住所:愛媛県松山市星岡1-2-16
пF089-958-6700
入湯時間:7-25:00
入湯料金:750円
-----------------------
源泉名:星乃岡温泉第3源泉
泉質名:アルカリ性単純温泉
     [低張性アルカリ性温泉]

pH:8.9
泉温:39.8℃  使用位置43℃
    源泉風呂はそのまま
色:無色
効能:神経痛 疲労回復
禁忌:急性疾患 妊娠中 悪性腫瘍
飲用:不可

分析:平成2年10月11日
公式サイト→こちらです
調査浴槽データー:2008.3.29(土)
  源泉風呂     奥 (源泉かけ流し)   pH:8.9.  現地での測定
  源泉風呂     しがらき風呂 (源泉かけ流し)     現地での測定   pH:8.8
  露天歩行浴風呂  (加温 循環 塩素消毒)      現地での測定 pH:8.7
コメント
 松山の中で加温せず、加温せず、ろ過循環せず、塩素消毒なしの源泉かけ流しがあるという温泉があるということで訪問しました。
 こちらは地下1000mmから掘削しています。スパ星乃岡(家族風呂17施設1時間2100円から) 星乃岡温泉大浴場(500円) 千湯館(750円) という目的に応じた施設があります。星乃岡温泉大浴場で「源泉の・・」なんておききしますと「千湯館」をおすすめされますね。
 千湯館にある源泉風呂2箇所は加温 加水 循環 消毒なし・・と掲示しています。内湯の大浴場 うずまき風呂 ジェット風呂 歩行浴は加水なし 加温・循環・消毒ありと掲示しています。
 
 脱衣場は広々していますし、イスなども多くゆったりしたイメージです。浴場は内湯にジェットバス、サウナ 露天では歩行浴用のプール風呂 岩風呂 源泉かけ流し風呂2か所と・・たまたま人がすくないのか
ゆっくりできました。
 特に松山は歩行浴や貸切風呂がめだちますね。また温泉分析表の表示についてはミリバルやrlは掲載されてませんね。

 とくに源泉風呂はほんとに和歌山の椿温泉に似てると・・それというのもメタケイ酸水素イオン メタホウ酸イオンがめだちましたのでね。特にメタケイ酸水素イオンは和歌山県に多くて・・こちらもアルカリ性なら含まれるかもしれないと思いましたら、温泉成分表にきちんとありましてね。
 そして源泉風呂にはいるとあの「椿温泉」をおもいだせるんです。成分量を比較すると1/10ぐらいですが・・ご覧ください。そのほか、松山の道後温泉も同じですが、フッ素イオン、ラドンもこの地域にふくまれますね。源泉風呂には湯の花も白っぽくて少しめだちますね。すごくヌルヌルではありませんがじっくりつかるにはいいですね。
 施設には食堂やお野菜などの食材も販売されてます。


 源泉かけ流し風呂   pH 8.8 あとで再測定で8.9です


 岩風呂
 プール風呂・・歩行浴です

 脱衣場  プール風呂で測定
 千湯館
 大浴場
 スパ星乃岡  福温寺駅
アクセス
 松山道後温泉から伊予鉄道横河原線で「福温寺駅」下車して徒歩10分です。
市電150円です。駅でおりて、国道にでます。信号を渡り、バイク屋さんの横の道路をすうsムトすすむと5分ぐらいでまず大浴場の駐車車に・・その後角を曲がると千湯館です。

本館2階からながめました。 市電で道後温泉に

戻る

2008.3.30-2008.4.3更新

千湯館

 温泉分析書より
   温泉名   星乃岡温泉第3源泉
   泉質名   アルカリ性温泉
   pH      8.9
      泉温     39.8℃
   ラドン    6.2×10-10 Ci  (1.71ME)
   効能 
溶存物質総量(ガス性のものを除く)    516r/s
  温泉の判定  1000r以上で温泉
  療養泉     1000r以上で療養泉  
成分総量                    516.3r/s

泉質名のつけ方
 @溶存物質総量1000r以上→塩類泉として赤字のミリバルパーセント20l以上の成分を「泉質名」に入れてつけることができます。
陽イオンの20ミリバルl成分名、次に陰イオン名の20ミリバルlそれぞれ多い順につけます。
 →炭酸水素塩泉 塩化物泉 硫酸塩泉

 →療養泉としての成分が含まれている場合はその[成分名」を前につけます。酸性 含硫黄 含鉄 含アルミニウムとなります。

 A溶存物質総量1000r/s以下
  →療養泉としての成分が含まれている→二酸化炭素泉 含鉄泉 含アルミニウム泉 含銅ー鉄泉
                          硫黄泉 酸性泉 放射能泉

  →療養泉としての成分が含まれていない・泉温25℃以上→単純温泉

陽イオン 陰イオン
成分(温泉法上の量( )内の数値は療養泉です) r ミリバル ミリバルl 成分(温泉法上の量 ( ) 内の数値は療養泉です   r ミリバル ミリバルl
水素イオン 1r(1rで酸性泉) 
 
 

フッ素イオン 2r F- 11.5

リチウムイオン 1r Li
+
0.6

ヨウ素イオン 1r T <0.1未満

ストロンチウムイオン 10r 0.2

臭素イオン 5r Br- 0.2

ナトリウムイオン Na+ 157.4

塩素イオン Cl- 116.9

カリウムイオン K+ 0.9

硫化水素イオン HS-


マグネシウムイオンMg2+ 0.6

チオ硫酸イオンS2O32 <0.1未満

カルシウムイオン Ca2+ 1.4

硫酸イオン  SO4 2- 1.5

マンガン(U)イオン 10r
Mn2+



硫酸水素イオン  HSO4 -


鉄(U)イオン U+Vで10r(30rで鉄泉) Fe2+ <0.05未満

炭酸水素イオン 重炭酸ソーダ340r以上 HCO3- 166.7

鉄(V)イオン Fe3+


炭酸イオン CO32- 11.0

銅(U)イオン (1r)で銅泉


硝酸イオン NO3-


アルミニウムイオン (100r)
Al3+
0.1

ヒドロヒ酸イオン 1.3以上
HAsO42-



バリウムイオン 5r Ba2+ 0.1

メタケイ酸水素イオン 4.9

アンモニウム ン NH4+ 0.2

メタケイ酸イオン






水酸イオン OH- 0.2





メタホウ酸イオン 4.4

合計 161.5

合計 317.3





非解離成分 遊離成分
 成分 r ミリモル
  成分 r ミリモル
メタケイ酸 50r以上  HSiO3
28.7



遊離二酸化炭素 250r(1000r以上)   CO2



メタホウ酸 5r以上
HBO2

8.5



遊離硫化水素  H2S



メタ亜ヒ酸


溶存ガス成分計



非解離成分計
37.2






 硫黄分(再掲)
  
硫化水素、チオ硫酸イオン、遊離硫化水素の硫黄に対応する合計で1r以上で温泉法上の温泉です。  計2mgで療養泉です。r/sであり「含硫黄」と泉質名の陽イオンの前につけます。
 硫黄分 (再掲) r 内S分







硫化水素イオンHS-

×0.97=
チオ硫酸イオンS2O32-
×0.267=
硫化水素  H2S
×0.941=
合計

せんとうかん

星乃岡温泉