHSiO3- 0.0960 0.0012 0.16
アルミニウムイオン Al3+ 0.1253 0.0139 1.88 臭素イオン Br-
0.0533 0.0007 0.09
亜鉛イオンZn2+ 0.0503 0.0015 0.20 水酸イオン OH-
0.0042

0.0002

0.03
合計 15.5200 0.7384 100.00 合計
39.5800
0.7388

100.00



非解離成分 遊離成分
 成分 ミリモル
  成分 ミリモル
メタケイ酸 50㎎以上  HSiO3 1944 0.2490
遊離二酸化炭素 250㎎(1000㎎以上)   CO2


メタホウ酸 5㎎以上
HBO2
0.0014 0.0000
遊離硫化水素  H2S


非解離成分計



溶存ガス成分計






 硫黄分(再掲)
  
硫化水素、チオ硫酸イオン、遊離硫化水素の硫黄に対応する合計で1㎎以上で温泉法上の温泉です。  計2mgで療養泉です。㎎/㎏であり「含硫黄」と泉質名の陽イオンの前につけます。
 硫黄分 (再掲) 内S分




①硫化水素イオン HS-×0.970  
 ( 32.06×HS-)÷33.0679

②チオ硫酸イオン 
S2O32-×0.267[0.572]  
 
(32.06×2×S2O32-)÷112.1182

③遊離硫化水素  H2S×0.941       
 
(32.06×H2S)÷34..0758)

硫化水素イオンHS-
×0.97=
( 32.06×HS-)÷33.0679
チオ硫酸イオンS2O32-
×0.267=
(32.06×2×S2O32-)÷112.1182
硫化水素  H2S
×0.941=
(32.06×H2S)÷34..0758)
合計


  浴用上の注意事項
 一般的禁忌
(1) すべての急性疾患ことに熱性疾患 進行性結核 悪性腫瘍 重い心臓病 出血性疾患 
 高度の貧血 その他一般に病勢進行中の疾患などについては温泉の利用を原則として禁忌する。
(2) 妊娠中(とくに初期と末期)は原則として禁忌する。温泉療養を始めようとする場合妊娠の有無に
 ついてあらかじめ医師の診察を受けることが望ましい。)
 (3)次の疾患について原則として高温浴(42℃以上)を禁忌とする。
  ア高度の動脈硬化症 
   イ高血圧症
 
適応症
 (1)浴用の適応症
ア リウマチ性疾患   イ痛風及び尿酸素質
ウ 動脈硬化症      エ慢性肝胆道疾患  
オ 高血圧症        カ外傷後遺症
 
 
20170317-20180815更新