戻る
                                             2011.5.1-20171026更新
 
  東浦 花の湯
 
住所:兵庫県淡路市久留麻2743
TEL:0799-74-0101 
入湯時間:11:00-22:00        
入湯料金:700円    
アメ二ティ:ボディソープ シャンプー 
公式サイト:こちらです
 
源泉   東浦花の湯  
泉質名  ナトリウム-炭酸水素塩泉 
           [低張性 中性 低温泉]
pH:7.47                
泉温:29.7℃
湯の提供:加水 加温 ろ過循環 塩素系薬剤消毒
 
 露天風呂もお花を眺めながら・・  
 内湯です。ジャグジーもあります
     
 
 調査浴槽データー

    2011..4.30日(土)
 
     内湯      pH:7.7
      
露天風呂   pH:7.5     
   

 コメント
 こちらは以前にも行きましたがある案内に「炭酸ガスが蒸発することによりph9になるアルカリ性温泉・・・」の表示に驚き行きました。施設にもそれが掲示されてますね。どうも理解に苦しみますね。こちらが案内です。中性ですのでpH7ぐらいがなんで上がるのでしょうか。施設そのものの公式サイトからは省かれてますが掲示物はありますね。塩素消毒のにおいはありますが・・・
 こちらは淡路島東浦サンパークという市営の宿泊施設がありますので、お安く宿泊できる時もあります。

 温泉は少し色がかかり、ぬるっともしていますね。サウナ、ジャグジー、露天風呂もあり、湯あがりにはお食事もできます。淡路島に入るとサービスエリアや淡路ハイウエイサービスで特産品「淡路玉ねぎパイ」「玉ねぎスープ」「地ビール」などいろいろ楽しめます。



 アクセス
 東浦インターから10分くらいです。兵庫からは阪神高速道路から箕谷 布施畑を通り1時間です。
  

 施設の雰囲気




 内湯から
 露天風呂


 温泉棟です
 宿泊施設・・・平日3000円から
 
 温泉分析書より抜粋     平成3年9月6日調査  
   源泉名   東浦花の湯
   湧出地   兵庫県津名郡東浦町久留麻字白池谷2739-2
   泉質名   ナトリウム-炭酸水素塩泉
            [低張性 中性 低温泉]                     
   pH      7.47 (試験室)
      泉温    29.71℃
   色      
   湧出量   214g/分
   ラドン    Ci/s 
   蒸発残留物 g/kg
溶存物質総量(ガス性のものを除く)   1.12g/s
  温泉の判定  1000r以上で温泉   
  療養泉     1000r以上で療養泉  
成分総量                    1.16g/s

泉質名のつけ方
 @溶存物質総量1000r以上→塩類泉として赤字のミリバルパーセント20l以上の成分を「泉質名」に入れてつけることができます。
陽イオンの20ミリバルl成分名、次に陰イオン名の20ミリバルlそれぞれ多い順につけます。
 →炭酸水素塩泉 塩化物泉 硫酸塩泉

 →療養泉としての成分が含まれている場合はその[成分名」を前につけます。酸性 含硫黄 含鉄 含アルミニウムとなります。

 A溶存物質総量1000r/s以下
  →療養泉としての成分が含まれている→二酸化炭素泉 含鉄泉 含アルミニウム泉 含銅ー鉄泉
                          硫黄泉 酸性泉 放射能泉

  →療養泉としての成分が含まれていない・泉温25℃以上→