a+b+c  計1mgで温泉  計2mgで療養泉

r ミリモル 温泉以上の温泉 療養泉の規定
遊離二酸化炭素 39    250r以上 1000r以上で二酸化炭素泉
遊離硫化水素    
 
溶存ガス成分計        

(4)溶存ガス成分

(3)遊離成分
   ミリモルは各成分のミリグラム値をその分子量で除したもの

溶存物質総量(ガス性のものを除く)
  温泉の判定  1000r以上で温泉
  療養泉     1000r以上で療養泉

成分 r ミリバル ミリバル% 温泉法上の温泉 療養泉の規定
フッ素イオン       2mg以上  
ヨウ素イオン       1mg以上  
臭素イオン       5r以上  
塩素イオン 1721.3   86    
硫化水素イオン        
チオ硫酸イオン        
硫酸イオン 246.3   12.88    
炭酸水素イオン       重炭酸ソーダ340mg以上  
炭酸イオン          
硝酸イオン          
ヒドロヒ酸イオン       1.3r以上  
水酸イオン          
合計 2079   100    

(2)陰イオン
  ミリバルはミリバル当量の事で、各成分のr値をそのまま当量で除したもの

成分 r ミリバル ミリバル% 温泉法上の温泉 療養泉の規定
水素イオン  
   
1r以上 1mg以上で酸性泉
リチウムイオン
 
1r以上  
ストロンチウムイオン  
   
10r以上  
ナトリウムイオン 1135
89.31    
カリウムイオン 163

   
カルシウムイオン 28.8

   
マグネシウムイオン
 
     
アルミニウムイオン
 
    100r以上でアルミニウム泉
鉄(U)イオン  
    UとVで10r以上 UとVで30r以上で鉄泉
鉄(V)イオン
     
銅(U)イオン         1mg以上で銅泉
バリウムイオン       5r以上  
マンガン(U)イオン
 
  10r以上  
合計 1331
100    

ミリバル%は各成分のミリバル値の比率を%であらわしたもので、最も多い成分が主成分、
20%以上のものが副成分です。

成分の組成          

  r ミリモル 温泉法上の温泉 療養泉の規定
メタケイ酸  193   50r以上  
メタホウ酸  74.5   5r以上  
メタ亜ヒ酸     1mg以上  
非解離成分計        
 赤字は温泉法上の温泉に該当する項目です。
※ 泉質名は療養泉の規定である泉温25℃以上で「泉質名」がつけることができます。
 緑字は泉質名をつけることのできる項目です

           成分合計量  3679r
(1)陽イオン
住所:大分県別府市鉄輪風呂本1組
пF0977-66-1767
入湯時間:10-15時
入湯料金:500円
-----------------------

温泉:
泉質:ナトリウムー塩化物・硫酸塩泉
    [低張性 弱酸性 高温泉]
  源泉率55lです。成分総量1641rです。
pH:源泉は4.4 浴槽は7.0
泉温:96.2℃
色:無色・
ラドン:なし

効能:神経痛


加水あり
調査浴槽データー:2005.12.31(土)測定
    pH:7.1 露天風呂に流れ出る温泉
  
         鉱泉分析法指針 弱酸性はpH:3以上6未満です
                   中性はpH:6以上7.5未満です
コメント
 温泉カルテを掲示してました。温泉には相田みつおさんのもの、が多くしゃれてます。ただお泊りのかたが到着時間はさけたほうがいいですね。
お風呂は貸切です。露天より、内湯が暖まります。
 
源泉の半分になると泉質もかなりかわりますね。弱酸性で肌への吸収がいいですが、あまりかわるとね。
それでもキチンと表示してるし、成分総量100r以下でも温度が25℃以上なら温泉
 といえるときに成分800rぐらいで、きちんと表示されてるのでいいかと思います。できれば、源泉風呂が小さくてもほしいですね。
アクセス
 鉄輪バス停を大きな道路に出るまでに八百屋を左折です。
   廊下には・・

湯元旅館かなわ荘

内湯です

温泉カルテです