住所:群馬県吾妻郡嬬恋村干俣2401
пF0279-97-3535
入湯時間:2:30〜16:00 
      日・祭日/11:30〜16:00
入湯料金:1000円
      湯めぐり手形 3湯で1500円
-----------------------
泉質名:酸性単純硫黄温泉 硫化水素型
         掲示は硫黄泉

pH:3.2 (試験室 3.19)
泉温:45.8℃
色:無色澄明 硫化水素臭

効能:慢性消化器病、神経痛、筋肉痛、 関節痛、五十肩、関節のこわばり、 うちみ、冷え症、慢性皮膚病、 慢性婦人病、きりきず、 高血圧症、動脈硬化症、糖尿病、 疲労回復、健康増進、病後回復期 

湯の供給:加温あり


公式サイト→こちらです

調査浴槽データー:2008.8.3(日)
  内湯     pH:2.9 
  露天風呂  pH:2.9
  泉温:

 鉱泉分析法指針により3未満は酸性です


コメント:
 こちらの温泉には以前からいきたかったところです。まず脱衣場、浴室、露天風呂とみる中で内湯の換気扇が目立ちましたね。
 一番遊離硫化水素が多い施設ですので入湯できて大変うれしいです。内湯のそばに換気扇が2つありまして勢いよくまわってましたね。温泉の色は乳白色は変わらず特に露天風呂からのロケーションが広々していいですね。開放感がありますのでつい入湯してた方とおしゃべりしてゆっくりできました。
 温泉成分の遊離硫化水素 総硫黄分としては全国一番に多いですね。

 
アクセス:
  上野〜JR吾妻線(特急草津号・2時間50分)〜万座鹿沢口〜西武・JRバス(40分)〜万座温泉 (プリンスホテル前  
 JR長野草津原駅からのバスもあります。

 私自身は湯田中から車です。
 
 露天風呂・・
 
景色は・・


 露天からの風景です
 雲海の湯・・女性用

万座温泉ホテル聚楽

HP

2008.8.10-2008.10.17更新

 温泉分析書より       平成15年11月19日
   源泉名   法性の湯
   泉質名   酸性単純硫黄温泉 硫化水素型
           掲示は硫黄泉
   pH      3.2 (試験室 3.19)
      泉温    45.8℃  自然湧出
   効能 
溶存物質総量(ガス性のものを除く)    710r/s
  温泉の判定  1000r以上で温泉
  療養泉     1000r以上で療養泉  
成分総量                     980r/s

泉質名のつけ方
 @溶存物質総量1000r以上→塩類泉として赤字のミリバルパーセント20l以上の成分を「泉質名」に入れてつけることができます。
陽イオンの20ミリバルl成分名、次に陰イオン名の20ミリバルlそれぞれ多い順につけます。
 →炭酸水素塩泉 塩化物泉 硫酸塩泉

 →療養泉としての成分が含まれている場合はその[成分名」を前につけます。酸性 含硫黄 含鉄 含アルミニウムとなります。

 A溶存物質総量1000r/s以下
  →療養泉としての成分が含まれている→二酸化炭素泉 含鉄泉 含アルミニウム泉 含銅ー鉄泉
                          硫黄泉 酸性泉 放射能泉

  →療養泉としての成分が含まれていない・泉温25℃以上→単純温泉

陽イオン 陰イオン
成分(温泉法上の量( )内の数値は療養泉です) r ミリバル ミリバルl 成分(温泉法上の量 ( ) 内の数値は療養泉です   r ミリバル ミリバルl
水素イオン 1r(1rで酸性泉)  0.65 0.64 6.36 フッ素イオン 2r F- 1.7 0.09 0.89
リチウムイオン 1r Li
+



ヨウ素イオン 1r T


ストロンチウムイオン 10r


臭素イオン 5r Br-


ナトリウムイオン Na+ 31.6 1.37 13.61 塩素イオン Cl- 65.4 1.84 18.54
カリウムイオン K+ 5.51 0.14 1.4 硫化水素イオン HS-


マグネシウムイオンMg2+ 19 1.57 15.54 チオ硫酸イオンS2O32


カルシウムイオン Ca2+ 110 5.49 54.5 硫酸イオン  SO4 2- 38.1 7.93 79.71
マンガン(U)イオン 10r
Mn2+
0.91 0.03 0.39 硫酸水素イオン  HSO4 -
(ヒドロ硫酸イオンと表示)
8.3 0.09 0.86
鉄(U)イオン U+Vで10r(30rで鉄泉) Fe2+ 0.93 0.03 0.33 炭酸水素イオン 重炭酸ソーダ340r以上 HCO3-


鉄(V)イオン Fe3+


炭酸イオン CO32-


銅(U)イオン (1r)で銅泉


硝酸イオン NO3-


アルミニウムイオン (100r)
Al3+
7.18 0.8 7.93 ヒドロヒ酸イオン 1.3以上
HAsO42-



バリウムイオン 5r Ba2+


メタケイ酸水素イオン


アンモニウム ン NH4+


メタケイ酸イオン






水酸イオン OH-






リン酸一水素イオン


合計 176 10.1 100 合計 456 9.95 100




非解離成分 遊離成分
 成分 r ミリモル
  成分 r ミリモル
メタケイ酸 50r以上  HSiO3 80 1.02
遊離二酸化炭素 250r(1000r以上)   CO2 -


メタホウ酸 5r以上
HBO2
1.4 0.03
遊離硫化水素  H2S 272 7.97
メタ亜ヒ酸


溶存ガス成分計 272 7.97
非解離成分計 81.4 1.05




 硫黄分(再掲)
  
 硫化水素イオン、チオ硫酸イオン、遊離硫化水素の硫黄に対応する合計で1r以上で温泉法上の温泉です。計2mgで療養泉です。2r/s以上であり「含硫黄」と泉質名の陽イオンの前につけます。硫黄分については最新の公的機関の式も加えました。
 硫黄分 (再掲) r 内S分

硫化水素イオンHS- 0 ×0.97=
32.06×H2S)÷34..0758)
チオ硫酸イオンS2O32- 0 ×0.267=
(32.06×2×S2O32−)÷112.1182
硫化水素  H2S 272 ×0.941=255.95
(32.06×H2S)÷34..0758)
=255.91


合計
255.95
255.91

万座温泉

  じゅらく