top
 20180614-20210115

更新
  登別温泉
  
    第一滝本館     
 住所:北海道登別市登別温泉町55
 TEL:0120-940-489
 日帰り入浴:通常 大人2250円 小人1100円 夕割 大人 1700円 小人825円
 公式サイト:こちらです
 
  調査浴槽データー
 2018年6月10日(日) 午後入湯
        
11日(月) 早朝 入湯        
 
 泉質名  
 2018年6月
実測 
温泉は加水されてます
 2009年分析値  源泉名  
2018年3月20日決定温泉分析書  泉質名  
宿より
 硫黄泉  美肌の湯  2.8 200907分析決定温泉分析書
2.3(2.26) 
 源泉 1号乙泉 血行促進 
 酸性・含硫黄・アルミニウム-硫酸塩・塩化物温泉(硫化水素型) 
2019年7月12日決定温泉分析書
2.3(2.21)
源泉 1号乙泉
 酸性・含硫黄・鉄(Ⅱ Ⅲ)-単純温泉(硫化水素型) (低性酸性高温泉)
 芒硝泉  きずの湯 3.0  2018年3月20日決定温泉分析書
2.2(2.06)
 源泉 1号甲泉  肌のカサつきに
 酸性・含鉄(Ⅱ Ⅲ)-ナトリウムー硫酸塩・塩化物温泉(酸性 低張性 高温泉)
酸性緑ばん泉 万病の湯(金蔵の湯 ) 2.7 2018年5月7日決定温泉分析書
2.6(2.54)
源泉 12号泉・14号泉・23号泉の混合泉 硫化水素臭 
 酸性・含硫黄ー単純温泉
(硫化水素型) 
(低張性 酸性 高温泉)
万病の湯 3.5
 
 酸性・含硫黄・鉄(Ⅱ Ⅲ)-単純温泉(硫化水素型)
食塩泉     熱の湯 6.8  2017年10月23日決定温泉分析書
 源泉 7号泉 7.4 冷え性に  
 源泉20号泉 6.9
 源泉21号泉 6.2
 源泉22号泉 6.8
 2018年5月7日決定温泉分析書掲示物
6.3
 源泉 20号泉 22号泉の混合泉
 ナトリウム・カルシウムー塩化物温泉 (中性低張性高温泉)
 鬼の湯  7.0 6.8 
源泉19号泉
 ナトリウム・カルシウム・マグネシウムー塩化物・炭酸水素塩泉 (中性低張性高温泉)
 癒しの湯  
 2017年10月19日決定温泉分析書
6.8(6.71)
 源泉22号泉 
  ナトリウム・カルシウムー塩化物温泉 (中性低張性高温泉)
重曹泉   美人の湯 7.0   2017年10月19日決定温泉分析書掲示物
6.8(6.79) 7.4
源泉7号泉  しっしんに
 ナトリウム・カルシウムー塩化温泉(中性低張性高温泉)

   
コメント
 この宿は江戸の滝本金蔵という大工職人が1858年に長万部にわたりその後登別温泉で湯宿経営を始めたことから始まる。明治の中盤には登別温泉は社交場であり、現在の名前は昭和28年に改称。はや2019年から見ると165年前からの宿となる。こちらのお宿に5つの泉質があり温泉分析書としては7種類の温泉です。源泉は確認できるところでは11源泉ですね。その温泉を一度に味わえるのはほんとにすごいですね。
施設は温泉パークと思える多種多様なお風呂やプールもあります。滝本インの宿泊するとこちらの温泉に入湯できます。

2日間で夕方 あくる朝と入湯しましたがほんとに硫黄の香りやしゅっわと味のする温泉 塩分を感じる温泉 炭酸の多い温泉は肌へしっとり感を感じさしてくれます。また行きたいな 



アクセス
新千歳空港から約1時間 札幌から約2時間です。登別温泉へは札幌からバスで向かいました。
施設の雰囲気

硫黄泉 美肌の湯 
pH測定 2.8  20180610入湯
  源泉 1号乙泉
分析値2.3  2019年 平成21年7月28日 
     酸性・含硫黄・アルミニウム-硫酸塩・塩化物温泉(硫化水素型)
 
 

   
 芒硝泉 きずの湯
pH測定 3.0  20180610入湯分
   源泉 
分析値 ㏗ 2.2(2.06)
     酸性・含鉄(Ⅱ Ⅲ)-ナトリウムー硫酸塩・塩化物温泉(酸性 低張性 高温泉)
 
 
   
酸性緑ばん泉  金蔵の湯(露天風呂)
 ㏗3.5測定 20180611入湯
   分析値 ㏗2.6
12号泉・14号泉・23号泉の混合泉
     酸性・含硫黄ー単純温泉(硫化水素型 )
低張性 酸性 高温泉)
 
 
   
 酸性緑ばん泉 万病の湯(内湯)
㏗2.7 20180611入湯
   
     
 食塩泉 熱の湯  ㏗ 6.8測定 20180611入湯     分析値 pH 6.3 
源泉名 20号泉・21号泉の混合泉 
     ナトリウム・カルシウムー塩化物温泉
 
     
 食塩泉 鬼の湯 20180610入湯    分析値 pH 6.8 
源泉名 19号泉 
 
   
     ナトリウム・カルシウム・マグネシウムー塩化物・炭酸水素塩温泉
     
食塩泉  癒しの湯    分析値  pH 6.8 
源泉名 22号泉
 
   ナトリウム・カルシウムー塩化物温泉
 重曹泉 美人の湯  ㏗ 7.0 20180611入湯分    分析値 pH 7.4 
源泉名 7号泉 
     ナトリウム・カルシウムー塩化物温泉
 
 
   
 大浴場の温泉の泉質はいろいろです
大浴場へ

ホテルの施設は大きくです 外観 ひときわ目立ちます
     
     
 
 温泉分析書より抜粋     平成30年5月7日
   源泉名    登別温泉 12号泉 14号泉 23号泉の混合泉
   源泉所在地  
   泉質名     酸性・含硫黄ー単純温泉(硫化水素型)   〔低張性酸性高温泉]                    
   pH         2.6 〔試験室 2.54〕
      泉温        48.7 ℃
   知覚試験性状   無色澄明 収れん味  硫化水素臭   
   湧出量       /分 (動力)
   ラドン   
   蒸発残留物  g/kg
溶存物質総量(ガス性のものを除く)  0.969g/㎏
  温泉の判定  1000㎎以上で温泉   
  療養泉     1000㎎以上で療養泉  
成分総量                  1.113g/㎏
陽イオン 陰イオン
成分(温泉法上の量( )内の数値は療養泉です) ミリバル ミリバル㌫ 成分(温泉法上の量 ( ) 内の数値は療養泉です   ㎎ ミリバル ミリバル㌫
水素イオン  H

2.5
2.48
23.11
フッ化物イオン F- 0.2
0.01 0.09
ナトリウムイオン Na+ 31.9
1.39
12.95
塩化物イオン Cl- 35.2
0.99 9.10
カリウムイオン K+ 6.9
0.18
1.68
水酸イオンOH-


アンモニウム イオン NH4+ 1.0
0.06
0.56
硫化水素イオン HS- 0.0
0.00 0.00
マグネシウムイオンMg2+ 8.9
0.73
6.80
チオ硫酸イオンS2O32 0.5
0.01 0.09
カルシウムイオン Ca2+  37.4
1.87
17.43
硫酸水素イオン  HSO4 - 38.5
0.40 3.68
 アルミニウムイオンAl3+ 31.3
3.48
32.43
硫酸イオン  SO4 2-
454.5
9.46 86.95
マンガンイオン n2+ 0.8
0.03
0.28
リン酸イオン
H2PO42-
0.6
0.01 0.09
鉄(Ⅱ)イオン Fe2 13.0
0.47
4.38
炭酸水素イオン 重炭酸ソーダ340㎎以上 0.0
0.00 0.00
鉄(Ⅲ)イオン Fe3+ 0.8
0.04
0.37
炭酸イオン CO32- 0.0
0.00 0.00








合計 134.5 10.73 100 合計 529.5 10.88 100



非解離成分 遊離成分
 成分 ミリモル
  成分 ミリモル
メタケイ酸 SiO3 301.6 3.86
遊離二酸化炭素  132.4
3.01
メタホウ酸  3.5 0.08
遊離硫化水素  H2S 11.5 0.34
 硫酸  0.2  0.00
 


 
非解離成分計 306.3 3.94

溶存ガス成分計
143.9 3.35




 浴用の適応症
 
神経痛 筋肉痛 関節痛 五十肩 運動麻痺 関節のこわばり うちみ くじき きりきず やけど 慢性消化器病 痔疾 冷え性 疲労回復期 健康増進 慢性皮膚病 慢性婦人病
 浴用の泉質別適応症
きりきず やけど 慢性の婦人病
禁忌症は次のとおりである
 
 一般的禁忌症 (浴用)
 病気の活動期(とくに熱のあるとき) 活動性の結核 悪性腫瘍又は高度の貧血など身体の著しい
 場合 少し動くと息苦しくなるような重い心臓又は肺の病気 むくみのあるような重い腎臓の病気
消化管出血 目に見える出血があるとき 慢性の病気の急性増悪期 
 
  泉質別禁忌症(浴用)
 皮膚又は粘膜の過敏な人 高齢者の皮膚乾燥症
 
  含有成分別禁忌症(飲用)
 この温泉は飲用に利用しない。
 
適応症は次のとおりである。
 (1)療養泉の一般的適応症 (浴用)
  筋肉もしくは関節の慢性的な痛み又はこわばり (関節リウマチ 変形性関節症 腰痛症 神経痛
 五十肩 打撲 挫折などの慢性期)  運動麻痺における筋肉のこわばり 冷え性 
 胃腸機能の低下(胃がもたれる 腸にガスがたまるなど)  
 軽症高血圧  軽い高コレステロール血症 軽い喘息又は肺気腫 痔の痛み 自律神経不安定症
 ストレスによる諸症状(睡眠障害 うつ状態など) 病後回復期 疲労回復期 健康増進 
 
 (2)泉質別適応症(浴用)
 アトピー性皮膚炎 尋常性
 (3)泉質別適応症(飲用)
 この温泉は飲用に利用しない