住所:神戸市長田区南駒栄町1-6
пF078-691-1126
入湯時間:10:00-25:00 
       土 日 祝 8:00-25:00
入湯料金:850円
-----------------------
源泉名:神戸駒ヶ林温泉
泉質名::ナトリウム-塩化物温泉
     [低張性 弱アルカリ 高温泉]
pH:7.5 (試験室 7.41)
泉温:45.2℃→使用位置42℃
沸出量:320g/分
色:僅微黄色透明僅塩味
ラドン:2.19×10-10Ci/s 0.60ME
掘削:
効能:
 神経痛・筋肉痛・関節痛・五十肩・運動まひ・関節のこわばり・うちみ・くじき・慢性消化器病・痔疾・冷え性・病後回復期・疲労回復・健康増進疲労回復

 泉質としての効能
  きりきず・やけど・虚弱児童・慢性婦人病
 

公式サイト→こちらです
調査浴槽データー:2008.7.12(土)源泉かけ流し
  露天風呂 岩風呂   pH:7.3 
  露天風呂 岩釜風呂  pH:7.4 
  内湯            pH:7.6  温泉ではありません

        鉱泉分析法指針では 弱アルカリ性はpH 7.5以上8.4以下です
コメント
 湯の花が多いということで行きました。確かに露天風呂にはうすい茶系の色がかかりほんまもんと言う感じはあります。
 施設は全体がホームセンターの一部とういうかんじですので、駐車場も広いです。靴箱のかぎをわたして脱衣ロッカーの鍵と交換です。室内は板張りの廊下で清掃が行き届いてますね。
 湯の花、肌スベはあるものの特に目立つところはないですが、サウナ、ジャグジー 白湯といろいろです。露天に行くと岩風呂では源泉が湯の花がいっぱい浮いてます。最近に多い、テレビ観戦つきの露天風呂
 温泉成分としては炭酸水素イオンも908r/sと神戸市内では一番多いのかな 源泉かけ流しが感じられますね。臭素イオンも別欄でご覧ください。

  レストランが大きくて1日遊ぶにはいいですね。半額券もいただけましたので再訪したいです。

  本日の帰りに「灘温泉水道筋店」によりましたので、つい泉質と値段で横綱級の温泉と比較してしまいました。
 
アクセス
 阪神高速神戸線湊川出口より JR新長田駅より12分ぐらいです。
  浴場前です
 廊下も板張りです
  お食事処きれい、大きいです

源泉湯元
 あぐろの湯

戻る

2008.7.13-2008.7.17更新

 温泉分析書より  平成16.12.8日検査   平成17.11.1 
   温泉名    あぐろの湯
   泉質名    ナトリウムー塩化物温泉
   pH       7.5
      泉温      45℃
   効能      切り傷 ほか
溶存物質総量(ガス性のものを除く)    5447r/s
  温泉の判定  1000r以上で温泉
  療養泉     1000r以上で療養泉  
成分総量                    5468r/s

泉質名のつけ方
 @溶存物質総量1000r以上→塩類泉として赤字のミリバルパーセント20l以上の成分を「泉質名」に入れてつけることができます。
陽イオンの20ミリバルl成分名、次に陰イオン名の20ミリバルlそれぞれ多い順につけます。
 →炭酸水素塩泉 塩化物泉 硫酸塩泉

 →療養泉としての成分が含まれている場合はその[成分名」を前につけます。酸性 含硫黄 含鉄 含アルミニウムとなります。

 A溶存物質総量1000r/s以下
  →療養泉としての成分が含まれている→二酸化炭素泉 含鉄泉 含アルミニウム泉 含銅ー鉄泉
                          硫黄泉 酸性泉 放射能泉

  →療養泉としての成分が含まれていない・泉温25℃以上→単純温泉

陽イオン 陰イオン
成分(温泉法上の量( )内の数値は療養泉です) r ミリバル ミリバルl 成分(温泉法上の量 ( ) 内の数値は療養泉です   r ミリバル ミリバルl
水素イオン 1r(1rで酸性泉) 
 
 

フッ素イオン 2r F- <0.05 - -
リチウムイオン 1r Li
+



ヨウ素イオン 1r T 1.5 0.01 0.01
ストロンチウムイオン 10r


臭素イオン 5r Br- 4.8 0.06 0.07
ナトリウムイオン Na+ 1814 78.9 92.27 塩素イオン Cl- 2493 70.32 82.26
カリウムイオン K+ 15.1 0.39 0.46 硫化水素イオン HS- <0.1 - -
マグネシウムイオンMg2+ 17.4 1.43 1.67 チオ硫酸イオンS2O32



カルシウムイオン Ca2+ 84.6 4.22 4.94 硫酸イオン  SO4 2- 7.8 0.16 0.19
マンガン(U)イオン 10r
Mn2+
<0.05 - - 硫酸水素イオン  HSO4 -


鉄(U)イオン U+Vで10r(30rで鉄泉) Fe2+ 1.5 0.05 0.06 炭酸水素イオン 重炭酸ソーダ340r以上 HCO3- 908.5 14.89 17.42
鉄(V)イオン Fe3+


炭酸イオン CO32- 1.2 0.04 0.05
銅(U)イオン (1r)で銅泉


硝酸イオン NO3-


アルミニウムイオン (100r)
Al3+
0.6 0.07 0.08 ヒドロヒ酸イオン 1.3以上
HAsO42-



バリウムイオン 5r Ba2+


メタケイ酸水素イオン


アンモニウム ン NH4+ 8.2 0.45 0.53 メタケイ酸イオン






水酸イオン OH-







リン酸一水素イオン



合計 1941 85.51 100 合計 3417 85.48 100




非解離成分 遊離成分
 成分 r ミリモル
  成分 r ミリモル
メタケイ酸 50r以上  HSiO3 55 0.7
遊離二酸化炭素 250r(1000r以上)   CO2 20.7 0.47
メタホウ酸 5r以上
HBO2
34 0.78
遊離硫化水素  H2S <0.1 -
メタ亜ヒ酸


溶存ガス成分計 20.7 0.47
非解離成分計 89 1.48




 硫黄分(再掲)
  
硫化水素、チオ硫酸イオン、遊離硫化水素の硫黄に対応する合計で1r以上で温泉法上の温泉です。  計2mgで療養泉です。r/sであり「含硫黄」と泉質名の陽イオンの前につけます。
 硫黄分 (再掲) r 内S分







硫化水素イオンHS-
×0.97=
チオ硫酸イオンS2O32-
×0.267=
硫化水素  H2S
×0.941=
合計