溶存物質総量(ガス性のものを除く)   1720r/s 
  温泉の判定  1000r以上で温泉
  療養泉     1000r以上で療養泉  
成分総量                    1740r/s
溶存物質総量1000r/s以上、25℃以上の温泉ですので、赤字のミリバルパーセント20l以上により「泉質名」にこの成分を入れてつけることができます。

硫化水素、チオ硫酸イオン、遊離硫化水素の硫黄に対応する合計
 1r以上で温泉法上の温泉です。 
 2mgで療養泉です。

ミリモルは各成分のミリグラム値をその分子量で除するしたものです。
成分 r ミリモル
遊離二酸化炭素 250r(1000r以上)   CO2 0  
遊離硫化水素  H2S 13.8 0.4
溶存ガス成分計 13.8 0.4
 成分 r ミリモル
メタケイ酸 50r以上  HSiO3 233 2.98
メタホウ酸 5r以上
HBO2
10.9 0.25
硫酸 5.1 .05
非解離成分計 249 3.28
陽イオン 陰イオン
成分(温泉法上の量( )内の数値は療養泉です) r ミリバル ミリバルl 成分(温泉法上の量 ( ) 内の数値は療養泉です   r ミリバル ミリバルl
水素イオン 1r(1rで酸性泉)  10
 
 9.92
37.56
フッ素イオン 2r F- 11.2 0.59 2.27
リチウムイオン 1r Li
+



ヨウ素イオン 1r T


ストロンチウムイオン 10r  


臭素イオン 5r Br-


ナトリウムイオン Na+ 61.4  2.67 10.11 塩素イオン Cl- 380 10.7 41.43
カリウムイオン K+ 27.4

0.70

2.66
硫化水素イオン HS-


カルシウムイオン Ca2+ 73.8 3.68 13.93 硫酸イオン  SO4 2- 600 12.5 48.26
マグネシウムイオンMg2+ 34.4
 
2.83 10.73 硫酸水素イオン  HSO4 -


アルミニウムイオン (100r)
Al3+
53 
5.90
22.32
炭酸水素イオン 重炭酸ソーダ340r以上 HCO3-


鉄(U)イオン U+Vで10r(30rで鉄泉) Fe2+ 18.6 
 
0.66

2.52
炭酸イオン CO32-


鉄(V)イオン Fe3+


硝酸イオン NO3-


銅(U)イオン (1r)で銅泉  
 

ヒドロヒ酸イオン 1.3以上
HAsO42-



バリウムイオン 5r Ba2+  
 

水酸イオン OH-


マンガン(U)イオン 10r
Mn2+

1.24

 0.05

0.17

ヒドロ硫酸イオン
202 2.08 8.04
アンモニウム ン NH4+






合計 280  26.4 100 合計 1193 25.9 100
住所:群馬県吾妻郡草津町草津396
пF0279-88-2311
入湯時間:11:30-16:00
入湯料金:日帰り 1200円
-----------------------
源泉・白旗源泉
泉質:酸性ー含硫黄ーアルミニウムー硫酸塩・塩化物温泉
    硫化水素型
    [酸性 低張性 高温泉
]
pH:2.0 (試験室 2.02)
泉温:53.6℃.
色:透明
ホームページ→こちら
調査浴槽データー:
 pH:2.32  2007.8.10(金) 測定

コメント
 草津の旅館の中でもトップクラスのところです。ちょうど宿泊者が来られる時間帯に帰りは遭遇しましてね。また玄関前もお迎えの方が・・さぞとまるといいんでしょう。

 温泉はちょうど昼間であり人も二人ぐらいです。浴槽もいくつかありまして、やわらかい温泉が気持ちをリラックス・・
 ついでに塩素消毒もしらべると・・もちろんはいってませんよ。三番目の写真です。容器に入れた温泉水に試薬を入れると・・色は変わらず
 さすが源泉です。
 

アクセス
 湯畑からは分ぐらいです。
 内湯と露天でです

 脱衣場です。



 残流塩素調べる試薬は右です。

もちろん、透明ですので源泉です


戻る

2007.9.9-2007.11.20更新

奈良屋

草津温泉

温泉成分

不十分ですからお待ちください